リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
こんにちは、あかりです

気温が上昇して、夏の暑さを感じる日も多くなって来ました

服装も身軽になり、とっても気持ちが良いですが、
気温が上がって湿度が高くなると、
お部屋がジメジメしてカビが生えやすかったり、
虫が出てきたりするのがイヤですよね

そこで今日は、アロマオイル、特に純度100%のエッセンシャルオイルを使った、
「ハウスキーピング、防虫対策」についてご紹介したいと思います

P5157125_convert_20130515143126.jpg
  
エッセンシャルオイル(精油)とは、
ハーブなどの植物の有効成分を抽出した揮発性のオイルです。

植物により異なる香りや成分を持っていて、
約300種類以上のエッセンシャルオイルが存在します

植物が持つ「香り」は心理的なリラックス効果も大きく、
ストレス社会と呼ばれる現代で大変注目を集めています

仕事上のストレスや職場での人間関係、家事や育児など、
たまには息抜きをしたいこともありますよね

そんな時、植物の持つ香りや成分を利用することができるんです

アロマポットやお風呂にオイルをたらして、のんびりと香りを楽しんだり、
美容のためにお肌のトリートメントを行ったり

P5157130_convert_20130515143154.jpg

でも、アロマオイルの効果はリラックスできることだけではありません。

アロマオイルの効能は、ハウスキーピングにも活用できます

その使い方をいくつかご紹介します

お掃除に
 アロマオイルの消臭、殺菌効果を利用してこんな使い方3つの例
 ・オイルを、床を磨く雑巾やシートに数滴たらします。トイレの拭き掃除にも使えます。
 ・掃除機のゴミパックに数滴落とします。
 ・オイルを使って手作り消臭スプレーを作ることができます。
おすすめアロマオイル・・・ティートゥリー/ラベンダー/オレンジ

P5157099_convert_20130515142923.jpg

お洗濯に
 ・洗濯物のすすぎが終わる直前にオイルを数滴落とします。
  殺菌効果があり、衣類や寝具に心地よい香りを広げることができます。
  色移りするアロマオイルにはご注意。
 おすすめアロマオイル・・・ネロリ/ラベンダー 

キッチンに
 ・まな板には、殺菌効果のあるアロマオイルを水道水で希釈して、スプレー。
 ・三角コーナーの臭いとぬめりには直接オイルを数滴落とします。
 おすすめアロマオイル・・・ペパーミント/レモン/オレンジ

虫除けに
 ・アロマオイルと精製水で虫除けスプレーを作って、部屋にスプレー。
 ・オーナメントにオイルを染み込ませて、クローゼットに。
 ・お茶のパックに、オイルを染み込ませた茶葉や花びらを入れ、キッチンなどに。
 おすすめアロマオイル・・・レモン/レモングラス/パチュリー/ベルガモット/ユーカリ/メリッサ

P5157114_convert_20130515142956.jpg

特に私がおすすめなのが、クローブのエッセンシャルオイルです
スパイシーな中に、バニラのような甘さもある香りです。

クローブは刺激が強いため、肌への使用には不向きですが、
ハウスキーピングにはとても便利に使えます

優れた防虫効果があるため、
夏にアロマランプでお部屋に香らせて使うと、
とても上質な虫除けになってくれます

柑橘系のエッセンシャルオイル
オレンジ・スイートやレモンとの相性が良く、
ブレンドして使うと虫除け効果抜群です

P5157119_convert_20130515143054.jpg

クローブには、カビの増殖を抑える特性もあります

このため、クローブを染み込ませたコットンをクローゼットなどに置いておくと、
衣類を虫から守ると同時に、カビの発生を防いでくれます

これから訪れる梅雨の時期にも重宝しますね

ぜひアロマオイルでのハウスキーピング、試してみてください



いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 片付け・収納・お掃除 - ジャンル : ライフ

<< スパイシーでコラーゲンたっぷり美肌をつくる薬膳カレー | ホーム | forママ「 カントリーマムの春色のスタンドアレンジ」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム