リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
店頭にもクリが並んできましたね~
毎年クリを見ると「あ~、秋だな~」って、しみじみ思います。
ということは、そろそろお月見
今年のお月見はいつかしら??? と、主人に尋ねると
『ちゅうしゅうのめいげつ』で調べたら?」と、そっけない返事。

調べてみると
あら大変!「ちゅうしゅうのめいげつ」って
「中秋の名月」「仲秋の名月」とふたつある
一体どっちが正しいの~?


   ということで詳しく調べてみると
中秋は旧暦の秋(7月、8月、9月)の真ん中の日を指し旧暦8月15日のこと。
一方、仲秋は秋の真ん中の月を指す言葉で旧暦8月を指します。

昔中国では旧暦の7月、8月、9月の満月の夜に月見の宴を開いていましたが、
中でも8月15日の月が一年中で最も明るく美しいとされ、
特別に「十五夜」と呼んでいたそうです。
お月見はこの風習が日本に伝来し、定着したもの。
旧暦8月15日に月を鑑賞する風習なので「中秋の名月」と書くのが正しいようです
ですから、「中秋の名月=満月」とは限らないんですね~。

そして、「中秋の名月」を「芋名月」とも呼ぶのは、
この日に、すすきや秋の草花を飾り、
サツマイモやサトイモなど季節の農作物を神棚に供えたから。

余談ですが、日本独特の風習で「十三夜」というのがあります。
これは、旧暦9月13日の月が「十五夜」に次いで美しいことから、
旧暦8月15日の「十五夜」に対し、旧暦9月13日を「十三夜」と呼び、大切にしたもの。
徒然草にも「八月十五日、九月十三日は婁宿なり。この宿、清明なるが故に月をもてあそぶに良夜とす」とあります。

また、「十五夜」と「十三夜」の片方だけを観賞することは「片見月」といって避け、
同じ場所で必ず両方を鑑賞するものとされていました。
「十三夜」には、「後の月」「名残りの月」「栗名月」「豆名月」などの別名もあります。
昔はイモやクリ、マメなども主要な食料。
秋の収穫祭の意味合いもあった「十五夜」と「十三夜」は、
両方を祝ってこそ完全な祭りとされていたのです。

知っているようで知らないことがいっぱいのお月見。

今年の「十五夜」は9月30日(日)、「十三夜」は10月27日 (土)。
「十五夜」には15個のお団子と季節の作物を
「十三夜」には13個のお団子と季節の作物を供えて、
収穫を祝い翌年の豊作を願う昔の人の気持ちに思いを馳せながら、
きれいな月を楽しもうと思います

みなさんも、ぜひ2回のお月見を楽しんでください。


                     

  
フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)



                    

いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

<< forママ「もあのパン パン・ド・カンパーニュ」 | ホーム | 見どころいっぱいの見学会実施! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム