リンク

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
0224-4

子ども部屋は必要?

もうすぐ、卒園や進級のシーズン。
この時期になると、私の周りで話題になるのが、
子ども部屋をどうするか?という問題。
うちの子は昨年小学校にあがったのですが、
お友達のほとんどは、机を用意し子ども部屋を作りました。
我が家は2歳違いの姉妹なのですが、
子ども部屋を与える時に、共有で使わせるか、
初めからそれぞれに個室を与えるかということを迷っていたので、
机は購入せずに、とりあえず教科書を置いたり、
洋服をしまったりするスペースとしての子ども部屋を作りました。
共有で使うなら、二段ベッドにしないと机を置くスペースが確保できない。
できれば、机やベッドは統一感を持たせたデザインで、などと考えていたら、
なんだか決めかねてしまって、とりあえず、という形になったのでした。

0224-3

そもそも、子ども部屋は必要なのか?
ということも、話題になりました。
子ども部屋を与えても、「リビングで宿題をしている」という先輩ママの話や、
小学校低学年のうちは、勉強する習慣をつけさせたり、
分からないところを教えてあげたりする必要があるという、教育系の雑誌の記事から、
当面の間は必要ないのでは、と思うからです。
また、子ども部屋に籠ってしまい家族のコミュニケーションがとりづらくなるとか、
子どもの様子がわからなくなるという不安もあります。


理想の子ども部屋

では、理想の子ども部屋ってどんな部屋でしょう。
子どもの気配を感じられる、子どもが孤立しないようにしたい、
と考える方が多いのでは?
我が家は、リビング階段になっていて、
リビングを通らないと2階の子ども部屋に上がれない造りになっています。
お友達のおうちの子ども部屋は、リビングの吹き抜けに面して窓がついていて、
お互いの様子が分かるようになっています。
また、別のお友達のおうちでは、2階に子ども部屋があるのですが、
リビングの吹き抜けに2階の廊下が面していて、
1階と2階が一体に感じられるようになっています。
みんな、間取りを工夫しているようです。

また、パパやママの仕事部屋と、
子どもの勉強部屋を共有しているお宅もあります。
私の尊敬する先輩ママは在宅ワーカーなのですが、
お子さんが超難関校に通っています。
合格の秘訣を聞いたら、仕事部屋に机を2つ置き、
毎日背中合わせで、ママは仕事、お子さんは受験勉強に励んでいたそうです。
分からないところも教えてあげられるし、
子どももママが一生懸命働いている姿を見て、がんばれたようです。

0224-2

勉強のことだけ考えるなら、ダイニングテーブルで勉強したり、
リビングに机を置き、子どものスペースを作ったりすれば良いのかもしれません。
でも、寝室としてや、子どもの自立、大きくなってからは勉強部屋として、
子ども部屋はいずれ必要になりますよね。
それから、兄弟で部屋を共有するのも、小学生、中学生くらいまででしょうか。
生活の時間帯も少しずつ違ってくるし、
部屋を分けるか、間仕切りをする必要が出てくるかもしれません。
異性なら、なおさらその時期は早く来るでしょう。
そう考えると、持ち家を購入する際には、
将来の子ども部屋のスペースを考えた間取りにしておく必要がありますね。


子ども部屋のインテリア

親としては、まだ必要ないという考えもありますが、
早く自分の部屋がほしい!という子どもの気持ちもわかります。
それで、我が家もとりあえずの子ども部屋を作ったのですが、
新しく用意したのは、ピンクのラグくらい。
子ども部屋のインテリアは、どういうのがいいのかしら?

0224-1

きれいな空色に雲が描かれた壁紙や、動物がたくさん描かれた壁紙、
かわいいイラストのカーテンや、ポップな色合いのカーテンなど
子ども部屋向けに楽しいデザインのものがたくさんあります。
小学生のうちは、明るく楽しい気分になれるようなインテリアがいいですよね。
中学生、高校生になったら、落ち着ついたシンプルなインテリアなど、
子どもの成長に伴って、好みも変わってくるのかもしれません。
それなら、カーテンや壁紙、家具はシンプルなものにしておいて、
小物を使って子ども部屋らしくするのもいいですね。
簡単に剥がすことができる壁紙シールや、
窓や鏡に貼るジェルシールなどを使ってアレンジするのも楽しいですね


「2年生になったら、自分の机とベッドが欲しい」という娘の希望。
机はともかく、一緒に寝られなくなるのはさみしいという親の都合もあり、
我が家では、まだ保留の状態です


  
輸入住宅に住んでみたいなー、
と思っている方は多いのではないかと思います。

憧れてはいても、実際に輸入住宅を・・・と考えると、
う~ん、価格的に無理かも 
と、思われる方も多いのでは?

でも、フローレンスガーデンのホームページを見ていただくと、
この値段でこんなに素敵なおうちができあがるの?
と驚かれると思います。

輸入住宅

英国スタイル 『横浜トラディショナル』
南仏スタイル 『横浜エスプリヌーヴォー』
北米スタイル 『K-2100』 
アーリーアメリカンスタイル『K-1980』 『K-1680』

と、たくさんのモデルがあって
施工例を見てみると、
同じスタイルでも、そのお宅お宅のこだわりが反映されていて、
どれもとても素敵なのです

自分が家を建てるときには、どのスタイルにしようかな
なんて妄想を膨らませながら、ネット上でお宅訪問をしてみてくださいね

          

さてさて、今回ご紹介するフローレンスガーデンは・・・

藤が丘にあるパン屋さん 『もあ石窯館』 です。
http://www.pain-moa.com/

0216-12

フローレンスガーデンというと、地下室付き というイメージがありますが、
実は地下がないおうち、このような店舗なども フローレスガーデンなのです。

藤が丘から一本道を上がっていくと、見えてくる
南欧を感じさせる建物。
おしゃれな外観&広い駐車場 をみて
開店直後は レストラン?と間違えてしまう人も多かったそう。

0216-11

このお店の特徴は お店の名前からもわかる通り
石窯 があること!
「このスペイン製の石窯をどうしてもいれたかったんですよ」と
語るのは、オーナーの松島さん。
そして一軒屋のパン屋さんにしたいという希望も。

たくさんの住宅メーカーをめぐったけれど、
工藤建設の営業の方が、一番親身になって相談にのってくれたそうです。

青葉区の「もあ四季彩館」、宮前区の「もあ小麦館」に続き
3店舗目になる石窯館。

0216-4

テラスをつくって、そこでお客さんが買いたてのパンを食べられたらいいなー

花台は こんな風なアイアンを使いたいなー

瓦はバレル瓦で・・・

窯のまわりは、こういう石で・・・

0216-20216-1

次々に湧き上がるイメージを伝えると、工藤建設の担当者は
いろいろな資料を調べて、要望に近いものをすぐに提案してくれたそうです。

          

フローレンスガーデンのモットーは
お客様の住みがいのために
とことんお付き合いさせていただくこと


だから年間の請負数は100棟に限定し
顧客の要望を細かく聞きながら、
手間と時間をかけてつくりあげています。

これは頼む側にとっては とても嬉しいことですよね。
家を建てることは一生のうちにそう何回もありません。
担当者がきちんと向き合って、
話を聞いてくれる、要望に応えてくれる
そして迅速な対応をしてくれる
知らない間に建っていた・・・
ではなく、共に造り上げた!
という気持ちが、建設後の満足度に繋がっているようです。

          

もあ石窯館でも、オーナー夫妻を始め、従業員の方々が、
どんなお店になるのか、石窯はどんな風に入るのか、
とても楽しみにし、毎日のように入れ替わり立ち代り
建築現場を訪れていました。

着々とできあがるお店をみては、あの石窯でどんなパンを焼こうかと
それはそれはワクワクした毎日を過ごし、
新作パンの創作にも、いっそう熱が入ったといいます。

0216-9そんなご自慢の石窯からは
次々に焼きたてのパンがでてきます。
遠赤外線で焼かれたパンは、
外はパリッ、中はしっとり。
いくらでも食べられてしまいそうなおいしさです。


0216-7

出来立てが一番おいしいから
と、作り置きはせず、1日に何回も焼き上げて店頭に並べます。
大人気の自家製カレーパンは、なんと1日に30回も揚げるそう。

体にいいパン作りをと、無添加はもちろんのこと、
ミネラルや鉄分が豊富な三温糖、素焚糖、自然な風味が魅力な沖縄の天塩を用いているので
幼い子にも安心して食べさせることができるのは嬉しいですよね。

0216-9どのパンもおいしいのですが、
私が一番好きなのは、ラウンドと呼ばれる 
この丸型の食パン。
とにかく柔らかでフワフワ。
柔らかすぎて、買ってきた当日は、
ナイフで切るのが難しいんですよねー。


