リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
ヒナコです
2月も中旬になり、早くも鼻がむずむずしてきました。
今年のスギ花粉の飛散量は、例年の2倍、
少なかった昨年に比べると5倍!の大量飛散だとか

20130215-1.jpg



関東でも、すでにスギ花粉の飛散が始まっていますが、
ピークは2月下旬から4月にかけて。
例年より早い時期にピークがやってきて、さらにこのピーク期間が長いそうです


                  

厚生労働省によると、今や日本人の5人に1人、
およそ2500万人が花粉症なんですって。
また、子どもの花粉症も年々増えているようで、
5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%と、大人の発症率と変わらないそうです。

うちの小学生の娘たちは、姉妹そろって花粉症
上の子は特に目のかゆみがひどく、下の子はくしゃみ鼻水に悩まされています。
ちなみにヒナコは、くしゃみ鼻水、目のかゆみとトリプルパンチ
帰宅時には、玄関の外で花粉を払ってから家に入る、
洗濯物は部屋干し、窓はなるべく開けずに空気清浄器をフル稼働と、
花粉シャットアウトに努めているにもかかわらず、
花粉は家の中に入ってきます。
そこで、花粉症対策について調べてみました。


*外出時の対策*

外出時にマスク着用は必須ですが、
今年は3人分の花粉症メガネを購入。
意外にもカラフルでかわいいデザインのものがたくさんありました

20130215-2.jpg


コートは、花粉がつきやすいウールやフリースなどの素材は避け、
ナイロンやポリエステルなどのツルツルした素材を選びます。
花粉飛散のピーク時には、充電式のハンディクリーナーで
花粉を吸い取ってから、家に入るようにしています。


*住まいの対策*


外出先から持ち込んだ花粉のせいで、
家の中でまで、くしゃみを連発、鼻水ぐずぐずでは、気が休まりませんね
部屋の空気中に舞っている花粉は、
まず床に落とさなければなりません。
それには、加湿器などを使って湿度を上げるといいんですって
湿度を上げると、花粉が水分を含んで重くなり、下に落ちやすくなるそうです。
湿度が上がりすぎると、カビやダニの原因となるので、
60%くらいが目安です


家に入り込んだ花粉を除去するために、
この時期は毎日のお掃除を欠かさない方も多いと思いますが、
重要なのは掃除の仕方とタイミング
掃除機は使わず、朝一番にモップや雑巾を使って花粉を拭き取ります。
前日に持ち込まれた花粉が床に落ちているところを、
家族が家の中を歩いて花粉をまき散らさないうちに、
取り除いでしまうのです


鼻水や鼻づまりに効果があるユーカリやティートゥリー、ペパーミント、
目のかゆみに効くラベンダーやローマンカモミールなど、
花粉症に効果があるアロマオイルもおすすめ。

20130215-3.jpg


アロマポットで焚く、お風呂のお湯に垂らして入浴するほか、
マスクに1滴垂らす、濡れたガーゼに含ませ冷湿布にするなど、
さまざまな活用法があります。


少しでも快適に過ごせるよう、
工夫して、辛い季節を乗り越えたいですね



                     

  
フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)



                    


いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

<< forママ「もあ」のパンを生地つくりからパンドカンパーニュ | ホーム | forママ「 寒い季節においしい フライパンで焼き包子」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム