リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
12月6日(日)に開催された、
「暮らし方見学会 in 横浜」に行ってきました

「暮らし方見学会」とは、
フローレンスガーデンでお家を建てられた施主様のお住まいにお邪魔して、
お宅を拝見しながらお話を伺うという、
毎回大好評のイベントです

今回は14組、34名の方にご参加いただきました 。
青葉区にある工藤建設本社からマイクロバスに乗り、
青葉区美しが丘西に建つお住まいへ出発

20151206kengakukai-gaikan40

こちらが今回拝見させていただいたO様邸。
真っ白い外壁とレンガタイルがぱっと目を引くお住まいに
思わずうっとり

O様ご一家は、中学生、小学生、幼稚園、
3人のお子さんがいらっしゃる5人家族
今回お話しを伺った奥様は明るくてお話し上手!
笑顔が素敵なママでした

地下にある玄関からお邪魔し、まずは2階のリビングダイニングへ・・・

20151206kengakukai7

こちらで工藤建設とO様から敷地や居住スペースの広さ、
2×6工法による高い断熱・気密性などのお話しを聞き、
その後はそれぞれ自由に見学です。

滞在時間は20分!
気になるポイントをチェックしようと、
お客様からワクワク感が伝わってきました。


20151206kengakukai-living36

こちらは2階にあるリビングダイニング。
広さは15.72畳。

窓の外には12.5坪のルーフバルコニーが広がります。
お友だちを招いて、青空のもと、バーベキューをすることもあるそうです

置いてある家具やテーブルセットは奥様が選んだもの。
センスの良さがうかがえます。

ソファの前に座り、
「ホントに素敵なお住まいね~、うらやましいわ」と
ご夫婦でくつろぐ参加者の姿も・・・


1階に下りると…

20151206kengakukai-kidsroom17

3人それぞれの子ども部屋や


20151206kengakukai-sentaku19

お風呂や洗面、洗濯スペースがあります。

洗濯機置き場の奥には、
洗濯物を干すのに便利なスペースが設けられています


地下フロアに下りると…

20151206kengakukai-chika16

グランドピアノと電子ピアノが置かれた部屋、主寝室、玄関があります。

地下フロアとは思えない明るい空間に驚く参加者の声も…。

フローレンスガーデンの地下室は半地下なので、
採光や通風に必要な窓をつけることができるんです


こちらの地下室に置いてある電子ピアノを使って
音漏れ具合のチェックをしました!

大音量の音楽を流していだきき、
お家の外に出てみると…。

音漏れを殆ど感じないことにビックリ

参加者の皆さんも
「この防音性ならご近所に迷惑はかからないわね
「大音量で映画を楽しむシアタールームとしても使えるなあ~
と、驚かれていました。


20151206kengakukaii-chika2

最後に、東京ガスの営業マンから
太陽光とエネファームのダブル発電のお話や
ガスファンヒーターの魅力についてのお話しがありました。

フローレンスガーデンの住まいは気密性が高いため、
冬場は地下にあるガスファンヒータを動かすだけで、
お家全体が暖まるとか。

「どの部屋も同じ温度が保たれるので、とっても快適です。
子供たちは冬でもTシャツで過ごしています」と奥様。


防音性も気密性もバッチリ!!

2×6工法による地下のあるフローレンスガーデン、
さすがですねっ


20151206kengakukai-bus9

20分という見学時間はあっという間に終わりました。
「地下室のイメージが変わりました」
「地下室付きの住宅にますます興味が沸きました」
と参加された皆様も大変満足なご様子でした


「暮らし方見学会」はこれからも随時開催する予定です。
ご興味を持たれた方はぜひ一度足を運んで
フローレンスガーデンのお家を実感してみてくださいね


           



地下室付き注文住宅フローレンスガーデン


           


  
工藤建設フローレンスガーデンの
実際に完成した住まいや
構造現場などを実際に見ることができる、
「暮らし方」&「現場」見学会

8月は2日(日)に開催予定です

バス見学会


「暮らし方」&「現場」見学会とは・・・

実際に完成した住まいや構造現場など、
フローレンスガーデンのの住まいを
隅々まで実際に見ることができる、
バス見学会です

当日の実際の流れをご紹介すると・・・

ツアー当日は、フローレンスガーデン本社に集合し、
マイクロバスに乗り込み見学会がスタート
     
移動中は、工藤建設のスタッフが、地下室付き住宅「GROUND ROOM」、
「2×6(ツーバイシックス)工法」などのサービスについて説明します。
聞き入るお客様も興味深い様子です。
     
最初の訪問先、建築中の施工現場に到着
フローレンスガーデンが提供するサービスや現場管理、
近隣対応について、実際の現場を見ながら
具体的な説明を聞くことができます。
自由見学の時間はスタッフが周囲に待機していますので、
すぐに質問ができますよ
     
続いて、フローレンスガーデンで住宅を建築された
方ののお宅へ。実際の住み心地を直接聞くことができます。
各室を見学したあとは質疑応答。
「水道光熱費はいくらくらい?」など、
モデルハウスでは聞くことができない
暮らしに直結したリアルな質問もできます。
     
フローレンスガーデン本社に戻ったあとは、
「失敗しない家づくりのためのポイント」をテーマに、
セミナーを開催。
資産価値を高めるデザインや素材選び、
2020年に義務化される新エネルギー基準について、
予想される消費税増税に向けての対策などなど、
興味深い内容を聞くことができます。

フローレンスガーデンホームページでは
見学会の様子を動画でもご紹介しています
そちらも是非ご覧ください

小さいお子様の託児サービスもありますので、
安心してお申し込みくださいね

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 




  
こんにちは!キューです
GWもあっという間に終わっちゃいましたね。。
みなさん、どんな風にお過ごしでしたか?
私がGW前に強力にプッシュした(笑)、
フローレンスガーデンのGWフェアには行かれましたか~?
予定が合わず行けなかった…、という方のために、
今回は実例宅バス見学会の様子をお伝えします

実例宅バス見学会とは、
フローレンスガーデンでお家を建てられた施主様のもとにおじゃまして、
お住まいを拝見しながらお話を伺えるというもの。毎回大好評のイベントなのです


当日の5月7日(土)はあいにくの雨模様でしたが、37名の方にご参加いただきました
今回は雰囲気の異なる2邸を見学です


20110507kudo7.JPG

工藤建設本社からみんなでバスに乗り、いざ出発!
フローレンスガーデンの担当者からこれから伺うお宅の説明などを聞きながらも、
気分はちょっとしたバス旅行状態 気を抜くとついつい鼻歌が…


そうこうしているうちに、最初に拝見するM様邸に到着です。
真っ白い外壁がとても印象的なかわいらしいお宅
玄関先に植えられた季節の草花が彩りを添えます。

20110329kudo1

この日は雨だったので、以前撮影した青空に映える一枚で
その雰囲気を感じとってみてください。


20110507kudo2.JPG

中に入ってみると、とってもかわいいインテリア!
フレンチカジュアルを意識したキッチンは細部に至るまでオシャレ~
なんとキッチンやリビングの造作家具は奥様のお父様の手作りだそう!
ステキですねぇ


20110507kudo3.JPG

リビングダイニングは約30畳。地下部分に収納や浴室を設けて広さを確保しました。
そう、フローレンスガーデンの地下室は半地下
なので、採光や通風に必要な窓をつけることができます
居住性をバッチリ確保しているので地下室にお風呂を置くこともできちゃうんです
参加者のみなさんも、従来のイメージを覆すフローレンスガーデンの地下室に
興味津々なご様子でした


フローレンスガーデンの地下室付き住宅、詳しくはこちらをクリック


        

さてさて、続いて2邸目のY様邸へ!再びバスで移動です。

20110507kudo4.JPG

本物のレンガが醸し出す重厚感に、思わずうっとりのキュー


20110507kudo5.JPG

当然インテリアもため息モノ
上質の輸入家具を配した広いリビングダイニングや、2台のグランドピアノが並ぶ地下室など、
海外生活のご経験のあるご主人と奥様ならではの洗練された空間が広がっています

20110507kudo6.JPG


アメリカで生活されたお二人ですので、空調もセントラルエアコンを選択。
「どの部屋も同じ温度が保たれるので、とっても快適です」と奥様。

これもフローレンスガーデンの2×6工法による
高気密・高断熱
がなせるワザといえるでしょう!

フローレンスガーデンの高気密・高断熱の家づくり、詳しくはこちら!


        


実例宅見学会はこれからも随時開催する予定です。
ぜひ一度、足を運んでフローレンスガーデンの家を実感してみてくださいね



           

フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)



           
地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★


  

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

こんにちは!キューです

3月19日(土)、フローレンスガーデンの実例宅見学会に行ってきました!
実例宅見学会とは、
フローレンスガーデンでご自宅を建てられた方のお住まいを拝見しながら、
直接お話を伺うことができるイベント。
家づくりに関する疑問や実際の住み心地など、
いろいろと貴重なお話が伺えるとあって毎回大好評なのです
フローレンスガーデンのスタッフも多数同行しますので、家づくりの相談にものってもらえます。