このパン、
生地をほそーくのばして それをくるくる巻いて丸く成型していくそうです。
簡単そうに見えて、ものすごく技術の必要とのこと。
熟練した職人が作らないと、あの フワフワ感はでないそう。
技術の賜物ですね

軽くトーストして、
半熟の目玉焼きとベーコン、レタスをのせて
マヨネーズとケチャップを足す

土日の朝食にお勧めです。

0216-10

さー、今日も もあ石窯館には焼きたてのパンが並んでいます。
皆様も、お気に入りの一品を見つけて、優雅なひと時をお過ごしてくださいね


  
不況が続き、景気回復はまだ期待できない状態。
収入が減ったり、ボーナスが出なかったりと、「うちの家計大丈夫?」と不安になりますね。

前回に引き続き、「家計管理」について、
ファイナンシャルプランナーの井上さんにお伺いしました。

井上さんNPO法人 FPネットワーク神奈川
ファイナンシャルプランナー 
井上康子さん



安心できる「ある程度の額の年収」とは?


金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(2006年)では、
経済的な豊かさを実感するために大切なこととして、
「ある程度の額の年収の実現」が最も多く挙げられ、
次に「ある程度の額の金融資産の保有」が挙げられました。
「ある程度の額の年収、金融資産」というけれど・・・・。

0724-1

年収が多ければ多いほど、経済的に豊かで貯蓄もかなりあると思うのは、
正しくないようです。
また、当たり前ですが、年収が500万円の世帯が不幸で、
1,000万円の世帯が幸せとは限らない。
それぞれ価値観も違い、ライフスタイルもライフステージも違います。
同じ年代でも職業によっても、年収は違ってきます。
だから理想的な家計なんて、人それぞれです。
もちろん、収入が多いことは良いことなのですが、
支出も見合って多くなることもあるのです。
そして、その収入を維持するために、かなり無理をしている場合もあります。
誰かの犠牲や無理の結果が年収1000万円なら、ちょっと悲しい。
また、年収は多いのに幸せの実感がない家族もいます。
決して裕福だという実感がなく、
自分たちは普通の生活をしていると思っていても、
実は少しずつ贅沢をしていて、知らない間に支出が膨れ上がってしまい、
貯蓄が出来ない世帯もあります。

金融広報中央委員会の「貯蓄の有無と金融資産保有額」(2006年)を見ると、
30歳代で一世帯あたりの金融資産保有額は平均455万円
中央値は172万円です。
40歳代では、平均812万円、中央値で350万円です。
ちなみに、住宅ローンと子どもの教育費がピークになる40歳代後半は、
配偶者の収入がないと、とても厳しいというのが実態です。


めざせ!かしこい家計管理者!


1211-2

総務省の「家計調査年報」の勤労者世帯の年間収入段階別収支(2006年)をみると、
年収が増えると、世帯人数はそんなに変わらないのに、
住居費以外の費目は大幅に増えることがわかります。
特に、食費と教育費、教養娯楽費、交通費などの増加が目立ちます。
本来、基本生活費は人数が増えてもそんなに増加しない費用で、
節約できるはずなのに、年収が高いとそれなりに少しずつ、
全てを贅沢にしてしまうということなのでしょう。
それから、子どもの教育費やお稽古事は今や「エンジェル係数」と呼ばれるほど、
引き締めないと、とめどなく膨らみますね。
車の維持費もかさみます。1台でも問題なのに、2台なんて?
本当に我が家に車は必要かどうか考えてみましょう。
都会に住んでいるなら、公共交通機関やタクシーを利用するほうが、
便利で経済的なのではないでしょうか。

家計の収支

勤労者世帯の年間収入段階別収支や貯蓄の有無と金融資産保有額などのデータによれば、
貯蓄は年収が高いほどできているようですが、
年収の増加に配偶者の収入が寄与していることが分かります。
少なくとも配偶者の年収は、貯蓄や運用、住宅ローンの返済に回せるよう、
家計をやりくりしたいものです。
お金は「寂しがりや」で、持っている人に寄っていきます。
運用に回すお金が少ないと、少ししか利益を上げられませんが、
多く投資することが出来たら、リターンも大きいでしょう。

データはあくまでデータですが、時々わが家の家計と比較してみること。
そして、今年こそ、かしこい家計管理者に成ることを目標にしたいですね。


  
不況が続くなか、収入が減ったり、ボーナスが出なかったりと、
家計が厳しい状況におかれています。
子どもの教育費もますますかかってくるし、
「うちの家計、大丈夫?」と心配されている方も多いのではないでしょうか。


そこで、「家計管理」について、
ファイナンシャルプランナーの井上さんにお伺いしました。

井上さんNPO法人 FPネットワーク神奈川
ファイナンシャルプランナー 
井上康子さん



貯蓄のできない人向けセミナー大流行

1204-1

2008年にリーマンショックがあり、世界中が大恐慌になると言われ、
各国とも景気回復にかなりの予算をつぎ込みました。
その結果、なんとか世界大恐慌は免れたものの、
日本は円高の影響もあり、出遅れてまだまだ立ち直れません。
2009年は節約、節約の年になりました。
デフレで衣類や食料品が安くても、肝心の収入が減ったり、
雇用も厳しい状況で、貯蓄を取り崩す世帯も増えました。
皆様の中にも大分資産を減らした方がいらっしゃるのではありませんか。
2010年も急には回復できない様子。
そんな事情で、私のセミナーは
「貯蓄のできない人」を「貯蓄の達人」にする
というテーマが人気でした。

「貯蓄のできない人」は、まとめ買いが大好きです。
安いので大量に購入しますが、実は無駄になっていることも多いのです。
たくさんあるとつい油断して多く消費したり、ごみになったりしがちです。
大量に買ったもので収納がいっぱいで、トランクルームに預ける、
なんてことになっても、困りますよね。

また、一点豪華主義も貯蓄ができません。
昨年節約をしっかりしたので「自分にプレゼントしたい」と、
ブランドのバックを購入したAさん。
でもそのバック、いつ使うのかな?
普段の洋服と合わないけれど・・・、年に数回のお出ましではもったいないです。
使うことなくたんすの肥やしになります。
買うのなら、「欲しいものでなく必要なもの」を買いましょう。

どうせ買うなら『いいもの』という主義も、
貯蓄できない典型です。
高いものイコール『いいもの』ではないし、
同じものでもデパートでなく安売り店にあるかもしれません。
おまけやプレミアムに惹かれてしまうのも困ります。

現金は持たない主義といって、
クレジットカードなどをたくさん持っているのも考えものです。
カード払いは、どうしても自分に甘くなりがちです。

お誘いを断れない人も貯蓄ができません。
たまには2000円のランチも良いけれど、
夫は500円の弁当や、1皿250円の居酒屋かもしれません。
時間はお金と同じです。
何より時間とお金を自分の資産価値を高めるために使いたいものです。

家計簿をつけていない人や、
つけていても使途不明金をそのままにしている人は、
やはり貯蓄ができないと思います。
つまり家計管理能力を身につけることが、
2010年の大事な課題だと思います。


日本人は平均するとみんな貧乏人?

1204-3


お隣は子どもを私学に入れている、いい車に乗っている、
貯蓄もたくさんあるのだろうと、うらやむ必要はありません。
思っているほどお金持ちはいないものなのです。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(平成21年度調査)で、
年間収入別に貯蓄保有率を見ると、
年収が低いほど無貯蓄世帯比率が高いのが分かります。
現在の貯蓄が1年前と比べ「減った」と答えた世帯が4割強
「増えた」と答えた世帯は約2割です。

貯蓄が減少した世帯は「定期的な収入が減った」が6割
「耐久消費財を購入したため」「子供の教育費や結婚費用の支出があった」が3割です。

年齢別に見ると40~70代で貯蓄が「減った」とする回答が4~5割ですが、
20~30代では「増えた」とする回答が3~4割となっています。

過去1年間の家計運営については、
2割弱の世帯で意識していないと回答していますが、
意識している世帯では「思ったより家計運営は苦しかった」と6割が答え、
3割は「思ったような家計運営が出来た」と回答しています。

経済的な豊かさを実感するために大切なことは、
「ある程度の額の年収の実現」が7割弱
「ある程度の額の金融資産の保有」が約5割です。

心の豊かさを実感するために大切なことは、「健康」が7割強、
「経済的な豊かさ」が5割強
「家族とのきずな」が約5割です。
生活設計を立てている、または今後は立てるは8割にのぼり、
今後も立てるつもりがないのは約2割です。

このデータを見ても分かるように、
やはり経済的な面で安心感を持ちたいということが本音だと思います。

では、どのくらい収入があれば、安心できるのでしょう?
次回は、「安心できる、ある程度の収入」について、
考えてみましょう。

  

| ホーム |


 ホーム