リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
100年定期借地権分譲地 【ガーデンヒル】が誕生しました!


え?定期借地権といえば、長くて50年では?そんなことを思われた方も少なくないのでは?
実は、フローレンスガーデン事業部では、
横浜市緑区北八朔町の土地に
なんと100年の定期借地権分譲地【ガーデンヒル】
を実現

長期にわたり街並みを維持する仕組みが評価され、
長期優良住宅先導的モデル事業(国交省)の「まちなみ住環境部門」に採択されました!


ガーデンヒルって???

神奈川県では初の試みとなる100年間の定期借地権による住宅地です。
地主さんから100年間土地を借り、
そこに6棟の耐久性の高いフローレンスガーデン(もちろん地下室付き)を
注文住宅として建築します!

ガーデンヒル


敷地内にはこのように、6軒の家を3軒ずつつなげて建築するため、
たっぷりの庭と駐車スペースが確保され、各家の日当たりもばっちりです!
統一された外観とおしゃれなパティオスペース。
はぁ…
夢のような暮らし。うらやましすぎます

さて、ガーデンヒルの素敵さをお分かりいただいたころで、
もう一度100年定期借地のメリットをご説明しますね。


100年定期借地のメリットは?

日本の住宅は平均約30年で建替えられるそうです。
でも、住宅ローンって、ほとんどは30~35年ですよね。
そうなると、やっとローンが終わったところで、
家の資産価値はほとんどなくなってしまうのです
ちょっと悲しいですね。

ここで注目したいのが欧米の事例
住宅が建てられてからの平均の年数は、米国では55年、英国では77年といわれており、
中には100年以上経ってもその美しさを保っているものもあります。

長寿命で資産価値の高い住宅が普及し、
何世代にもわたって、家を大切にしようという文化が生まれれば、
廃材資材削減にもつながり、地球にやさしいですよね。

でも
資産価値を上げるためには、個々の住宅の耐久性はもとより、
その街並みも重要なポイントとなります。

その例として英国で1906年に開発された
99年間のリースホールドによる街、「ハムステッドガーデンサバーブ」は
100年以上経った今もなお、美しい街並みを見せ、高級住宅地として人気があるそうです。

ハムステッドガーデン
100年以上の街並み「ハムステッドガーデンサバーブ」

そこで
ガーデンヒルは、100年の定期借地として、
その街並みとしての調和を守りながら、資産価値を高めようと計画されました。
土地は地主さんのものなので、住宅所有者は自分勝手に使えません。
その代わりみなで広い庭を共有することができます。
建物はそれぞれの所有なので自由に使えるし、将来売却することもできます。
そして将来にわたって資産価値が下がらないよう、
ホームオーナーズアソシエーションを設立し、
維持管理業者とともに維持管理に力をいれます。
この、「地主」「住宅所有者」「維持管理業者」三位一体の持続的まちづくりが評価され、
長期優良住宅先導的モデル事業(国交省)の「まちなみ住環境部門」に採択されたのです。


でも
ごめんなさ~い!すでに完売なのです

もっと早くこういう情報が欲しかったと思っていただいた方は、
ぜひフローレンスガーデン事業部に直接お問い合わせくださいね
毎週土日には無料相談会も行っています。

詳細はこちら
http://www.florence-garden.com/menubar/company.html

  

<< 100年定期借地権分譲地 【ガーデンヒル】! | ホーム | 梅雨時期の部屋干しテクニック >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム