リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR

今日は、フローレンスガーデン営業課の杉島有紀さんに
お客様との打ち合わせで心がけていることなどについて
話していただきました。

杉島様8335

【お話を伺った方】
フローレンスガーデン事業部営業課
杉島 有紀さん

お客様の家づくりに対する“こだわり”に
とことんお付き合いします。


************************

小学から大学までの15年間
「青春をすべてサッカーに費やした」と笑う杉島さん。
日本の気候と厳しい建築規制の中で、
地下室付き住宅1000棟以上の施工実績がある

フローレンスガーデンに驚きと感動を覚えて入社しました。
仕事で帰宅が遅くなることも多く、
その時間からつい食べ過ぎてしまうのが最近の悩みの種。
休日は銭湯で1週間の疲れをとり、リフレッシュしているそうです

杉島さんは営業を担当して現在2年目。
お客様との打ち合わせを楽しくハッピーにするため、
「お客様が望まれることを先に提案する」
「ご期待以上のものを準備する」などを心がけています。

実は、杉島さんの趣味は
所有する大型バイクを自分好みにカスタムする「バイクいじり」
家づくりもそこに住む人の好みや生活スタイルに合わせて
カスタムするという意味で共通する部分がたくさん
そのため「お客様の“こだわり”には
とことんお付き合いできる自信があります
と胸を張ります。

フローレンスガーデンでは、
お客様とのつながりをとても大切にしており、
お引渡し後の定期点検やアフターサービスのほかに、
毎年秋に開催している「オーナー様感謝祭」などを通して、
お客様との“一生のお付き合い”をお約束しています。
昨年の「オーナー様感謝祭」には
800名以上のお客様に遊びに来ていただきました。

そこで、職場の先輩が久しぶりにお会いしたお客様ご家族と喜び合う姿を見た杉島さんは、
うらやましく思うと同時に、改めて
「お客様の笑顔のために自分もがんばりたい」
と心から思えたそうです。
「これからも一つ一つの出会いを大切にし、
お客様がこだわる理想の家づくり
とことんサポートしていきたいです」

目を輝かせながら話してくれました

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 

  




今日は、フローレンスガーデン工事課の畑秀平さんに
現場監督の仕事について話していただきました。

reDSC_0163_20160116062906755.jpg


【お話を伺った方】
フローレンスガーデン事業部工事課
畑 秀平さん

建築中の現場の美しさと、
職人さんや業者さんたちのマナーの良さが
「フローレンスガーデン」の誇りです。


************************

テレビの住宅建築番組で才能を発揮する“匠”に憧れ、
大学で建築学科へ進学。
生まれ育った東京・蒲田エリアではあまり見かけない(笑)、
瀟洒なヨーロピアン風邸宅や地下室付き注文住宅を手がける
フローレンスガーデンに惹かれて入社し、現在2年目。
休日は草野球チームの試合やバッティングセンターで汗を流す
野球大好き青年です

そんな畑さんの主な仕事は、
現場監督として建築中の現場に頻繁に足を運ぶこと
作業されている職人さんや業者さんとコミュニケーションを深め、
工事を安全かつ効率よく進めるよう努めています。
ラーメン好きなので、
担当する建築現場近くにラーメン屋さんを見つけると、
職人さんたちと一緒に食べに行くそうです。

加えて現場監督は、お施主様に対して
工事の進捗状況を電話やメールで定期的にご報告し、
建築現場にもご案内します

その際、畑さんたちが常に心がけているのは、
「建築途中もお住まいになられた後も
お施主様にとって気持ちの良い環境であること」

職人さんたちのマナーの良さに感動されるお施主様も
少なくないそうです。
実はフローレンスガーデンでは、
一緒に住まいづくりをしていただいている職人さんや業者さんを招き、
お施主様をいかに現場で感動させられるかを考える勉強会「感動塾」
月に1回開催しています。
工事現場は「きれいで当たり前」
現場が整理整頓されていれば安全で作業効率も上がり、
かつお施主様に喜んでいただける
のですから、
一石三鳥以上です
以前はお施主様や業者さんからの質問に即答できず
落ち込むことも多かった畑さんですが、
少しずつ知識と経験を積むことで、
「一日でも早くお施主様、職人さん両方から
『畑に任せて良かった』と思ってもらえる現場監督になりたい」
と、
気合い十分です

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 




  
今日は、フローレンスガーデンの難波拓磨さんに
フローレンスガーデンの魅力を語っていただきました。

re_fg_nanbasama.jpg

【お話を伺った方】
フローレンスガーデン事業部
難波 拓磨さん

スポーツマンらしいさわやかな笑顔で、
「『家のことなら難波に聞け』と言われるような
心強い存在になりたい」と日々努力しています。


****************************************

今年4月に入社したばかりのフレッシュマン
実家は横浜市緑区で、野山を駆け回るような
元気いっぱいの子供時代を送った難波さんは、
小学4年生で始めたアイスホッケーを今でも続けているそうです。

就職活動中に、“お客様の感動を創造する企業を目指す”工藤建設と出会い、
“家を売るのではなく、住みがいを売る”という考え方に感銘を受けて入社しました。
長年プレイしてきたアイスホッケーでは、
チーム全体の良いプレイにつながるように、
チームメイトと積極的にコミュニケーションをはかってきた難波さん。
その経験を活かして、現在は営業として
「お客様と密なコミュニケーションを取り、心を通じ合わせることで、
心から満足していただける理想の家を建てていきたい」

やる気満々です。

そんな難波さんが担当されるフローレンスガーデンwithビタミンママ主催の
カルチャースクール「ほぼ1000円カルチャー」
についても伺いました。

「ほぼ1000円カルチャー」とは?

フローレンスガーデンでは、
地域の皆様に「フローレンスガーデンのことを
身近に感じていただきたい」という願いから、
工藤建設本社内のキッチンスタジオや
モデルハウス「はないえ」を会場に、
リーズナブルでハイクオリティーな
カルチャースクールを開講しています。
その名も、「ほぼ1000円カルチャー」

お料理やプリザーブドフラワーなど、
材料費と受講料で通常5000円の講座を、
フローレンスガーデンとビタミンママのモニター会員に
ご登録いただいた方は参加費が“ほぼ1000円”で
受講いただけるというものです。

詳しくはこちら→ビタミンママほぼ1000円カルチャー

講師陣は横浜市青葉区周辺でお店や教室を開かれている
その道のプロフェッショナルばかり

地域の方はもちろん、フローレンスガーデンで家を建てられた方(オーナー様)や
ビタミンママのモニター会員の方にもたくさん参加していただき、
毎回ご好評をいただいています。

「ほぼ1000円カルチャー」に携わるようになって…

6月より、フローレンスガーデンの営業担当として
この「ほぼ1000円カルチャー」に携わることになりました。
まずは先輩に教わりながら、講座後の試食会やお茶会時に、
参加者の皆様にフローレンスガーデンの特徴などを
お話しさせていただいております。

reIMG_7072.jpg

そして7月からは早くも独り立ち。
皆様に楽しく話を聞いてもらえるよう、
賞品付きのクイズを企画するなど、自分なりに工夫
して、
盛り上がっていただけたときはとてもうれしいです

最近は、さらに皆様との距離を縮められるように、
可能であれば講座に私も参加して一緒に調理したり、
作品を手作りしたりできないかなぁ、などといろいろ模索しています。

reIMG_7110.jpg

“営業らしくない営業”がモットー
友達に話しかけるような気軽さで
いつでも家のことを相談していただける頼れる存在になるため、
まずは自分自身の知識を蓄えようと、
宅建(宅地建物取引士)やファイナンシャルプランナーの
資格取得に必要な勉強も頑張っています

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 
  
今日は、フローレンスガーデンの鈴木寿徳さんにお話を伺いました。

現在入社3年目の営業担当で、
生まれも育ちも横浜の鈴木さん。
実家が不動産業を営んでいたこともあり、
小さいときから漠然と「家」にかかわる仕事に就きたいと
考えていたそうです。

小学低学年の頃に訪ねたお友達の家に地下室があり、
そこでのびのびと遊ばせてもらった楽しい思い出から、
地下室に対して憧れがあったと語る鈴木さん。
就職活動中に、地下室づくりに定評のある工藤建設と出会ったことに運命を感じて入社。
現在は「地下室の魅力をより多くの人に実感してもらいたい」という信念で
営業に努めています。

そんな鈴木さんに、工事中の現場で感じた
フローレンスガーデンの魅力
について、伺いました。

************************************

DSC00526re.jpg

【お話を伺った方】
フローレンスガーデン事業部
鈴木 寿徳さん

持ち前の明るさと笑顔で、お客様の気持ちを和ませつつ、
「理想の家づくり」「豊かで幸せな暮らし」「お引っ越し後のケア」の
3つのサポートを常に心がけ、努力しています。

*************************************
  

続きを読む »

今日は、フローレンスガーデンの小林さんにお話を伺いました。

現在入社2年目の営業担当です。
学生時代に飲食店でアルバイトをし、接客の面白さを実感。
人生の中で一番長く深く付き合う「家」を通して
お客様と関わっていきたい、と
ハウスメーカーの営業職を目指したそうです。

さらに、「家を造るだけではなく、『住みがい』を創る」という
工藤建設の企業理念に感銘を受け、
「この会社で働きたい!」と入社を希望した小林さん。

営業マンの仕事とお施主様との関係について、お聞きしました。

***********************************

FG小林さん顔

【お話を伺った方】
フローレンスガーデン事業部
小林 諒さん
「フレッシュさを活かし、
『頼もしい息子』『頼れる兄弟』として
お客様のために全力で頑張ります」


  

続きを読む »

| ホーム |


 ホーム  »次のページ