リンク

カレンダー

01 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
皆さんのお宅には火災警報器、ついていますか?

うちは、キッチンにはつけていたので安心していたのですが、
実は居室や階段室には、火災警報器を必ずつけなくてはいけないんですって。

友人に言われ、あわてて総務省消防庁のHPをみてみたところ、消防法の改正に伴い、新築住宅は平成18年6月1日、既存住宅も各市区町村の条例によって平成23年までの間に順次義務づけされているんです!


神奈川県の既存住宅の設置義務は平成23年なんですね!

住宅用火災警報器設置義務化開始年別マップ
http://www.fdma.go.jp/html/life/juukei_map.html



ということで、早速設置ました。

houchiki02.jpg

設置に関する詳しい情報はコチラ⇒ http://www.fdma.go.jp/html/life/pdf/juukei_Q3.pdf

地下の寝室に1つ、2階の寝室に2つ、そして地下から1階、そして1階から2階の階段、もともとつけていたキッチンで、我が家の火災報知機は合計6個となりました。
なんだか、随分たくさんの火災警報器ですが、つけておけばやはり安心です。

設置に関しては、こちらもわかりやすいですよ!
http://www.security-joho.com/service/kasaihoutikil.htm


うちが設置した警報器は電池式なので、数年はそのままで大丈夫なようですが、
「たまに点検をするようにとのこと。
そうですよね~。設置しただけで安心してしまいそうですが、
それが正常に動いているかはとっても重要ですね。
と、いうか、それ以上に火災には十分に注意したいものです。



総務省消防庁の発表によると、平成20年の全国の火災件数は、52,394件。
19年より2,188件減少しているものの、
火災による死者は、1,967人で、
この中で、住宅火災による死者は、1,123人と、非常に高い数字になっています。

さらに、下のグラフのように、
住宅火災による死亡原因の第一位は「逃げ遅れ」で全体の43%という高い割合です。

houchiki03.gif


そこで、火災警報器の設置が有益になるそうです。
火災報知機のある家とない家では死者発生件数に約3倍もの差が生じているとか。

やはり日本は木造建築もまだまだ多く、一人ひとりの注意と災害に対する危機意識が必要。
そのためにも火災報知機の設置は必要なんですね。
また、住宅火災の大きな原因の一つとなっているものに、コンセントに差し込んだままのプラグに、
ホコリがたまり、そこに電流が流れて発電・発火するトラッキング火災があるそうです。

タンスやテレビ、ベッドなどの大型の家具の奥など、
めったに掃除ができない場所にあるコンセントには十分、気をつけたいものです。



もともとは「義務化されるから仕方なく」という理由で警報器を設置したのですが、
調べてみると、やはりつけてよかったなと。

大切な家族の命を守るために、できることから少しずつでも行っていきたいものだとつくづく思うのでした

  
青葉区のK様のお宅は緑豊かな公園の目の前。

品のいいサーモンピンクの外壁に鮮やかなブルーの玄関ドア。

K_YUJ0055-3.jpg


目の前の公園の新緑がみごとにマッチし、その素敵さはまさにリゾート!
道路付けも南で、日当たりもよさそうです。
こんなおうちに住んでいたら、毎日リラックスできるんだろうな~!
と、期待感満々!
「築10年なんですよ」とほほ笑む奥様。
築10年……ん???玄関を開けたとたん、なんだか感じる重厚感…。
床や窓枠、ドアなどのつやが、とてもいい感じで、まるで老舗の高級ホテルのようです。

なぜ…?


そう!家じゅうに無垢材が使われていたんです!
憧れの無垢材
使い込むほどに味わいが出るとは聞いていましたが、まさに!
「はあ、すてき~」
私も無垢のおうちに住みたい(涙)。


そして、そして!!!
通していただいた2階のリビングがまたまたステキ!


yu089.jpg


高い天井!
大きめの掃き出し窓!!
サークルヘッドがおしゃれなバルコニーのドア!!!


室内からも、公園の新緑がまばゆいばかりに輝き、
外観だけでなく、中にいてもまさに高級リゾート気分。
はあ。ステキ…。



次は、お子様たちのお勉強部屋を見せていただきました。
デスクは小学生用の学習机ではなく、ちゃ~んとオーダー品。
室内装飾にあっていて、これまたとってもステキです!
姉弟の仲も良くて、二人で並んでお勉強なんて、理想ぉ~!!!


yu114.jpg



そして最後に案内していただいたのは地下室。
写真はご主人の書斎です。
大きな窓から光が差し込み、地下室とは思えない明るさ。 

「こんな立派な書斎があるなんて、会社の方からもうらやましがられるのでは?」との質問に
「地下室付きでなかったら、自分の部屋は無理だったかもしれませんね」と、
さわやかに答えてくださいました。

実はご主人の趣味はフルマラソン!
ニューヨークやホノルルマラソンにも出場し、なんと記録は3時間半。
休日の朝はジョギングし、お天気が悪い日はこの書斎でくつろぐのが楽しみだとか。

yu144.jpg



さてさて。


K様は、この家を建てる際、初めからフローレンスガーデンに決めていたわけではないそうです。

土地探しを始めて、しばらく経ったとき、この土地に巡り合い…
駅や学校から近く、しかも公園が目の前。
“ぜひここに家を建てたい!”
と、ひと目ぼれしたそうですが、

土地面積が約35坪で、容積率が80%。
実際に建てられるおうちは28坪まで。


「もう少し広い家が建てられれば・・・・・・そうだ!地下室だっ!!!」
と、思いつき、いろいろなハウスメーカーに地下付きのプランを提案してもらったそうです。

その結果、
フローレンスガーデンに決定!!!
flogo.gif
28坪×1.5倍=42坪までの建築が可能になりました。

10年間、フローレンスガーデンにお住まいになった感想をお聞きしてみると
「家のデザイン、プランや設備なども気に入っていますが、何よりいつもフローレンスガーデンのスタッフが明るく親切で安心できる」とのこと。
奥様が、親しいお友達にその話をしたところ、
K様に続いてなんと2人も!
フローレンスガーデン
でおうちを建てたそうです。

まさに、10年住みがいを感じながらお住まいのK様ご一家でした。



  

| ホーム |


 ホーム