リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
あさがお
長い長い夏休み。
どーんと海外旅行にでも行きたいところですが、
この不景気、我が家にそんな予算はありません

テラス「暇だな~」
そんな時、庭に出て勝手に水遊びを始めた子どもたち。
そうだ!どうせなら、子どもたちに手伝わせて、
庭のテラスのタイルを掃除しよう!
我が家のまわりは、空き地だらけで、
タイルの目路には土埃がいっぱい。
年末の大掃除の時期は、寒いからと後回しに。
やらなきゃ、やらなきゃ、と思いつつ、ついさぼっていました。
デッキブラシでごしごし。
暑い夏なら、風邪をひく心配もないし、洗濯物もすぐ乾くから、
子どもたちがびしょ濡れになっても、
怒らずに済みます。


パパにお願いして、網戸もお掃除
網戸を外さなくても、窓を閉めて、
網戸に向かってホースの水を勢いよくかけるだけで、
十分きれいになります。
網戸の目にホコリがたまるので、角度を変えてまんべんなく洗うようにします。
窓も一緒にきれいになるので、一石二鳥。
打ち水の効果もあって、部屋には涼しい風が入ってきます。


ということで、夏の大掃除について調べてみました


夏の大掃除のおすすめは、カーテンやフローリング

カーテンは洗濯機で洗い、
そのまま吊るしておけば、すぐに乾いてしまいます。
しわもとれて、アイロンいらず。
乾くときに、周りの熱を奪ってくれる気化熱の作用で、
お部屋の温度も下がるんですって。

カーテンを洗うコツは・・・・
ホコリをはらってから取り外し、
ヒダ山に沿って畳んでからネットに入れ、洗濯機へ。
洗濯機で洗えるかどうか、洗濯表示を確認するのも忘れずに。

夏場は、フローリングがなんだかベタつきませんか?
水拭きして、できればワックスもかけたい。
夏なら、窓を開けっ放しにできるので、
換気もできるし、乾きも早いですよね。

フローリングを掃除する時は、ホコリを巻き上げないように、
モップやフローリングシートでホコリを取り除いてから、
掃除機で残っているホコリを取ります。
フローリングが変色したり、反り返ったりするのを防ぐために、
水拭きのぞうきんは、必ず固くしぼってから使うこと。

油汚れもすっきり

そして、もうひとつ夏の大掃除がおすすめなのはキッチン
気温が高いと、油汚れが落ちやすいんですって。
フッ素加工がしてあるガスレンジは、
熱いうちに濡らしたふきんで拭けば汚れは落ちるので、
お料理するたびにこまめに掃除するのが一番だけど、
気がつくと油汚れでベトベト。
油汚れ用の洗剤を使うなら、窓を開けたり換気扇を回すなどの、
換気を忘れずに。
傷がつくとフッ素がはがれるので、磨きすぎにご注意を。


ひまわり長い夏休みに、
家族みんなで協力して掃除すれば、
年末は少しゆっくり過ごせるかも


  

<< 重厚感ある煉瓦の家 | ホーム | 「住宅ローン、ちょっとの背伸びはいいかも?」vol.2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム