リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
ほぼ1000円カルチャー

今回は やさしい薬膳料理教室 主宰:鈴木仁美先生による

秋の食養生 
秋刀魚のおろし煮・貝柱と季節の鎌倉野菜サラダ


IMG_2006.jpg

を、レポートします


   まずは、薬膳についてのレクチャー。
IMG_1948.jpg
薬膳とは、
「中医学理論」に基づいて作られた料理で、
その目的は疾病の予防、病気の回復、そして健康を保つこと。

「秋に身体を整えることは、冬を元気にすごす準備に。
乾燥が気になる秋は、食養生で身体に潤いを与えましょう。」

レジュメをもとに、先生が分かりやすく説明してくださいました


次に、
旬の食材をたっぷり使った、料理実習のスタート

秋刀魚のおろし煮
IMG_1951.jpg IMG_1956.jpg
さんまは3枚におろし、半身ずつ身の方に片栗粉をふり、
しっぽからロール状に巻き、ようじで止めます。
さらに沸騰したお湯で1〜2分弱火でゆで、ザルにあげます。


IMG_1963.jpg IMG_1985.jpg
だし、薄口醤油、みりん、さとうで味付けした汁を鍋でひと煮立ちさせたら、
さんまを入れ、弱火で6分ほど煮て、さんまを取り出します。
残った煮汁に大根おろしと水とき片栗粉を加え、とろみづけ。

IMG_2002.jpg
盛りつけた秋刀魚の上に、煮汁と薬味を盛りつけたら完成!



鈴木先生の講座の魅力は、
先生自ら鎌倉の市場で購入してくださる、
新鮮で美味しい鎌倉野菜をいただけること
今回も美味しそうなお野菜がたっぷり
IMG_1945.jpg

鎌倉野菜のサラダ
IMG_1982.jpg IMG_1987.jpg
サラダは、紫色のバジルを使ったドレッシングでいただきます



貝柱となすの梅みそソース
IMG_1957.jpg IMG_1990.jpg
フライパンで焼いたなすと、スライスしたほたてに、
梅肉と白みそ、かつおだし、さとうを合わせたソースをかけたらできあがり♪
梅みそソースは、何にでも合う便利なソース。
作り置きしておくと、いろんなお料理に活用できて便利だそうです


鶏ひき肉の団子とお豆腐のおすまし
IMG_1977.jpg IMG_2003.jpg
鶏むねひき肉と卵、塩、こしょうをよく混ぜ合わせ、スプーンで丸く形を整えたら、
沸騰したお湯でさっとゆで、
かつおだしの中に団子、豆腐を加えます。
オレンジ色のは金針菜
鉄分を多く含み、不眠にも効果があるといわれる食材です。


黒米のごはん
IMG_2004.jpg
白米に、ポリフェノールたっぷりの黒米を入れて炊き込みます。
ゴマをプラスしても美味しいそうです



黒ゴマのチェー(白玉入り)
IMG_1965.jpg IMG_2014.jpg
「チェー」は、ベトナムの伝統的な甘味のこと
白玉を、ココナッツミルク、砂糖、牛乳と黒ごまを入れて沸騰させ
片栗粉でとろみをつけた、温かい汁の中に入れたら出来上がり
甘くて温かいデザートは、
これから寒くなる季節に覚えておきたい一品です



全て完成したら、お楽しみの試食タイム〜
みんなで手を合わせて、
いただきま〜す
IMG_2011.jpg
実習の品とは別に、
ニンジンと木の実のあえものもプラス。
梅酢のみであえた、こちらも身体にやさしい味わいです。


受講生のみなさんからは

 身体に良い食材を食べることの大切さを教えていただきました。
   これからは家庭料理にも取り入れていきたいです
 新鮮な鎌倉野菜をはじめ、旬の食材がどれも美味しかったです
 おいしいだけでなく、見た目にも美しい薬膳料理を学べました。
   簡単なレシピだったので、すぐに家でも作ってみようと思います
 工藤建設の広いキッチンショールームが素敵でした

などなど、
また受講したい!というお言葉をたくさんいただきました

毎回大好評のほぼ1000円カルチャー。
12月講座へのたくさんのお申し込み、ありがとうございました
次回は2月に開催します
スケジュールは1月上旬に告知予定
ですので、お楽しみに
       

いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : お料理 - ジャンル : 趣味・実用

<< forママ「パティシエに教わるクリスマスケーキ・ブッシュドノエル」 | ホーム | カルチャー講師 懇親会 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム