リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
キューです
涼しくなったり、猛暑だったりと、この夏は特に天候不順な気がしますが、
みなさんお元気ですか?

天候不順といえば、先日ちょっと近所のコンビニへ買い物に出た時、急な雨に降られまして。
しかもそれがかなりの豪雨で…
いわゆる“ゲリラ豪雨”と呼ばれるものでしょうか、全身ずぶ濡れになって帰って来ました。
まあ、ずぶ濡れで済むくらいなら、ちょっとイラッと来るだけで大きな問題はないのですが、
時として大きな被害が出ることもある集中豪雨
今回はいざという時の備えを考えてみました



20100828-3.jpg


最新の気象情報を入手できるようにしておきましょう。
最新の天気予報をテレビ、ラジオ、携帯電話、インターネットなどでチェックしましょう。
NTTの177や気象庁のホームページなどでも詳しい情報を入手できます。
大雨警報や洪水警報が発表されたら、避難準備をしてください。


日ごろから危険な場所を調べておきましょう。
過去に水害や土砂災害のあった場所は特に警戒が必要です。
行政が公表している居住地域の洪水・土砂災害のハザードマップで
地域の危険個所を確認しておきましょう。
(国土交通省ハザードマップポータルサイトで確認できます。)
それを踏まえて、いざという時の避難場所や避難経路を家族で話し合うことも大事です。


0724-1



窓や雨戸など、家の外を点検しておきましょう。
それほど激しくない雨なら自宅待機もありえます。
窓や雨戸などから水が入らないように、壊れているところは修理しておきましょう。
玄関先には土嚢を置くとよいそう。
最近ではお年寄りや女性でも持ち運びが簡単で、
保管場所も取らない吸水性の土嚢が市販されています。
準備しておくと安心ですね。


状況に即して適切に避難しましょう。
避難勧告や避難指示が出ていなくても、危険な場所にいたり、
避難に時間のかかる高齢者や乳幼児、体の不自由な人が一緒の場合は、
早めに避難を始めましょう。
避難勧告や避難指示が発令された場合は速やかに避難すること。
その際、大雨で視界が悪かったり、浸水している場合もあるので、
落ち着いて非難することが大事です。
視界の悪い夜間に避難する時は特に注意しましょう。


非常用の持ち出し荷物を準備しておきましょう。
大きな水害では停電や断水のほかに、避難先で交通網や通信網が遮断され、
救助に時間がかかることも考えられます。
最低限の水や食料などを準備しておけば安心です。
(過去ブログ 「地震への備え」を参考にしてください。)


0406-3



            

大きな災害でも、日ごろの備えによっては、小さな被害で済ませられます
あらゆる事態を想定して、防災準備をしておきましょう




           


フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)



           
地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★

  

テーマ : 生活に役立つ情報 - ジャンル : ライフ

<< 住まいのアンケート「戸建て住宅を建てるなら」 | ホーム | 親子de食育&クッキング教室開催!参加者募集 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム