リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
今回は、フローレンスガーデンにお住まいになられて8年、
藤沢市のK様にお話を伺いました

まず、フローレンスガーデンを選ばれた理由を奥様にお聞きすると、

フローレンスガーデンは、数多くの地下室付き輸入住宅を手がけた施工実績があります。
限られた敷地の中でゆとりある住まいを建てたいと考えていましたので、
地下室付住宅の「1階と同じ大きさの明るい地下室」は魅力的でしたね。
同時に決め手となったのは、
担当してくださったスタッフの誠実な対応です。
私たちの住まいに対する考え方やイメージを具体的に提案してくださる技術力に、
安心してお任せできると思いました
」とのお答え。

地下室付住宅は、
総3階建住宅の1階部分の約2/3が地面に埋まったイメージ。
一定条件を満たしていれば、地下部分は建ぺい、容積率に含まれないので
通常の2階建ての1.5倍の広さまで建築可能なのです


では、K邸の地下室はどのように使われているかというと・・・。

dog01.jpg

まず、愛犬たちのお手入れをするための専用のトリミングスペース

というのも、Kさんご一家は大の犬好き。
小型のトイプードルとミニチュアプードル、
大型のスタンダードプードルと、全部で5匹のワンちゃんがいるのです

ホームトリミングは、ペットサロンにお勤めのお嬢様が行っています。

dog02.jpg

犬専用のスタンドドライヤーやカット専用テーブル、ドッグバスなど
設備は本格的。

ご近所の方から「お手入れの仕方を教えてほしい」と頼まれて
教室を開いたこともあるそうです。

dog03.jpg
ドッグバスは後からの工事。

地下室にはほかにご主人の書斎とピアノ演奏のできる部屋が。

実は、以前お住まいのマンションでは、ご近所に音が漏れるのを憂慮し、
一度はピアノを手放した奥様。
当初、ピアノを置いている部屋は、書庫として利用していましたが
フローレンスガーデンの地下室は明るく、遮音性や防音性にも優れているため
ピアノを演奏しても大丈夫なのでは?と
思い切ってまたピアノを購入されたそうです。

そして実際、夜遅くにピアノを弾いて、その効果を確認したとか

「ピアノに消音装置を取り付ける必要もなく
自宅で再び演奏を楽しむことができるようになり幸せです」

「グランドルーム」で諦めかけていた夢を現実できたんですね

プラスαの空間で
ご家族がそれぞれに充実した自分の時間を楽しむことができ、
生活の幅が広がったという、ステキなK様ご一家でした。


                     

  
フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)



                    
  

<< 「ほぼ1000円カルチャー」はじめます! | ホーム | 長津田みなみ台でイタリアンブッフェ パスティ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム