リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
家選びや、家づくりをするとき、女性なら必ず重要視するのがキッチン
毎日3食のご飯を作るんですもの!キッチンにいる時間って、意外と長い。
お料理があまり得意でない私にだって、「キッチンはこうしたい!」という希望があります。

さて、「理想のキッチン」とは?


キッチンのスタイル

キッチンのスタイルには、オープン、セミクローズ、クローズの3つのスタイルがあります。

対面式キッチン

ちなみに我が家は、セミクローズタイプ。
ダイニングに面したカウンターの上がオープンになっていて、
キッチンにいても子どもたちの様子が見えるので安心です
隠したい部分も、お客様からは見えないので、助かっています。
また、煙や匂い、油ハネなども、それほど気にならないのも
北側にお勝手口があるので換気はOKなのですが、採光はいまひとつなのが残念。


リビングやダイニングと同じ空間にキッチンを配置するオープンスタイルは、
今人気があるんだとか
お料理や後片付けをしている間も、家族と同じ場所にいられるし、
お客様が来た時もコミュニケーションが取りやすいのが利点ですよね。
ただ、キッチンが丸見えなので、いつもきれいにしておかなければいけないのが難点。
煙や匂い、油ハネも気になるところだけど、明るく開放的なキッチンは魅力的

リビングダイニングと独立してキッチンがあるクローズタイプ。
孤立してしまいそうで、私はちょっと寂しくなっちゃうかも。
でも、お部屋に生活感が出ないのは素敵
お料理に専念できるものいいですよね。


キッチンのレイアウト

I型キッチンⅠ型・・・シンクとコンロを1列に配置したシンプルなスタイル。
作業動線が長くなると、作業効率が悪くなります。



L型キッチンL型・・・シンクとコンロをL型に配置したスタイル。
作業動線が短く、効率的なスタイル。
洗い物をしながら火にかけたお鍋をチェック!
なんてメリットも。
同時に多人数で作業できますが、
コーナー部分がデットスペースになりやすいので、
工夫が必要


U型キッチンU型・・・作業動線も短く、
広いワークトップが取れます。
U型のため広いスペースが必要になりますが、
2か所のコーナーを工夫すると、
便利な収納スペースが確保できます。



アイランドキッチンアイランド型・・・シンクやグリル、作業台などを、
中央に独立して配置したキッチン。
かなり広いスペースが必要となりますが、
家族や友人など、多人数で調理が楽しめるタイプ。


我が家は、Ⅰ型タイプ。
カウンターに面してシンクやコンロがあり、
反対の壁にはカップボードとお風呂&洗面所への引き戸があります。
子どもたちが小さい頃は、家事動線が短く、
子どもたちの様子を窺いながら作業できて、便利でした。
kids最近は、上の子が小学生になり、
姉妹ということもあって、
「トマトを切ってみたい!」「卵を割ってみたい!」と、
お手伝いというより、邪魔をしにきます。
もう少し大きくなったら、3人でキッチンに立つ、
というのもいいなあ。
となると、オープンスタイルのL型、
またはアイランド型のキッチンが理想かも!



フローレンスガーデン オリジナルキッチン
詳しくはこちら

  

<< 理想のキッチンvol.2 | ホーム | 重厚感ある煉瓦の家 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム