リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR


年末にがんばって大掃除できたおかげで、
きれいな状態で気持ちよ~く新年を迎えられました

また、お正月に三重の実家から車で帰る際に立ち寄った
新東名高速道路のサービスエリア
NEOPASA岡崎(愛知県岡崎市)のトイレ

こんなボードがいくつも飾ってあり、
お掃除のステキなヒントをたくさんもらいました。

new_DSC_0021.jpg

new_DSC_0022.jpg

そこで「今年は毎日少しずつ、ちょこちょこ掃除を心がけよう」
と心に誓ったハズなのに……気づけばもう2月
バレンタインデーのチョコ売り場をあちらこちらで目にするj時期
 チョコといえば……
で、“ちょこちょこ”掃除の誓いをようやく思い出しました

気づいたときに少しだけの
“ちょこちょこ”掃除プロジェクト


ちょこちょこポイント①
部屋の角や隅っこに溜まりやすいホコリをサッと拭き取る

ちょこちょこポイント②
洗面所やお風呂などの水回りは、使ったあと軽く拭いておく

ちょこちょこポイント③
キッチンのコンロやシンクは汚れたらすぐ拭く


改めて書き出してみると全部当たり前のことですが
1日最低1カ所はできるように心がけたいです

その際に重宝するのがウエス
ウエスはもともと、工場の機械の油汚れを拭くのに使う小さな布のことで、
いらなくなった布を小さく切って使う、いわば使い捨て雑巾です。

ウエスには、古タオルや着古したTシャツなどの
天然素材の柔らかく吸水性のいい布が向いています。
それらを用途に合わせて使いやすいサイズにカット。
まずは手のひらサイズ(15センチ四方くらい)を
目安にするといいでしょう。

子供が汚して着られなくなってしまった服も
最後まで有効活用できるので罪悪感が半減。
小さめのハンドタオルや靴下なら
切らずにそのまま使えて便利です

それらをリビング、洗面所、キッチンなどの要所に置いておき、
気づいたらサッと取り出して拭き、汚れたらそのままゴミ箱へ
我が家のウエス入れは、“ちょこちょこ”を忘れないために
チョコの空き箱に

new_DSC_0047.jpg

遊び心を忘れずテンションアップして
“ちょこちょこ”掃除を続けていこうと思います

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 



  
メラミンスポンジ、といえば水を軽く含ませて気になる場所をこするだけで水垢やくすみが取れる便利グッズ。
100円ショップでも購入できるコスパの良さもあり、今やお掃除には欠かせないアイテムとなりましたよね。

気軽に使い捨てができるので、蛇口の曇りや茶渋とり等にはちょこちょこ使っていましたが、
このメラミンスポンジにプラスアルファするだけで、用途がグッと広がることを知って、早速試してみました!
1473163761586_20160907185301a7d.jpg


メラミンスポンジ+酢
黒っぽいくすみが気になっていたお風呂の床。
KIMG1049.jpg

メラミンスポンジにお酢を含ませてこすると、みるみる元の白さが蘇りました~
酸性のお酢は水あか汚れを落としてくれる効果があるそう。
KIMG1051.jpg真ん中だけ白くなりました!

水垢がつきやすいバスルームの鏡などにも試してみる価値ありそうです

メラミンスポンジ+お湯
食品に近い場所なので、洗剤を使うのをためらっていたレンジ周りの油汚れ。
キッチンペーパーを敷いた上に熱いお湯を少量注ぎ、まずはキッチンペーパーでこするとこんな感じに油汚れが黒く浮き出してきます。
KIMG1046.jpg

あたたかいうちにメラミンスポンジでこすれば、一気にスッキリキレイになりました!
KIMG1047.jpg

他にも、よくやってしまう、「プリンターのインク交換をしていたら手にインクが付いてしまった」のトラブルの時も、お湯+メラミンスポンジでキレイに落ちるそう。
まだまだ用途が広がりそうなメラミンスポンジ。
洗剤を使わないので手にやさしいところもうれしいポイントですよね。
これからもどんどん活躍させて、楽しくエコ掃除を実践していきたいです!

フローレンスガーデンへのお問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)
  
湿気の多いこの時期は、食べ物が傷みやすく、食品の管理にも気を使いますね
食品管理の要といえば冷蔵庫
扉を開けっ放しにする時間を短くすることばかりに気を取られていましたが、
この時期こそ、冷蔵庫内の清潔さを意識せねば、と一念発起して、庫内掃除に着手してみました。

とはいえ、一度にすべてを手入れするのは時間的にも大変だしやはり庫内温度の低下も気になります。
引出しごと、扉ごとにお手入れを進めることに。

まずは、家中の保冷バッグを集めてきて、庫内の食品を手早く取り出し、バッグにイン。
足りない分は、紙袋にバスタオルなどで代用しました。
日の当たらないところに置いたらお掃除スタート

棚やトレイを外して洗浄。
庫内は汚れているところを水拭き
yjimageF9GGV81U.jpg

ひどい汚れがついている場合は、キッチン用中性洗剤で洗う→よくすすぐ→乾燥 の手順がいいようです。
庫内だけでなく、パッキンの汚れもキレイにしました

我が家で汚れが目立ったのは野菜室。
yjimageKKAT9C2S.jpg

常備野菜、玉ねぎやジャガイモの皮のかけらや、お弁当のために欠かせないミニトマトのヘタなど、知らず知らずに落ちてしまっている野菜くずが、良く見ると四隅を中心にちらほら・・・
yjimageBA7I5Q37.jpg

この野菜くず、実は細菌の温床であることが判明
そこで有効なのが、アルコール消毒。
ドラッグストアなどにあるキッチン用のアルコールスプレーが便利。
全ての庫内にシュッとひと吹きで庫内の清潔度は一気にアップです


梅雨時の気温が低めの日を選んで、冷蔵庫の庫内掃除。
キレイな冷蔵庫で暑い季節を迎えましょう

フローレンスガーデンへのお問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)



  
関東も早々に梅雨入りし、これからしばらくはじめじめした気候となりますね。
あ~洗濯物が乾かないと凹むくらいなら、思い切って洗濯物は晴れた日にとっておいて、
徹底的に洗濯機の大掃除なんていかがでしょう?

洗濯機の掃除といえば、液体の洗濯槽クリーナーを洗濯機に注いで、1サイクル回して乾燥、という作業を月に一度くらい行っている方は多いかと思いますが、それはあくまでも洗濯「槽」のお掃除。
さまざまな部分で構成されている洗濯機は汚れがたまりやすいポイントがいくつもあるんです。

我が家はドラム式の洗濯機を使い始めて約6年。
まだまだ活躍してほしいと思いつつ、汚れも少し目立ってきてます。
気になっていたのはこの洗剤投入口。
1465257161636.jpg

最後まで引き出して少し持ち上げ外してみると、中は思ったより(?)キレイだったのですが、細かいカビも発見
カビとり剤をスプレーして、5分後にふきとりキレイになりました

引き出したトレーを裏返すと、こっちの方が汚かった
1465257181401.jpg
カビとり剤→水洗い。真っ白になると気持ちがいいですよね

洗濯物の投入口をぐるりと囲むゴムパッキンの奥は、少し前にふと気になっていらないタオルを差し入れて拭いてみたら、すごい汚れが取れてビックリしたことがありました
1465257066282.jpg

ドラム式洗濯機は、節水がウリな分、水が行きわたりづらい部分に汚れがたまりやすかったりもするんですって。
ここは拭き掃除が効果的、だそうなので、洗濯終了すぐのまだ濡れているときにマメに拭きあげるようにしています。

乾燥機能をよく使うご家庭は、乾燥機フィルターのチェックも欠かさず行ってくださいね。
フィルターの目詰まりで乾燥効率が驚くほど下がってしまうそう。
掃除機にブラシを装着して吸い取っちゃいましょう

最後は、さぼっちゃうと開けるのに勇気がいる(?)排水フィルターをお掃除
1465257147657.jpg

絡まった糸くずやほこりがかなりある、というときは、排水パイプが詰まらないようある程度古布などに汚れを移してから、古歯ブラシなどでゴシゴシ→カビとり漂白、というコースがおススメ。
フィルターを差し込む穴の方もそれ相応に汚れていると思うので、こっちは長めの棒に古い靴下などをかぶせて中をクリクリしてあげるとキレイになります。

洗濯機にカビがあると、せっかく衣類を洗っていても、その衣類にカビが移ってしまい、アレルギーなどの原因になることも
清潔な洗濯機で、家族の健康を守りながら気持ちのいいランドリーライフを送りたいですね。
yjimage[5] (2)

フローレンスガーデンへのお問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)
  
もともとは、欧米の特に寒い地域で、暖房の必要がなくなる春から初夏のシーズンに、煙突のススなどを掃除する生活習慣が由来となったスプリング・クリーニング

大掃除といえば年末の恒例行事だった日本でも、この頃は春の活動しやすいシーズンに年に一度の徹底的なお掃除をする人が増えたそう。

寒い時期は手がかじかむし、窓を開けづらいし、ただでさえ忙しい時期にプレッシャー感じるし、
と掃除が特に好きでない人には「苦行」ともいうべき大掃除。
年末から春に「お引越し」するだけで、いいことたくさんありますよ~

例えば、私もついつい見て見ぬふりをしてしまうべランダ
お天気のいい日に窓を全開して、スッキリ水洗い
枯葉や砂ぼこりもキレイになくなって、乾くのも早いですよ

そして同じく窓や網戸もこの時期なら気持ちよく掃除できそう
yjimage[4] (3)

服が多少濡れたって気にしなくて大丈夫
子供と一緒に楽しくお家をキレイにできちゃいそうです

それから、私が今季是非とも着手したいと思っているのがカーテンのクリーニング。
洗濯機で洗って、カーテンレールに干す、の作業も、窓を開けられるので乾きが早いのがいいですよね。
結露が原因のカビなどもこの時期に一掃したい
yjimage[7] (4)


ほかにも、気温が上がるので油が緩んで換気扇の掃除がしやすかったり、エアコンも季節の変わり目の非稼働時に掃除した方が効率が良かったり、春の大掃除は日本の気候にもぴったりマッチしてるんですよね。
どうせやるならなるべく心にも体にも負担を掛けず、楽しく気持ちよくお家をキレイに
春の新習慣として我が家にも定着させたいです

春休みも残りわずか。
新年度のスタートに合わせて、スプリングクリーニング計画、始動です

フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)



  

| ホーム |


 ホーム  »次のページ