当日は見事な快晴で、絶好のお宅拝見日和
見学会は午前と午後のそれぞれ2回ずつ行われ、合わせて46名の方が参加しました。

DSCN1082小

今回おじゃましたM様邸は、青空に映える白壁がとてもステキ
瀟洒な雰囲気漂うかわいらしいお宅です。
3層建てで、地下にあたる部分を玄関にしているそう。

…えっ!地下?!
そうなんです、下の画像をご覧ください。

20110329kudo7

隣の空き地と比べるとお分かりかと思いますが、玄関のある層は、実は地下にあたるんです。
地下層には玄関のほかに、浴室と洗面室と、
現在は収納として使用されている部屋があります。

地下に浴室って、湿気は大丈夫?と思い、奥様にお話を伺ってみると、
があるし、湿気を自動感知して乾燥してくれるルームドライヤーがついているので、
快適に過ごせてますよ」とのこと。

DSCN1109小

上の画像は収納として使っている部屋。確かに湿気はほとんど感じません。
窓もあって、ホントに地下とは思えないですね~。
フローレンスガーデンの地下室は半地下なので、
大きな窓をつけたり換気もでき、居住性も確保できるのです。



20110329kudo5

20110329kudo6

白を基調にしたリビングダイニングは合わせて30畳。
地下にお風呂や収納を置いたので、その分1階を広く使えたそう。

日当たりのいいウッドデッキもあります。
20110329kudo3



奥様お気に入りの清潔感あふれるキッチン。
フレンチカジュアルをイメージした空間になっていて、本当にオシャレ
奥様は学生時代にスペースデザインを学んでいたそうで、
タイルやカラーステンレスのシンクなど、随所にこだわりが感じられます。

20110329kudo2

参加者のみなさん、口々に「ステキね」とおっしゃっていましたが、
部屋の家具やレイアウト、飾ってある小物などが本当にかわいらしいっ
私も不覚にも、“女の子返り”をしてしまい、仕事を忘れて「きゃわい~」と叫んでいる始末
お見苦しいところをお見せしてしまいました。。


もちろんフローレンスガーデンの住まいですから、かわいらしい見た目でも、
造りはしっかり堅牢な

2×6工法を採用しています。

従来の2×4に比べて、より高性能で耐震性も向上した工法なので、
地震にも強いといわれているのです。

0406-1

フローレンスガーデンが、地震に強い秘密はコチラ!


見どころいっぱいの実例宅見学会は今後も行われる予定。
実際に住んでいる方への質問は、これから家づくりを考える上でとても参考になります。
興味のある方にはおすすめですよ。
こちらのブログでもイベント情報としてご案内していきますので、チェックしてみてくださいね


           


フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)



           
地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★

  

テーマ : 家を建てる - ジャンル : ライフ

9月18日(土)、フローレンスガーデン バス見学会に参加しました。
この日は朝から快晴
立派なバスでの見学会は、ちょっとした遠足気分でした。

0924-10.jpg

フローレンスガーデンでは、コストアップにつながる住宅展示場への出展は行わず、
オーナーさんのご協力のもと、
実際の住まいを見学できるバスツアーを年に2回開催しています。
上棟現場と完成現場とを見ることができる見学会は、
モデルハウスとは違い、大きさや仕様が現実的なので、
住まいを考える上でとても参考になると、大好評なんですって。
毎回キャンセル待ちがでるほど人気の見学会。
この日は、午前・午後と合わせて21組、約40名の方が参加しました。

0924-9.jpg

バスの中では、入社8年目のイケメン営業の竹川さんから、
フローレンスガーデンの特長である

・地下室付き住宅について
・高気密・高断熱住宅について
・2×6工法について

などの説明がありました。


また、フローレンスガーデンでは、
自社でしっかりと管理できるよう施工エリアを限定しているのだとか。
見学現場へ向かう途中、フローレンスガーデンのお家を通りかかると、
バスに同乗していた3人の営業さんたちから
「施主様の~なご希望で、~を作りました」とか
「ご家族は~な方々でしたので、~の工夫をしました」など
たくさんのエピソードが飛び出しました。
家を建てるって、一生に一度のことかもしれないとても大きな買い物。
「こんな家を作りたい」「こんな暮らしがしたい」
という希望や思いがたくさんありますよね。
そんな希望をかなえるため、打ち合わせを重ねさまざまな提案をし、
お客様とともに理想の住まいを作り上げてきた営業さんたちにとっても、
1軒1軒が思い入れのある大切な現場なんですね。

お住まい拝見 上棟現場 H様邸

まず見学させていただいたのは、
屋根の一番上の部材である棟木をとりつける作業(上棟)を終えたH様邸。
まだ内装の工事を行う前の状態なので、
2×6材を使った頑丈な骨組みや、
ぎっしりと断熱材が詰まった壁や天井の様子などを見ることができました。

