リンク

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
みどりんです

気がつけば、もうすぐ12月
毎年、一気に大掃除を始めて、片付かず疲れ果てる新年・・・
今年こそ、早いうちからコツコツと、無理なく楽しくやりたいです♪
宣言したら、頑張れそう!

                    

さて、今日は12月イベントのお知らせです。
工藤建設のフローレンスガーデンの完成宅見学会が行われます

フローレンスガーデンの特徴はなんといっても、
2×6工法高気密高断熱地下室付住宅 

では、2×6工法ってなんでしょう?

フローレンスガーデンのHPによると、
http://www.florence-garden.com/fg1/seino.html
「家全体を4面の耐力壁(垂直面)と床・天井(水平面)の計6面で構成するボックス型構造のため、揺れや衝撃などの外部からの力に対して6つの面でバランス良く吸収・分散させ、圧縮や引っ張り、ねじれなどの力を最小限に押さえることができるのが特長で、日本では頻発する地震や台風などにも強さを発揮します」とのこと。

地震や台風に強いというのは、とっても頼もしいですね!!!

そして、壁圧も2×6工法は、2×4工法の約1.5倍なのだそう!
2by6-image2.jpg



でも、頭の中ではなんとなくわかったように思えても、実際のところ
2×4工法の1.5倍ってどのくらい厚さなのかはイマイチぴんと来ません・・・
耐震性に優れているというのも実際に目で見ながら詳しくお話を聞いてみたいし・・・と
気になるところはいっぱい!!!

だからこそ、
完成宅見学会に参加して
お住まいの方から住み心地を直接聞いたり
工事担当の方にも納得行くまで質問ができるっていうのは
マイホームを考える上でとってもうれしい体験です。


過去の完成宅見学会の様子をご紹介しますね♪


DSC04324-1.jpg
ご家族みなさんで参加される方が多い見学会。
前回の開催時も予約でいっぱいでした!


見学会はお施主様のご協力で工事中のおうちを見せていただくのですが、その方たちも
「私たちがフローレンスガーデンに決めた時も、
他のお宅の上棟現場を実際に見せていただいたから、そのお礼に」
「多くの人の目で納得できる工事だと認めていただけるのはかえってうれしい!」
というお声もたくさんいただいているそうです。

なんだか、温かい社風が伝わってくるようですね。



今回の完成宅見学会は・・・
12月4日に開催予定です。
11:00~と14:00~の2回に分けて行われます。


完全予約制で限定8組とのことですので、ご希望の方は事前にご予約を。


ご予約や詳細、フローレンスガーデンへのお問合せは
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6 輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★

  
                    

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

みどりんです
工藤建設のフローレンスガーデンにお住まいになられて10年目の永嶋様。
ご自宅の地下室にバレエスタジオを作り、
バレエ教室「プティバレエサークル」を主宰しています。

前回、フローレンスガーデンを選ばれた理由や、
10年住んでみて高気密高断熱のよさなどの感想を教えていただきました。

それでは、永嶋様のバレエ教室をのぞいてみましょう。

地下室のバレエスタジオ
地下室1

壁半面が鏡張り。広さも確保されているので、バーレッスンもできるようになっています。

「地下室といっても半地下室なので、
地下室のバレエ教室入り口と1階自宅玄関が分けることができたのも大きなポイント。
プライベートスペース分けることができたので、
気を遣わず快適です!」
と、笑顔でお話しされていました。

ご自宅の地下がバレエスタジオなんて
自宅教室を開くことが夢の私には、うらやましい限りです

バレエ教室、Petit Ballet Circle(プティバレエサークル)は、
ご自宅のスタジオと、近所の公共施設を利用して、
幼稚園児からを対象に、基本を大切にし、個々の力を伸ばすレッスンを
平日(月~金)に行っています。

進級テストもあり、実力に応じたレッスンが受けられるのも特徴。
希望者はいくつかのコンクールに出場することもでき、
出場者には個別レッスンも行います。
現在生徒さんを募集されているそうで、
さらに不定期で大人向けのストレッチ教室も開催されています。

2010年10月に行われた発表会の画像です。
発表会1
発表会2

興味がある方はぜひ、お問い合わせしてみてくださいね。

              
お問い合わせ先
【Petit Ballet Circle(プティバレエサークル)】hp.jpg

町田市南成瀬
TEL:042-729-4995 

代表 永嶋久美子さん






              

        

フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★
  

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

みどりんです

工藤建設のフローレンスガーデンは、なんと言っても2×6工法地下室が特徴。
地下室イメージ(左:半地下室のイメージ画像)

地下室ってどんなふうに使っているの??
と思っている方必見!
今回は、地下室を有効に活用されている
町田市の永嶋様にお話しを伺いました。

              

永嶋様はフローレンスガーデンにお住まいになられて10年目。
ご自宅の地下室にバレエスタジオを作り、
バレエ教室「プティバレエサークル」を主宰しています。

まずフローレンスガーデンを選ばれた理由をお聞きしてみると、
「地下室を多く施工している実績から」とのこと。

家を建てようと思った土地が、道路との高低差がある場所だったそうです。

「この高低差を利用して、半地下室が作れるのでは?」と思い立ち、
地下室を施工しているハウスメーカーの情報を取り寄せて調べたり、
実際に見に行かれたりした結果、最終的に
地下室を数多く施工している実績と、
親身になってくれたフローレンスガーデン事業部の
スタッフの方たちへの安心感
から決められたそうです。

実際に10年住んでみた感想をお聞きしてみると、
「夏は外の気温が高くても、部屋中がすぐに暑くなることもなく、
冬にはとても温かく、床暖房だけでも過ごせるほどで、高気密高断熱を実感します」
とのこと。
また、2×6工法なので、「地震の時には大きな揺れを感じることがあまりない」そうです。


それでは、永嶋様のバレエ教室
Petit Ballet Circle(プティバレエサークル)
拝見したいと思います!

次回(11/18)へつづく・・・


              

        

フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★
  

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

お久しぶりです。ヒナコです

以前、横浜市青葉区、都筑区、港北区、緑区、川崎市麻生区、宮前区に住む
20代~40代のママたちに住まいに関するアンケートを行ったところ、
持ち家率はなんと約7割!
これは、全国の政令指定都市の中でも高いといわれる横浜市の平均56.1%
(総務省「平成15年住宅・土地統計調査」)をさらに上回る持ち家比率なんです。
そして、そのうち46%の方が戸建住宅に住んでいるという結果でした。

0717-1



マイホーム!
みんなどんな家に住んでいるの?
一生に一度かもしれない大きなお買いもの。
満足している?



そこで、今回は…
戸建て住宅に住む20代~40代のママたちに、
アンケートをとってみました

 回答者のデータ 

年代同居人数


子供の人数末子年齢


■現在のお住まいは?

現在のお住い


■築年数

築年数


■戸建住宅購入を考えた際、特に重視したことは?

重視した点

やはりなんといっても「価格」
素敵な家に住みたいけれど、予算があるのも事実ですよね。
次いで「耐震性や耐久性」
やはり信頼できるハウスメーカーに堅牢な家を建ててもらいたい!これにつきますね。

「その他」にあげられたのは、
駅からの距離、日当たりなどの立地条件や、周辺環境です。


■戸建住宅購入を検討し始めてから入居するまで、
  どのくらいかかりましたか?


入居までの期間


■現在のお住まいを建てた(購入した)時、
  工夫した点は何ですか?(いくつでも)


工夫した点

まず、トップは「間取り」
家族みんなが集まるリビングや、子ども部屋などを工夫した方が多いようです。
そして、「収納」「設備」と続きました。
そうですよね!収納ってとっても重要。
こだわりの間取りを生かすも殺すも、収納にかかっていると言っても過言ではありません!
そして、設備。長く使うものですから、こちらもこだわりたいですよね

「特にない」とお答えになったのは、大半が建売住宅にお住いの方々でした。
自分たちの好みや生活スタイルに合わせて建てられるのが、注文住宅のメリットですね


次回は、回答者の方々から聞いた
「こんな風に工夫しました!」「ココにこだわりました!」
という具体的なお話とともに、
実際に住んでみての感想をご紹介します。
お楽しみに!



        

フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★


  
みどりんです
先日、インドネシアのスマトラ島で大地震が発生しましたね。
ちょうど6年前の10月には、新潟で中越地震が起こりました。

ヒーターやホットカーペットが欠かせない我が家ですが
今もしも地震がきて、ライフラインが止まったら・・・!?
準備は万端ですか?

うちは・・・かなり心配になりました。。
そこで、非常時に必要なものを再確認してみました。

電気が使えないとなると?
・夜・・・。 真っ暗~!!
  灯りがあると少しでも落ち着きます。
  懐中電灯、電池、ろうそく、アウトドアなどで使うランタンなど用意。

・寒い…。 暖房器具が使えない!!
  温かな上着、靴下、フリースや毛布。
  使い捨てカイロも忘れずに。。
  いざというときには、サランラップでも寒さをしのげるそうです。

・冷蔵庫。 肉やら魚、冷凍食品が腐る~!
  乾燥している食品(パスタや素麺等の乾麺・米・インスタント味噌汁やカップラーメン、非常食など)
  我が家では、買い置きをしています。

・ご飯。 炊飯器が使えない~!
  お米と水、ガスコンロの火があればご飯はたけます。
  普段から、炊飯器ではなくガスなどで炊く練習をしておくと心強いです。
  また、ご飯だけでなく、お湯がわけば素麺やうどんなどもできます。
  
・テレビも使えず、携帯へ充電も難しい!
  情報を得るためのラジオや携帯電話
  携帯の充電もできないので、回して充電させるものや
  乾電池の充電器や乾電池も必須。

ガスがとまったら?
・料理ができない!
  火をおこせるように、お鍋用のガスコンロ、予備のガス
    
水道がとまったら?
・飲料水がなくなる。
  1日1人あたり、最低でも3Lの水が必要だそうです。
  また、3日ほどすると水などの供給も始まるとのことでしたので
  最低3日分の備えが必要。
  我が家は、4人家族。すると… 最低36L!
  2L入りの水のペットボトルを2ケース購入。(むむむ・・12Lたらない~)
  1年ごとに買い替えをして、押入れと納戸に収納しています。

・トイレは、どうすれば?
  アウトドアのお店では、携帯用トイレや非常時用のトイレなどの種類も豊富です。  
  また、以前消防署へ取材をしたときに、家のトイレをゴミ袋で覆い、用を足す。
  用を足した後に、新聞などで吸収させておけば匂いも気にならず、
  ある程度たまってきたら、交換するとよい、という方法を教わりました。
  なので、大きなゴミ袋も備えるようにしました。

  また、お風呂の水を汲み置いておくと生活水に使えます。

そこで、すぐに持ち出す非常時の持ち出し袋!(ブログ・地震への備えより
0406-3
・ペットボトルの水      ・アルファ米などの食料
・常備薬や救急医療品     ・懐中電灯
・携帯トイレ         ・防寒保温用アルミシート
・カイロ           ・軍手
・タオル           ・ライター
・筆記用具          ・オムツやミルク
・生理用品          ・ポケットティッシュとウェットテイッシュ


落ち着いてから持ち出す、非常用2次避難袋!

・1次避難時に持ち出せなかった水、食料(3日分)    
・着替え、防寒着(季節やサイズにも注意)
・ガスコンロ、予備のガス
・45Lのゴミ袋、電池、手回しの充電器。
・復旧のために必要となる、軍手やスコップ、ジャッキ など
家族にとって必要なもの、どこにあるかなどを話し合っておくといいのかも。
例えば、アレルギー食用の非常食や、赤ちゃんの家庭ではミルクやオムツ、おもちゃ、
ペットのいる家庭では、ペットフードなどなど。

0724-1
地震などの被害から、家族を守るために必要なことは、
・家の中の安全の見直し  ・家族の話し合い   ・食料や水、火、避難用品の準備
・携帯の充電器      ・トイレ準備など・・・
普段からイメージして備えておくことが大切なんですね


中越地震が起きたとき、避難した場所で一番多かったのは車内。
次に避難所、親戚宅。
そして自宅だったそうです。

「家を建てる」って、夢がいっぱい(うちの場合はローンもいっぱい)ですが、やはり、家の耐震性など、いざというときの堅牢さは最も着目したいところです。

フローレンスガーデンは、地震だけでなく、台風などの災害から守るシェルターという
住宅本来の役目を果たす事のできる堅牢な住まいを提供するために、
フローレンスガーデンでは2×6(ツーバイシックス)工法を採用。
0406-1

壁の厚さが、2×4よりもただ厚いだけではないんですって!
壁の断面図にしてみると、断熱材などの機能性があり、断熱や耐震性にも優れています。

20100412192126ec0_20101102111104.jpg
画像で見てみると、これだけの厚さの壁と断熱材。
耐震性だけでなく、高断熱・高気密を保てるのも納得ですね~。

工藤建設のフローレンスガーデンが、地震に強い秘密はコチラ!




        

フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★
  

テーマ : 家を建てる - ジャンル : ライフ

| ホーム |


 ホーム