リンク

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
0929-1.jpg9月になってもなかなか涼しくならないな~、
と思っていたら、
今度は急に11月並みの寒さになったり、
雨が降り続いたりと、
なんだかすっきりしないお天気

こう毎日雨が続くと、お洗濯物は部屋干しだし、
窓も閉め切りなので、さすがに湿気も気になります。


湿気の気になる季節には、
「地下室って、やっぱりジメジメして大変じゃない?」と
お友達に聞かれるのですが、
我が家の地下室は、みんながイメージする地下室とは、
ちょっと違うものだと思います。
まず、半地下なので窓があります。
また、ドライエリア(空堀り)があるので、
掃き出しの窓も作れちゃうんですよ。
窓からは自然光が差し込むし、換気だってできます。

フローレンスガーデンの地下室 グランドルーム
詳しくはコチラ

フローレンスガーデンの地下室は高断熱地下工法で、
従来の地下室に比べて結露しにくいのが特徴で、
24時間セントラル集中換気システムが装備されています。

それでも、1階、2階に比べれば、
多少湿気を感じることも事実。
というのも、新築して3年間くらいは、
コンクリートに含まれる水分が完全には抜けないからだとか。
これはマンションも同じだそうで、コンクリートの建物の特性でもあります。

そういえば、鉄骨住宅の実家でも入居時に
「3年間はできるだけ窓を開けて換気してください」
なんて言われていました

そう、フローレンスガーデンは、1,2階は2×6工法。
地下部分は鉄筋コンクリート造りなんです!
だから、地下室そのものが基礎の役割もして、地震にも強い家になるのですが、
上記のような理由からある程度の湿気対策は必要です。

そこで、フローレンスガーデンのスタッフの方に相談して、
ダイキンのルームドライヤーという除湿器を設置してもらいました。
0929-2.jpg

除湿器って水を捨てたりするのが面倒~
というイメージがあったのですが、
このルームドライヤーは水捨て不要。
自動運転にしておけば、ON、OFFを自動で切り替え、
常に快適な湿度に保ってくれます。
1日の電気代も40円と、経済的にもやさしい省エネ運転。
梅雨時期のジメジメ感も、冬の結露もないので、
快適に過ごせます


現在、我が家の地下室はパパの趣味の部屋と、
スキーやキャンプなどのアウトドア用品をしまうスペースとなっています。
十分なスペースがあると、ついあれもこれもと地下室に運んでしまって、
このままじゃ、物置きになっちゃう
せっかく明るく快適なスペースなんだから、
もっと有効活用しなくっちゃね

0929-3.jpg

もうすぐ運動会!
気持ちのいい秋晴れになるといいな~。


        

フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★


  
9月18日(土)、フローレンスガーデン バス見学会に参加しました。
この日は朝から快晴
立派なバスでの見学会は、ちょっとした遠足気分でした。

0924-10.jpg

フローレンスガーデンでは、コストアップにつながる住宅展示場への出展は行わず、
オーナーさんのご協力のもと、
実際の住まいを見学できるバスツアーを年に2回開催しています。
上棟現場と完成現場とを見ることができる見学会は、
モデルハウスとは違い、大きさや仕様が現実的なので、
住まいを考える上でとても参考になると、大好評なんですって。
毎回キャンセル待ちがでるほど人気の見学会。
この日は、午前・午後と合わせて21組、約40名の方が参加しました。

0924-9.jpg

バスの中では、入社8年目のイケメン営業の竹川さんから、
フローレンスガーデンの特長である

・地下室付き住宅について
・高気密・高断熱住宅について
・2×6工法について

などの説明がありました。


また、フローレンスガーデンでは、
自社でしっかりと管理できるよう施工エリアを限定しているのだとか。
見学現場へ向かう途中、フローレンスガーデンのお家を通りかかると、
バスに同乗していた3人の営業さんたちから
「施主様の~なご希望で、~を作りました」とか
「ご家族は~な方々でしたので、~の工夫をしました」など
たくさんのエピソードが飛び出しました。
家を建てるって、一生に一度のことかもしれないとても大きな買い物。
「こんな家を作りたい」「こんな暮らしがしたい」
という希望や思いがたくさんありますよね。
そんな希望をかなえるため、打ち合わせを重ねさまざまな提案をし、
お客様とともに理想の住まいを作り上げてきた営業さんたちにとっても、
1軒1軒が思い入れのある大切な現場なんですね。

お住まい拝見 上棟現場 H様邸

まず見学させていただいたのは、
屋根の一番上の部材である棟木をとりつける作業(上棟)を終えたH様邸。
まだ内装の工事を行う前の状態なので、
2×6材を使った頑丈な骨組みや、
ぎっしりと断熱材が詰まった壁や天井の様子などを見ることができました。

0924-8.jpg

H様邸では、グラスウールという断熱材を使用しています。
グラスウールとはガラスを細かい繊維にして綿状加工したもの。
密度が高くなるほど断熱性能に優れ、耐久性にも非常に優れているそうです。
フローレンスガーデンでは、このグラスウールをチップ状にしたものを、
ブローイング(吹き込み)して使用しているので、
隙間なく隅々まで断熱材を入れることができます。
施工後の沈下がほとんどないため、性能低下の心配がないそうです。

0924-7.jpg構造材と構造材との小さな隙間にも、
ぎっしり断熱材が入っています。


フローレンスガーデン 高気密・高断熱住宅
詳細はコチラ

また、フローレンスガーデンではフィートインチモジュールを採用しています。

0924-6従来の2×4工法では
壁パネルの強度を保つための柱(スタッド)の幅が
455ミリなのに対して、
フローレンスガーデンの2×6工法では、
このスタッドの幅が406ミリとなります。
フィートインチモジュールを採用することで、
スタッドの幅が狭くなり強度がアップするそうです。



H様邸は、2階がリビングになっており、
勾配天井が空間に広がりを見せています。
屋根裏にはロフトが作られ、ちょっとした収納スペースとなっていました。

完成したらどんなお家になるのかな~、
とワクワクしてしまいました
参加者の中には、すでにフローレンスガーデンで建てることを決め、
打ち合わせを始めているという方もいらして、
大工さんに直接お話を聞くなどして、熱心に見学されていました。

お住まい拝見 完成現場 T様邸

0924-5.jpg

次に見学させていただいたのは、すでに内装も完成したT様邸。
外壁にオーストラリアから輸入した本物のレンガを使用したというお宅は、
とっても重厚感があり、素敵なお住まいです


ご主人様が長身でがっちりした方だったので、
通常より20センチ天井高を高くするハイスタッドを採用し、
リビングを広々と感じる工夫をしたそうです。

0924-4.jpg
腰高窓を見ると、奥行きがあり、
ちょっとした飾り棚のよう。
これは、外周壁の厚みがあることを
表しています。


0406-1

フローレンスガーデンの2×6工法は、
2×4工法で使用する構造材のうち外周の壁をインチアップしたもの。
2×4材の厚みが89ミリなのに対し、
2×6材は厚みが140ミリあるため、
外周壁の厚さが1.5倍となり、耐久性がアップするそうです。
先ほどの上棟現場で見たように、
この厚い壁の中に、断熱材がぎっしりと詰まっているんですね。


フローレンスガーデン 2×6工法住宅
詳細はコチラ


T様邸には地下室があり、
バレエを習っているお嬢さんのために鏡張りとなるバレエルームや、
ご主人さまの書斎、ご家族で楽しむホームシアターが作られていました。

0924-2

フローレンスガーデンに興味を持ったきっかけは、
地下室付き住宅に惹かれてという方も多いのでは?
地下室があったら、「もっと間取りに余裕が出るかな」とか、
「趣味の部屋が持てる」などの魅力を感じる半面、
「地下室って、やっぱり薄暗くてじめじめしているの?」
という不安を持つ方もいらっしゃるかと思います。
でも、T様宅を実際に拝見させていただくと、
窓から自然光が差し込む明るい空間でした。
フローレンスガーデンの地下室は半地下になっているので、
大きな窓を作ることが可能。
換気もでき、自然光を取り入れることができます。
また、内・外両断熱によって従来の地下室より結露しにくいのも特長だそうです。

フローレンスガーデン 地下室付き住宅
グランドルーム

詳細はコチラ


        

0924-1

2軒の見学を終え、工藤建設本社に戻ると、
東京ガスの調理デモンストレーションが行われていました。
ガスコンロを使って調理されたお料理を試食しながら、
ガスコンロの特徴を活かした調理法などの説明を受けることができました。
このキッチンスペースでは、ガスコンロやIHの調理体験や、
クッキングスタジオとしてお料理教室が開催されることもあります。
詳しい日程は、工藤建設にお問い合わせくださいね。


フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★


        

普段なかなか目にすることのない上棟現場や、
完成したばかりのピカピカの新築現場を見学することができ、
貴重なバス見学会となりました。
話を聞くだけでは理解が難しい住宅の構造を知ることができ、
実際のお住まいを拝見させていただくことは、
どんな家を建てたいか、ということを具体的に想像できる良い機会となると思います。
ご興味のある方は、ぜひ参加されてみてください。
また、工藤建設では土地探しからお手伝いしてくださるそうなので、
そちらもご相談されてみるのもいいですね。


  
子どもが小さい時は、お友達を家に呼ぶ際、
事前にママ同士で遊ぶ日にちを約束していたので、
準備万端でお客様を迎えることができましたが、
子どもが大きくなるにつれ、子ども同士で約束してきたり、
園バスを降りてきて「今日遊びたい~」と言い出したりして、
急にお友達が家に遊びにくることが多くなりました。
小学生になったお姉ちゃんは、遊びに来るのは子どもだけなので、
そんなに気を使うことはないのですが、
まだ幼稚園生の下の子の場合はママ同伴なので、
「今朝、掃除機はかけたけど、お客様を呼べるほどきれいじゃない
と慌てることもしばしば。
そんな時私がいつも行っている
「急な来客時、とりあえずきれいに見せるお掃除方法」を
ご紹介したいと思います


0913-3.jpg

まず、玄関
玄関はお家の顔!といっても過言ではありません。
土間のホコリをホウキで履くか、掃除機で吸い取ります。
靴箱にしまえる靴はすべて片づけ、
出しておかなくてはならない靴は、端に揃えて並べておきます。


0913-2.jpg

次は、トイレ
便器が汚れているなら、ブラシでこすっておきます。
ドアノブ、手すり、ペーパーホルダー、手洗い部分、床、便器の順に
目に付くところを雑巾や掃除用ペーパーで拭いてから、
便座カバーやマット、タオルをチェンジ。
また、我が家のトイレには収納がないので、
ストックのトイレットペーパーにカバーをしたものを用意しています。
かわいい花柄のトイレットペーパーなら
そのまま置いてもおしゃれなのですが、
真っ白なトイレットペーパーがむき出しで置いてあると味気ないので、
来客時だけカバーの付いたものを出しています。


そして、洗面所
洗面ボウルと水洗金具をメラミンスポンジでさっと磨き、
カウンタートップのホコリや汚れを雑巾で拭きとります。
タオルはまだ湿っていない新しいタオルに変えます。
そして忘れてはならないのが、鏡。
目の前の大きな鏡に歯磨き粉がとんでいたりしたら、
とっても目に付きますよね。
(我が家ではよくあるんです
私は厚手のキッチンペーパーにガラスクリーナーを湿らせ、
磨きあげています。
布や雑巾で拭くより繊維が残らないので便利ですよ。


0913-1.jpg

お次は、キッチン
ママ友は、おやつの準備を手伝ってくれたり、
食器を下げてくれたりと、キッチンに入ることもありますよね。
汚れた食器は洗って、シンクを片づけておきます。
カウンタートップや水洗金具もさっと拭いておきましょう。


最後は、リビング
出しっぱなしになっている新聞や雑誌、衣類などは、
押し入れや寝室に撤去。
チェストやテレビ台などのホコリをモップで取り除き、
飾ってある小物や写真立てなどの配置を整えます。
たくさん飾ってある場合は、左右対称に配置したり、
横のラインを揃えたりすると、すっきり見えるそうですよ。

それから、換気も忘れずに。
その家、その家の匂いって、意外とあって、
他人からすると気になるものなんですって


さあ、これでとりあえずはきれいに見えるはず
「いつもきれいにしているよね~」
「そんなことないよ~。」
アポなしピンポンにはとても耐えられません
こんなドタバタな来客時は、
いつでもお客様を迎え入れられるよう、日々のお掃除の大切さを実感しています


          

フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★





  
やっと夏休みが終わりました
今年の夏は暑かったですよね~
残暑も厳しいようで、すっかり夏バテ気味です。
冷房の効いた部屋にずっといるので、体全体がだるい感じがするし、
特に足が冷えて、むくみがちに。

疲れた体をリフレッシュするには、お風呂が一番
夏バテ解消には、ぬるめのお湯(38~40℃)に20分~30分ゆっくりとつかって、
副交感神経を刺激してあげるといいんですって。
副交感神経が活発になると、ゆっくりとした深い呼吸になり、
血行が促進され胃腸の働きが活発になり、免疫力もアップ
心も体もリラックスして寝付きもよく熟睡できるようになるそうです。
しっかり汗をかくので、
冷房で低下した体温調節機能を回復させる効果も期待できるんだとか。

暑くてついシャワーで済ませがちでしたが、
ようやく夕方は涼しくなってきたので、
湯船にお湯をためて、ゆっくりお湯につかりたいな~

ところが、夏休み中は育児に追われ、暑さに負け、
お風呂掃除をすっかりサボっていました
半身浴でリラックス&リフレッシュ
ピカピカのお風呂でなければ、リラックスなんてできないですよね!
お風呂掃除、がんばらなきゃ

お風呂掃除のコツ

0903-1

浴室の汚れは、体から出た皮脂と石鹸が水道水に含まれる
カルシウムイオンと結合した石鹸カスや、
石鹸カスに老廃物やホコリなどが結合した湯アカ
これらの汚れは冷えて乾いてしまうと落ちにくくなるので、
温かいうちにお掃除しておくのが一番だそうです。
浴槽のお湯を抜いたらすぐに浴室用洗剤をスプレーして、
数分待ってからシャワーで洗い流します。
汚れがひどい場合は、洗剤をスプレーした後、
スポンジで下から上へと軽くこすってから、
シャワーで洗い流します。
最後に、水適をタオルなどで拭きとっておきます。
壁や床は入浴後すぐに飛び散った石鹸やシャンプーなどをシャワーで流してから、
浴槽と同じ要領でお掃除。

もし、「その日のうちにお掃除するのは無理!」というのであれば、
入浴後冷たいシャワーを浴室全体にかけ流し、
水滴をタオルなどで拭きとってから換気をしておくとよいそうです。
また、残り湯を翌日のお洗濯に使うのなら、
浴槽のふたをしっかり閉めて、湿気を逃さないようにして換気をしておきます。
翌日お掃除する際には、シャワーで温かいお湯をかけてから
お掃除します。

それから、排水口のお掃除も忘れずに!
石鹸カスや湯アカがたまったところに髪の毛がからみついて,
詰まってしまったら大変!いやな臭いの原因になります

また、石鹸カスや湯アカはカビの栄養源となります。
こまめに掃除してカビの発生を防ぎましょう。
そして、水適は残さないこと。
必ず換気をして、よく乾かしておくことが大事です

お風呂がピカピカになったら、
ゆったりバスタイムでリラックス&リフレッシュ
0903-2

バスタイムを楽しく演出してくれる入浴剤や、リラックス効果を高めてくれるバスソルトなど、
たくさんの種類が売られています。
天然の塩30~50グラムにアロマオイルを2~3適垂らしてよく混ぜると、
おうちでも簡単にアロマバスソルトが作れますよ
バスソルトの保温効果や発汗効果に加えて、
アロマテラピー効果も期待できますね


        
フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★


  

| ホーム |


 ホーム