0924-8.jpg

H様邸では、グラスウールという断熱材を使用しています。
グラスウールとはガラスを細かい繊維にして綿状加工したもの。
密度が高くなるほど断熱性能に優れ、耐久性にも非常に優れているそうです。
フローレンスガーデンでは、このグラスウールをチップ状にしたものを、
ブローイング(吹き込み)して使用しているので、
隙間なく隅々まで断熱材を入れることができます。
施工後の沈下がほとんどないため、性能低下の心配がないそうです。

0924-7.jpg構造材と構造材との小さな隙間にも、
ぎっしり断熱材が入っています。


フローレンスガーデン 高気密・高断熱住宅
詳細はコチラ

また、フローレンスガーデンではフィートインチモジュールを採用しています。

0924-6従来の2×4工法では
壁パネルの強度を保つための柱(スタッド)の幅が
455ミリなのに対して、
フローレンスガーデンの2×6工法では、
このスタッドの幅が406ミリとなります。
フィートインチモジュールを採用することで、
スタッドの幅が狭くなり強度がアップするそうです。



H様邸は、2階がリビングになっており、
勾配天井が空間に広がりを見せています。
屋根裏にはロフトが作られ、ちょっとした収納スペースとなっていました。

完成したらどんなお家になるのかな~、
とワクワクしてしまいました
参加者の中には、すでにフローレンスガーデンで建てることを決め、
打ち合わせを始めているという方もいらして、
大工さんに直接お話を聞くなどして、熱心に見学されていました。

お住まい拝見 完成現場 T様邸

0924-5.jpg

次に見学させていただいたのは、すでに内装も完成したT様邸。
外壁にオーストラリアから輸入した本物のレンガを使用したというお宅は、
とっても重厚感があり、素敵なお住まいです


ご主人様が長身でがっちりした方だったので、
通常より20センチ天井高を高くするハイスタッドを採用し、
リビングを広々と感じる工夫をしたそうです。

0924-4.jpg
腰高窓を見ると、奥行きがあり、
ちょっとした飾り棚のよう。
これは、外周壁の厚みがあることを
表しています。


0406-1

フローレンスガーデンの2×6工法は、
2×4工法で使用する構造材のうち外周の壁をインチアップしたもの。
2×4材の厚みが89ミリなのに対し、
2×6材は厚みが140ミリあるため、
外周壁の厚さが1.5倍となり、耐久性がアップするそうです。
先ほどの上棟現場で見たように、
この厚い壁の中に、断熱材がぎっしりと詰まっているんですね。


フローレンスガーデン 2×6工法住宅
詳細はコチラ


T様邸には地下室があり、
バレエを習っているお嬢さんのために鏡張りとなるバレエルームや、
ご主人さまの書斎、ご家族で楽しむホームシアターが作られていました。

0924-2

フローレンスガーデンに興味を持ったきっかけは、
地下室付き住宅に惹かれてという方も多いのでは?
地下室があったら、「もっと間取りに余裕が出るかな」とか、
「趣味の部屋が持てる」などの魅力を感じる半面、
「地下室って、やっぱり薄暗くてじめじめしているの?」
という不安を持つ方もいらっしゃるかと思います。
でも、T様宅を実際に拝見させていただくと、
窓から自然光が差し込む明るい空間でした。
フローレンスガーデンの地下室は半地下になっているので、
大きな窓を作ることが可能。
換気もでき、自然光を取り入れることができます。
また、内・外両断熱によって従来の地下室より結露しにくいのも特長だそうです。

フローレンスガーデン 地下室付き住宅
グランドルーム

詳細はコチラ


        

0924-1

2軒の見学を終え、工藤建設本社に戻ると、
東京ガスの調理デモンストレーションが行われていました。
ガスコンロを使って調理されたお料理を試食しながら、
ガスコンロの特徴を活かした調理法などの説明を受けることができました。
このキッチンスペースでは、ガスコンロやIHの調理体験や、
クッキングスタジオとしてお料理教室が開催されることもあります。
詳しい日程は、工藤建設にお問い合わせくださいね。


フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★


        

普段なかなか目にすることのない上棟現場や、
完成したばかりのピカピカの新築現場を見学することができ、
貴重なバス見学会となりました。
話を聞くだけでは理解が難しい住宅の構造を知ることができ、
実際のお住まいを拝見させていただくことは、
どんな家を建てたいか、ということを具体的に想像できる良い機会となると思います。
ご興味のある方は、ぜひ参加されてみてください。
また、工藤建設では土地探しからお手伝いしてくださるそうなので、
そちらもご相談されてみるのもいいですね。


  

| ホーム |


 ホーム  »次のページ