リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
今回は、フローレンスガーデンにお住まいになられて6年目の相川様にお話を伺いました。
内科専門医のご主人様と
看護師の奥様、3人のお子さん、奥様のお母様の6人家族です。

ご主人は、都筑区と青葉区の老人ホームへの往診も積極的に行い、
地域に密着した医療を提供しています。
また、市内でも数少ない血液内科の専門医として、
貧血など血液の病気の相談も数多く受けているそうです.。
  

バリアフリーを取り入れたご自宅は、1階がクリニックスペース、
地下と1階の一部、2階がプライベートスペースです。
aikawa04.jpg
先々のことを考え住居部分にはエレベーターも設置しました。

早速、ご自宅について伺うことに。
「クリニックを併設するので、清潔感の感じられる外観にしました」と、奥様。
aikawa_5.jpg
白を基調とした明るい外観は青空にひときわ映えていますね。

自宅とクリニックのスペースを確保するにはどうしたらよいかと考えていたときに、
ご両親から
「地下を利用すると、広々とした間取りが実現できる」と、
工藤建設を勧められたそうです。
家全体の延床面積が1.5倍となる地下室付きの住宅と、
高い耐震性や断熱・気密性が気に入り、
何より多くの施工実績が決め手になったそうです
「自宅併設のクリニックなので、
火災報知機ひとつとっても建築基準が一般家庭と違い、
分からないことだらけでした。
細かいところまでアドバイスしてくださる設計士さんの存在は心強いものでした。
条件に合わせ、希望にそった間取りになるよう丁寧に設計を進めてくださいました」。

aikawa01.jpg
「プライベートでは家族がそろい、
コニュニケーションをとれる間取りを一番大切に考えました」。
2階はリビング・ダイニングを中心に、
どの部屋にも光がふんだんに差し込む明るいつくりが、自慢だそうです


地下室は、お子さんたちの遊び場やご主人の部屋として利用しています。
自分の部屋を持つことが念願だったという相川様。
「私の書斎にと準備した部屋ですが、
子どもたちも居心地が良いらしく、しょっちゅう遊びにくるんですよ」。

aikawa_07.jpg
地下室といっても大きな窓もあり、明るいので友だちと遊ぶのにピッタリなんですね

aikawa02_convert_20121121151202.jpg
ご家族で過ごす時間が増えたことが、何よりうれしいそうです

aikawa_06.jpg

あいかわクリニック   院長 相川 真吾
  横浜市都筑区茅ヶ崎南5-4-17
  電話 045-479-7046
  センター南駅から徒歩で約5分

  http://www.ne.jp/asahi/aikawa/clinic/index.html


aikawa_4.jpg
クリニックは、明るくゆったりした雰囲気。優しい家庭的なつくりです
                     

  
フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)



                    

いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

<< forママ「ワインに合うおもてなし料理」 | ホーム | for親子「親子で作る「もあ」のおともだちパン&メロンパン >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム