リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
ヒナコです
今日は「住まいに関するアンケート」結果のご紹介、第4弾をお伝えします。

アンケートに答えてくれたのは、
横浜市青葉区、港北区、都筑区、緑区、川崎市麻生区、宮前区で
戸建て住宅に住む20代~40代のママたち。

 回答者のデータ 


現在のお住い築年数


現在のお住まいの満足度は?

満足度

という質問に、80点以上と答えた方が約7割
みなさん、お住まいの満足度は高いようです。
住み心地の良い家、理想の暮らしを実現するため、
間取りや収納、住宅設備などさまざまな工夫をされた方も多いようですが、
それでも、実際に住んでみると「こうすればよかった!」
と思うことは、多少あるもの。
そこで、今回は「住んでみたら、意外と不便という声をご紹介します。


玄関にまつわる「意外に不便

20110208玄関家の顔ともいわれる玄関
玄関先でお客様の応対をすることも多いですよね。
建てるときは、リビングルームやキッチンに
重点を置いてしまいがちですが、
意外と玄関って大事



子どもがいると玄関にベビーカーや遊び道具などを置いたり、
靴を脱ぎっぱなしにしたりするので、もっと広くすればよかったと思います。
収納ももっと必要でした。



玄関の床に白のタイルを使用したら、泥汚れなどが目立って掃除が大変!

玄関を開けた時、外から中が丸見えに!
パジャマのまま家族を送り出す時に、困ります。


我が家は、玄関の正面にバスルームがあります。
お風呂上りに裸のまま子どもたちが脱衣所から玄関に出てくることもあり、
来客時に気を使います。




間取りやリビングにまつわる「意外と不便


0724-1_20110126101658.jpg

家族が増えたので、リビングが狭く感じるようになりました。
また、子ども部屋は、将来的に2部屋に分けられるようにしておけばよかったです。


義母と同居の話があったので、和室を独立して設けましたが、
予定が変わってしまったので、リビングを広げられるようにしておけばよかった。



家族が増えたり、予定が変わってしまったり…。
「生活スタイルの変化に
対応できる間取りにしておけばよかった」

という声が聞かれました。


3階建てなので、慣れるまで上下の移動が億劫でした。
その結果、移動しなくても済むようにリビングに何でも置く習慣がついてしまいました。
リビングにもたっぷり収納スペースを確保しておけばよかったです。


リビングと和室を仕切る戸が引き違いになっており
片側しか開けられません。
壁の中に全部の戸が収納できる引き込み戸にしておけば、
すべて開けることができ解放感があってよかったかも、と思っています。


リビングを中心にした間取りになっており、
キッチンや洗面室、和室、2階への階段などすべてリビングにつながっています。
便利な反面、開口部ばかりで壁がないので、家具を置くのに困ります。



家を建てる際一番工夫したと答えた方が多かった間取り
そして、家族が集まる場所であり、
お客様を招くパブリックスペースともなるリビングルーム
十分検討したはずだけど…


住宅設備にまつわる「意外に不便


コンセントや電話のモジュラージャックの数や位置は
もっとしっかり検討して決めればよかったと後悔しています。
生活スタイルが変わったり、部屋の模様替えをしたりする際、
テレビや電話、パソコンなどの設置場所が制限されてしまいます。


灯油の暖房器具を使っていましたが、灯油を補給するのが意外と面倒。
リビングにガスを引いておけば、ガスファンヒーターが使えたのに。


家屋ばかりに気を取られていましたが、
車庫のシャッターを電動にするのを忘れてしまってとっても不便!


室内物干しを後から設置しようと思ったら、
天井に補強をしなければならないため意外に費用がかかることが分かりました。
他にも、ビルトインの食洗機や駐車場の屋根など、
「後からつければいいや」と思っていたけれど、なかなかできないものなんだな…。



住んでみないとわからないことって、意外に多いですよね。
生活スタイルが変わったり、便利な設備が新しく登場したり
インテリアにも流行があったりして、
住んでいるうちに、「リフォームしたい!」
という部分も出てくるのでは?


ということで、次回は
「ココをリフォームしたい!」
「ココをリフォームしました!」

という声をご紹介したいと思います。


           


フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★


  

<< 地下室(グランドルーム)を利用した自宅ピアノ教室 | ホーム | 「エコ住宅に電気自動車を標準装備した工藤建設のEV付き住宅」がテレビ放送されました! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム