リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
家探し、家づくりをするうえで、多くの女性がこだわりのあるキッチン。
理想のキッチン
今回は、キッチンの材質について。

キッチン2

我が家はシンクもワークートップも、ステンレス製
耐水性、耐熱性、耐久性に優れていて、お手入れもしやすそうだったので、
ステンレスを選びました
きれいに保つコツは、使用した後のひと拭き。
こまめに布巾で水分を拭き取り、
一日の終わりには、中性洗剤を使ってスポンジでささっと洗っています。
磨くとピカピカになるから、ステンレスって気持ちいい
きれいになった!っていうかんじが、わかりやすくて好きなんです
それでも、気づくと、白くくもっていることがあります。
くもるのは、水アカの取り残しだとか。
そんな時は、スポンジにクレンザーをつけて磨きます。
また、食べ残しの調味料の塩分や油分は、
さびの原因となるので、要注意
包丁や缶などを長時間放置しておくと、もらいさびの原因に。


インテリア性を重視するなら、
カラーコーディネートを楽しめる人造大理石も素敵ですよね。
以前は熱に弱いとか、シミがつきやすいとかで、
シンクには不向きだという印象でしたが、
最近は衝撃に強く耐熱性に優れ、変形変色しにくいものが、
続々と登場しているようです
シンク、ワークトップとも人造大理石なら、
継ぎ目がないので、お手入れがしやすくていいですよね。
スポンジに台所用中性洗剤をつけて、
円を描くように磨くといいそうです。

L型キッチン

昨年、田舎の別荘地に家を建て、スローライフを始めた義父母宅は、
私の憧れのホーローシンクを使用しています。
あのつるんとした質感が、高級感があって素敵
お手入れは、中性洗剤を使って、
ウレタンスポンジや柔らかい布で、洗います。
ホーローは固いので、食器を落として割ってしまったり、
お鍋などを強くぶつけて、ホーローを破損したりしないよう、気をつけなきゃ
義母は「私はおっちょこちょいだから
ワークトップは人造大理石にしていましたが、
御影石のワークトップだったら、欧米っぽくて、なおさら憧れてしまうなあ


さて、キッチンのインテリア性を左右するのが、
キャビネットやカップボード扉の材質

キッチン3

我が家は、耐摩耗性、耐薬品性に優れた高圧メラミン化粧板で、
ホワイトの鏡面仕上げの扉です。
採光がイマイチでお世辞にも広いとは言えない我が家のキッチンを、
ホワイトの扉は、明るく広く見せてくれます

ステンレスの扉も、スタイリッシュで素敵。
プロの調理台っぽいシルバーもかっこいいけど、
カラーバリエーションが豊富な塗装ステンレスもおすすめ
衛生面に優れているし、耐久性もいいですよね。

キッチン4天然木仕上げの扉も憧れちゃう。
高級感があり、インテリア性も抜群
使うほどに味わいが出てくるのも素敵。
オープンスタイルのキッチンなら、
絶対に天然木仕上げにしたいなあ。


「リフォームするなら・・」と想像するだけで、わくわくしちゃう
「理想のキッチン」を手に入れるまでに、お料理の腕も磨かなくっちゃ

フローレンスガーデンのオリジナルキッチン
詳しくはこちら

  

<< フローレンスガーデン+エネファームでエコライフ | ホーム | 理想のキッチン vol.1 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム