リンク

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR


FlorenceGarden with ビタミンママ
ほぼ1000円カルチャーforママ


毎月さまざまな講座を開催している『ほぼ1000円カルチャー』。

今回はSalon de "Confort"主宰 笹島 ゆり先生の


クリスマスのテーブルを華やかに!
ワインといただくパーティーメニュー


IMG_7707.jpg
を、mikiがレポートします


「心地よい毎日」をテーマに、
フラワーアレンジメントとワインを楽しむ料理のサロンを主宰する、
笹島先生のお料理講座

テーブルにディスプレイされた
フレッシュリースとアレンジメントも先生の作品です


まずは、ワインのお話から
ワインエキスパートの笹島先生がチョイスしてくださったのは、
イタリア ピエモンテの赤ワイン
「バルベラ・ダルバ」

IMG_7716.jpg

先生の説明を聞きながら試飲。
香りや色、
最初の味としばらく時間をおいてからの味の違いも確認しました

試飲の後は、
お料理実習〜〜

ワインにピッタリのお料理三品を教えていただきました

  ジャガイモのニョッキ ブルーチーズと洋梨のソース

まずは、ニョッキづくりから。
ゆでたジャガイモを潰し、卵と粉類を入れて混ぜ合わせたら、
直径2センチの棒状にして、1センチ幅でカットすればok!
IMG_7732.jpg

次はソースづくり。
フライパンにバターを入れ洋梨を炒めたら、
ブルーチーズ、牛乳、生クリーム、パルミジャーノ等を入れ、
一煮立ちさせたら、ニョッキを入れて約3分煮ます。
IMG_7745.jpg


仕上げに、から煎りしたクルミとイタリアンパセリを散らせば完成〜〜!
IMG_7755.jpg
コクのあるチーズの味がたまらない、
ワインとの相性バツグンのニョッキです



 豚肉のオレンジ煮込み

豚肩肉を使った、おもてなしにもピッタリのメニューです。
IMG_7712.jpg

塩コショウをした豚肉をバターで焼いて、取り出した後、
鍋でニンニクをバターで炒め、
オレンジジュースや赤ワイン他調味料を入れて一煮たちさせたら、
焼いた豚肉を鍋に戻し蓋をして、140℃のオーブンで60分蒸し焼きにします。
IMG_7733.jpg

IMG_7767.jpg
鍋から肉を取り出し、
煮汁をとろりとするまで煮詰め、ソースに仕上げればできあがり!

お肉をスライスして、野菜をトッピング。
IMG_7771.jpg

色鮮やかなメインディッシュの完成です
IMG_7774.jpg


タマネギとコンテのアミューズ

レンジでチン!したタマネギに、
チーズ・塩・オリーブオイルをかけるだけの、簡単メニュー。
前菜として覚えておきたい一品です
IMG_7764.jpg



試食タイム

お料理とワインのマリアージュを楽しんでいただくために、
試食時にもワインを。
先生がみなさんにワインを注いでくださいました
IMG_7758.jpg

柔らかく仕上がった、お肉料理も大好評
IMG_7776_20151127091621f4a.jpg



ティータイム

試食の後は、ショールームへ移動してティータイム。
IMG_7779.jpg
フローレンスガーデンのショールームの床は
冬でも暖かい天然の木材
フローレンスガーデンスタッフの説明をみなさん興味深く聞いていらっしゃいました

わずか1000円で
ワインもお料理も楽しめてしまう、
とってもお得なほぼ1000円カルチャー


12月
今回教えていただいた
笹島先生による、お正月飾りをつくる講座など、
お正月前にぴったりの講座をご用意しています。



詳しくは  ビタミンママHP へ

みなさまのご応募をお待ちしています












  
工藤建設フローレンスガーデン
完成した住まいや
構造現場などを実際に見ることができる、

「暮らし方」&「現場」見学会

12月は6日(日)に開催です!

また、これからの季節に悩ましい、寒さ対策について、「健康」と「住宅」の密接な関係を、専門家がわかりやすく、面白くレクチャーしてもらえる、
【健康住宅セミナー】が工藤建設本社フローレンスホールにて12月12日(土)に開催!
講師は近畿大学建築学部で教鞭をとられている岩前篤先生です。
iwamaeseminer[1]


「体調がすぐれない、病気がなかなか治らない」と、お悩みの方、もしかして「家が寒い」と感じることはありませんか?
「家があたたくなると健康になる!」という観点から、暖かい家に暮らす価値をわかりやすく解説します。
参加費は無料! 
この機会にぜひ「健康と住宅」について考えてみましょう。

ご参加希望の方は
0120-045-910に、ご予約のお電話を!

最新のコンロを使った調理実演や、塗り壁体験、太陽光発電の相談ブースなどいろいろなイベントも同時開催されますよ

ぜひお気軽にご来場ください!

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/


  

11月8日(日)に、
【第9回オーナー様感謝祭】が開催されました

オーナー様感謝祭とは、
工藤建設フローレンスガーデンで家を建てた
「お施主様」をお招きして毎年開催されている、
年に1度のビックイベント


日頃の感謝をオーナー様に伝えたい!
フローレンスガーデンのそんな想いで始まった感謝祭も今年で10年目

例年恒例のふるまい屋台や抽選会、
子どもたちに設計や建設の職業体験を楽しんでもらう、
今年の目玉「キッザニアKUDO」、
などなど、みなさまに大好評〜〜

キッチンスタジオでは、
1000円カルチャーが開催されました

午前中は、
料理教室クオリア 主宰 小野先生の お料理&ワインの講座。

牛熟成赤身肉で作るローストビーフ
IMG_1108 のコピー

IMG_1113 のコピー

その他にも、
サーモンのテリーヌ、トリュフサラダを紹介していただきました。
IMG_1115 のコピー

試食は、上記3品にワイン付き
感謝祭ならではの、
スペシャルメニューでした


午後は、
Sakura bloom 主宰 長嶋清美先生のアイシングクッキー講座
IMG_1117 のコピー

先生手作りのクッキーに、
アイシングでデコレーションをして、
クリスマスプレゼントにピッタリのソリを作りました。
IMG_1121 のコピー

最後には先生手作りの
可愛くって、美味しいスイーツを試食
IMG_1119 のコピー

小さいお子様から大人の方まで、
幅広い年齢のみなさまに楽しんでいただきました


お料理やクラフトなど、
通常5000円の講座がなんと1000円で受講できる、
ほぼ1000円カルチャー。

詳しくは ビタミンママHP

12月のスケジュールは後日アップ予定です。
どうぞお楽しみに



  
師走にが近付くと気になるのが大掃除

キッチンの大掃除といえば、2大手がかかるポイント、換気扇やガスレンジが注目されがち

でも、まとまった時間がある時でないと手を付けられない
日々の雑事に追われていると、後回しにしがちですよね。

30分で、ある程度「ここだけは終わった」という達成感が得られる場所から手を付けていくと、大物に取り掛かるモチベーションにつながるかも
ということで、今年の“プレ”キッチン大掃除にしようと思っているのは…


①キッチン家電
yjimage[5]

我が家で気になっているのは電子レンジ。
汚れが気になるたびにちょこちょこ拭き掃除をしてはいるものの、水吹きだけでは取れないレベルの油汚れも
電子レンジ庫内のお掃除で試してみたいと思った手軽な方法は、
*使い古しのハンドタオルに水と酢を含ませ
*レンジに入れてチン。しばらく放置
*汚れが緩んだかな、と思ったらそのタオルで拭き掃除
汚れたタオルは捨ててしまえばいいので、あと片づけいらずです

②食器棚
yjimageZDND3VM2.jpg

汚れが気になる、というより、使っていない死蔵食器を断捨離して、すっきり使いやすい食器棚に甦らせたいです。
手が届きにくい奥や上段は死蔵食器の温床でもあるので、
*すべての食器を下して、棚を固く絞った布で拭き掃除→乾燥
*趣味でない食器や子供が小さい時使っていたベビー用食器なども思い切って断捨離
*古いプラスチックタッパーやキャラクターもののお弁当箱、使っていないものは捨ててスッキリ
*食器を戻したら、扉の表側もいキレイに拭いて終了

③ごみ箱yjimageG3FO9SQF.jpg

ここも細かい汚れがたまっているので
*外側、内側をアルコールスプレーを噴射して拭く。
*ごみ箱が設置されている床もお掃除
*中にキッチンペーパーや新聞紙などをひいて、万一ビニール袋がやぶれてしまったときに備える
これが終わった頃には、よし、換気扇に取り掛かるぞ、っという気持ちになっていること間違い無し、でしょう

皆さんも、すっきり清潔なキッチンで新しい年を迎えてるべく、一緒にがんばりましょうね


フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/


  
FlorenceGarden with ビタミンママ
ほぼ1000円カルチャーforママ


毎月さまざまな講座を開催している『ほぼ1000円カルチャー』。

今回は横浜市青葉区でパン教室 minnaを主宰する 吉永麻衣子先生

『ドデカフォカッチャとフライパンで焼く丸パン』

DSCN0667.jpg


を教えていただきました!

ご自宅でのレッスンのほか、イベントや雑誌、WEBなどで手作りパンのおいしさ、
手軽さを幅広い方々にお伝えしている吉永先生。

近年ではトースターで焼けるスティックパンも話題となり、
関連のレシピ本も人気となっています。


DSCN0617.jpg


この日教えていただいたのは
●ドデカフォカッチャ
●フライパンで焼く丸パン

どちらも混ぜるだけで生地ができあがる、お手軽レシピです

●ドデカフォカッチャ
材料は強力粉、イースト、塩、水、とたったこれだけ!
100円均一などで手に入る、900ml用タッパーに計量していきます。

DSCN0630.jpg

計量後、水を少しだけ残して、あとは粉類と混ぜていきます。
その際、ゴムベラだと粉がこぼれることもあるのでティースプーンで混ぜるのが
おすすめなのだそう。
タッパーの端に残った粉は、残しておいた水で落とし、混ぜ合わせていきます。

DSCN0635.jpg

参加者のみなさんのパン生地です。
今日はこのまま生地をお持ち帰り!
あとは家に帰って焼くだけでOK

このあとは先生があらかじめ仕込んだ生地で工程を進めていきます。
試食でできあがりの味も確認できます。

冷蔵庫で8時間以上寝かした生地に粉を多めに振り、
タッパーの側面をそっとカードで外します。
底面はくっついているので、タッパーを天板にひっくり返したあとは
自然に落ちてくるまでそのまま待ちます。

DSCN0639.jpg

落ちたら3つ折りにたたみ、オリーブオイルと塩をかけて
指で穴を開けます。
お好みでバジルやローズマリー、ベーコンやチーズをトッピングしても♪

DSCN0643.jpg

トースターなら1200Wで15分、オーブンなら200℃で20分程度焼いたら完成!
外側はカリカリでとってもおいしそう~

DSCN0657.jpg


●フライパンで焼く丸パン

DSCN0646.jpg

ボウルに強力粉、塩、砂糖を入れ、小さな器にイーストを入れ、水(牛乳)でしっかり溶かします。
ここで分けるのはイーストの溶け残りを防ぐため。
ゴムベラでまとめたあとは手で5分程度こね、ひとまとめにしてタッパーに移します。

DSCN0655.jpg

ここからはあらかじめ先生が用意して下さった生地を使って実践!
目分量で8等分に分けたら、断面を上にし、チーズとベーコンをトッピング

DSCN0660.jpg

本日はフライパンのほか、オーブンでも焼成。
同じ生地でもオーブンとフライパンでは仕上がりも異なり、フライパンではもっちりとなるんだそう

DSCN0668_2015111310503684f.jpg

コロコロと焼きあがった丸パン!
キッチンスタジオに香ばしい香りが漂う中、みんなで試食♡
「こねずに、洗い物も少なくおいしいパンが焼けるなんて嬉しい」「参考になる」など
自宅でも試したいという声がたくさん聞かれました。
DSCN0667.jpg

試食のあとはショールームに移動し、フローレンスガーデンスタッフも交えた
ティータイム
DSCN0675.jpg

工藤建設が手掛けたオーナーさんのご自宅や、実際の施工例などを
パネルにしてご紹介しながら、
おうちのこと、お庭のこと、吉永先生のこと、パン作りのこと…
話題は尽きず、笑顔があふれるひとときとなりました

自然素材をうまく取り入れ、気持ち良い暮らしができるフローレンスガーデン。
ほぼ1000円カルチャーは実際のキッチンやショールーム、モデルハウスなどで行うので
使い心地や居心地もしっかり確認できます

参加したいけど迷ってる…という方も、気軽にご応募くださいね!
11月もまだまだ受講者募集中です(^^)

詳しくはビタミンママHPまで!
  


そろそろお肌の乾燥が気になる季節になってきました
お肌には大敵の乾燥ですが、布団干しには最適
そこで、布団を干すのに適した季節ごとの時間帯や材質別の頻度をご紹介します。

季節別布団干しに適した時間帯
布団は湿気を吸いやすいため、湿気の多い早朝や夕方に干すと湿ってしまいがち。
特に冬は13時までに取り込むようにするとよいでしょう。
夏は午後の陽ざしが強すぎるので、色褪せや生地を傷める原因にもなるとのこと。
午前中の陽ざしを利用し、1~2時間干すだけで十分なのだそうです
※雨が降った当日・翌日は空気中の湿気を布団が吸ってしまうので、
避けるのが無難です。

春・秋:10~14時(陽ざしの具合により15時まで)
夏:10~12時
冬:10~13時(陽ざしの具合により14時まで)


reDSC_0143_20151109200426efc.jpg
布団干しに適した湿度の目安はおおよそ40%以下。カラッとした秋晴れの日がオススメです

材質別の干し時間&頻度
干す時間の長さは、季節の陽ざしの具合だけでなく
布団の材質によっても異なりますので注意しましょう
綿布団の場合、干すことで綿の湿気がなくなりふんわりとして、
寝たときの感触がよくなりますが、
炎天下で長時間干していると綿の油分がなくなり
バサバサになってしまうこともあるのだそうです
また、羊毛布団と羽毛布団の場合は、
風通しのよい日陰にときどき干すだけでも十分湿気は取れるそうですが、
1ヶ月に数回は天日干しするとよいでしょう

綿布団:1週間に1回~2回、3時間程度
合繊わた:1週間に1回、2~3時間程度
羽毛布団:1ヶ月に1回~2回、片面1時間ずつ程度
羊毛布団:1ヶ月に3回~4回、片面1時間半~2時間ずつ程度


さらに効果的なポイント
両面干し
天日干しすることによって太陽光の紫外線による殺菌効果が期待できますが、
その効果は太陽に当たっている表面だけだそう。
例えば1時間ほど干したら裏返すなど、
両面を干すように心がけたいです

シーツやカバーをつけて干す
直射日光で布団の素材が日焼け・色褪せするので、
シーツやカバーをつけたまま干すとよいでしょう。
布団に黒など濃い色の布やビニールをかぶせて干すと
直射日光をより吸収しやすくなるので、より早く高温になりダニも死滅
花粉が直接布団に付着するのも防げるそうです

取り込むときは表面のホコリをはらう
取り込むときは布団を叩くのではなく、表面のホコリをはらう程度にし、
その後、布団に掃除機をかけたり、
粘着テープでコロコロしてもよいでしょう

reDSC_0145.jpg
表面に付着した花粉やホコリ、髪の毛などは粘着テープでも取り除けます

短時間とはいえ、布団干しは体力勝負
ついつい先へ延ばしがちですが、
お天気のいい日は一念発起してがんばれば、
ふっくらした布団で気持ちよ~く眠れますよ

reDSC_0146.jpg
天日干しすることで布団の羽毛やわたの間に空気の層が生まれ、保温性も復活します

参考サイト
http://www.41210.jp/bed/2005/09/post_59.html
http://www.ofuton.info/f_hangout.html

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 


  


FlorenceGarden with ビタミンママ
ほぼ1000円カルチャーforママ

毎月さまざまな講座を開催している『ほぼ1000円カルチャー』。


 今回は、アンコンディション オーナー 石渡シェフによる

「アンコンディション」の秋のメニュー
茸のフラン・鮭と鶏のソーセージ

IMG_7620.jpg
を、mikiがレポートします


鷺沼のフレンチレストラン「アンコンディション」は、
フランスの三ツ星レストランで修行を積んだ石渡シェフのお店で、
管理栄養士と一緒に作るメニューが健康的で美味しいと評判です

教えていただいたのは
茸のフラン
鮭と鶏のソーセージ
サツマイモの焼き菓子

どれも旬の素材を生かしたメニューです

 茸のフラン

IMG_7580.jpg
茸をオリーブオイルで炒めたら、
IMG_7583.jpg IMG_7586.jpg
炒めた茸の半分と、牛乳、豆乳、卵をミキサーに入れてガーッと撹拌し、
塩コショウをして容器に入れ、蒸すだけでok!

IMG_7606.jpg
蒸し上がったら、
炒めた残りの茸などを使って盛りつけ。
石渡シェフの見本を参考に
みなさんもトライ!

IMG_7616_20151106104004518.jpg
美しい一品に仕上がりました


 鮭と鶏のソーセージ

IMG_7592_2015110610441344f.jpg
冷やしたボールに、
鶏ひき肉、鮭、こんにゃく、パセリ、塩コショウを入れて合わせたら、

IMG_7594.jpg
ラップで棒状にしばり、冷蔵庫で冷やします。

IMG_7612.jpg
その後、お湯でゆっくりと茹でて、
ラップをはずせば、
鮭と鶏のソーセージのできあがり〜〜

IMG_7617.jpg
さらに別鍋で作ったスープを加えて盛りつければ、
おもてなしにもピッタリのオシャレなお料理に


 サツマイモの焼き菓子

IMG_7571.jpg
柔らかくしたさつまいもを裏ごししたら、

IMG_7577.jpg
卵黄にグラニュー糖を入れてまぜ、
裏ごししたさつまいも、胡麻油、
薄力粉等を入れてまぜ、
さらに泡立てたメレンゲを加えてまぜたら、
型にながしてオーブンで焼きます。

IMG_7578.jpg

焼き上がったケーキは、
石渡シェフがマンゴーソースやレモンバームなどで
色鮮やかに盛りつけしてくださいました
IMG_7626_2015110611100409a.jpg
香ばしい胡麻の香りの、
ふわっふわのケーキは
頬張るだけで幸せな気分に
マンゴーソースをつけていただくと、
さらに酸味も加わって絶妙〜〜
参加者のみなさんからも大好評でした



IMG_7614_20151106111633c24.jpg
試食中には
管理栄養士の前田さんから
秋に大切な栄養と
今回のメニューで使用した食材についてお話をしていただきました


IMG_7630.jpg
デザートタイムでは、
工藤建設フローレンスガーデンスタッフも加わって楽しくおしゃべり
今回はショールームの窓について参加者から質問があり、
フローレンスガーデンスタッフが丁寧に説明する場面も
普段なかなか聞けない、
お家についての質問ができるのも、
ほぼ1000円カルチャーの魅力のひとつです


お料理やクラフトなど、
ママたちが楽しく楽しめる、
通常約5000円の講座が
な〜〜んと1000円で受講できる
とってもお得なほぼ1000円カルチャー。


11月も受講生を募集中です

詳しくは ビタミンママHP




  
秋の行楽シーズン到来
最近、『ドラえもん』のまんがを
熱心に読んでいる小学2年の息子のリクエストに応えて、
川崎市多摩区にある川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
行ってきました~なっつです

登戸駅から川崎市バスによる直行便
約10分間隔で運行していますが、
向ヶ丘遊園駅や宿河原駅からも徒歩15分ほど
梶が谷駅や溝の口駅から東急バスも出ているので、
工藤建設・フローレンスガーデンのあるあざみ野駅からも
アクセスしやすいです

入場チケットは完全日時指定制で、ローソンで購入できます。
ミュージアムでは販売していませんのでご注意ください

reDSC_0138.jpg
生田緑地に囲まれ緑豊かな場所。キャラクターバスにますますテンションが上がります


ミュージアムに一歩足を踏み入れると、
「ドラえもん」をはじめとするおなじみのキャラクターたちが
自由自在に飛び回っているような錯覚に
藤子・F・不二雄先生の手がけた原画を見ることができ、
子供はもちろん大人も「まんが」の楽しさを
懐かしく思い出し温かな気持ちになれるミュージアムです

reDSC_0115.jpg  reDSC_0116.jpg
冷水器やトイレ表示など、館内には遊び心にあふれた藤子キャラクターがいっぱい

展示室に入る際に渡される専用の音声ガイド「おはなしデンワ」は、
「ひみつ道具」をゲットした気分でちょっぴりワクワク
大人用と子供用がそれぞれあり、子供用ではクイズが出題されるみたいです。

息子が楽しみにしていたのは「Fシアター」
ミュージアムだけでしか観ることのできない
15分間のオリジナル短編アニメを観ることができます。
私たちが観たのは『コロ助のはじめてのおつかい』。
「キテレツ大百科」の愛らしい主人公・コロ助が
「ドラえもん」などのキャラたちと共演する場面は
ファンにとってはうれしいサプライズでした

そして、次は私のお楽しみ 「ミュージアムカフェ」です
作品にちなんだたくさんのオリジナルのメニューの中から
私が選んだのが「コロ助カルボナーラ」(コロッケ付き)
めちゃくちゃかわいくて、食べるのがもったいな~いと思いましたが…
クリーミーな濃厚ソースが細いスパゲッティーニによくからんでおいしかったです
コロッケ付きなのもうれしいポイント

息子は「ドリアもん」をチョイス
こんがりチーズとホワイトソースがたっぷり入ったドリアで、
ミネストローネとの相性も◎

reDSC_0126.jpg
コロ助のちょんまげは食パン、目はチーズ、鼻はプチトマトです

reDSC_0122.jpg
絵柄は期間限定。今回は原画展「のび太の日本誕生と時空の旅」のドラえもん

食後は自然を満喫できる屋上スペースを散策
「どこでもドア」や池を泳ぐ「ピー助」など、
フォトスポットがたくさんあり、
息子はあこがれの(笑)土管に入って大はしゃぎ

reDSC_0130_20151104114607f32.jpg
屋上は広々として開放的。芝生にはパーマン1号と2号が寝転んでいます

未就学児が安心して遊べる「キッズスペース」や
藤子・F・不二雄先生の作品を自由に読める「まんがコーナー」もあり、
大人も子供も一日中楽しめて大満足
「また来ようね」という息子の言葉に迷わずにっこり微笑み返しました

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 

  

| ホーム |


 ホーム