リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
今回のほぼ1000円カルチャーレポートはパン講座。
こだわりの素材で焼き上げるパンが人気の「もあ」より
三浦さんを先生にお招きしました!

P1030657.jpg

   パン・ド・カンパーニュ
フランスの食事用、田舎パンを基本に

ブルーチーズリュスティック
プチオリーブパン
グリッシーニ


を焼いていきます

P1030614.jpg

まずは先生が準備したパン・ド・カンパーニュの生地を
計量・成形していきます。

P1030618.jpg

今回ご参加の生徒さん達はパン作りを普段から
経験している方が多かったようで手元がプロ並

飛び交う質問も鋭いものばかりで、
とっても高度な講座になりました

着々とパンの成形が終わるとパンは順番にオーブンへ

P1030647.jpg

美味しいパンを焼くには1にも2にも
美味しい生地作りです。

と、いうことで焼きあがりを楽しみにしながら
時間をさかのぼって生地のお話

もあの美味しいパン作りを覗かせて頂きました。

P1030625.jpg

まずはパンの中種を作ります。
ここでしっかりと発酵させることで、あとの工程もスムーズになります。


それから、本捏。
パンチとは、発酵した生地のガスを抜く事。
たたみこんでいく混ぜ方です。

発酵で発生した炭酸ガスを抜いてイーストを活性化します。
パンチしている間、ずっとイースト菌は発酵し続けるので
その間どんどん糖分を食べちゃうのだそう。

つまり、生地はいじりすぎてしまうと、焼き色が薄くなったり
硬くなったり、元気のない生地になってしまうので注意です

P1030632.jpg

あっというまに三浦さんの手から
なめらかでやわらかーいパンの生地が誕生しました

生地でとにかく大事なのは、このもちもちっとした柔らかさですよ。
と、三浦さん。
この加減は職人の技ですね

P1030636.jpg

画像はブルーチーズリュスティックに入れるブルーチーズ。
グリッシーニに使う、エダムチーズとマリボーチーズ。
贅沢にいっぱい入れちゃいます

P1030635.jpg

チーズを生地に混ぜ込む際には練りこむのではなく
切り込むように、ざっくりとなじませていきます。

P1030643.jpg

こうすることで、具材の食感を壊さずに
生地になじませることができるのだそう。

秘伝の生地作りを見せていただいている間も
生徒の皆さんから質問が飛び交います。


そうしているうちに、パンが次々と焼きあがります~


P1030645.jpg

パンには特別にハムとトマトにモッツァレラチーズ。
また、もあで使用しているこだわりのバターをご用意くださいました。

そして、なんとお店でも味わえない特製ミネストローネまで

試食タイムは、とってもとっても豪華なパンランチになりました

パン作りのスキルアップを目指したい。
プロの技術を見たい方はもちろん
パン作り初心者の方。
美味しいパンが食べたい方も!!

きっと満足できるひと時になりますよ

10月のほぼ1000円カルチャーでも、もあのパン講座を開催します!
お申し込みはこちらから↓
http://www.vitaminmama.com/campaign/12958
ご応募お待ちしております!

さぶでした。

いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

<< for ママ「シェフに教わる手打ち生パスタ ~ピチ~」 | ホーム | 中秋の名月?仲秋の名月? >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム