リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
こんにちは、あかりです

梅雨入りしましたが、雨が続いて家の中がジメジメすると、
カビの発生が気になりますよね
そこで今回は、カビ対策にスポットを当てて、ご紹介したいと思います

カビは、以下の5つの条件が揃うと発生します

栄養分(食べカスや衣類、木、プラスティックなど家にあるほとんどのものがエサに!)
酸素(カビも生き物なので、酸素が必要です)
温度(高めの気温を好み、20℃を超えると活発化します)
湿度(湿度が75%を超えると、活発化します)
時間(カビが成長し定着するためには、時間が必要です)

このうち、栄養分、酸素、温度は私たちが生活する上で取り除けない要素です。

よって、私たちがコントロールできるのは、
湿度と時間、この2つだけ、ということになります。

カビの活発化する湿度を作らないようにし、
成長し定着する時間を与えないようにすることが大切ですね

   カビには色々な種類があり、色もさまざまです

湿度90%以上を好むカビは、
クロカワカビ、ススカビなどの黒いカビと、
アカカビなどの赤褐色のカビです。
お風呂場でよく見かける黒いカビがこれです。

湿度80%以上を好むカビは、
アオカビなどの青緑色のカビと、
コウジカビなどの黄土色のカビです。
食品やハウスダストなどに分布しています。

湿度65%以上を好むカビは、
カワキコウジカビなどの橙色のカビと、
アズキイロカビなどの小豆色のカビです。
糖度の高い食品に発生することが多いです。

梅雨時期に多く発生するのは、クロカワカビ、ススカビなどの黒いカビ

カビは見た目が嫌なだけでなく、
放っておくと食中毒の原因になったり、
アレルギーや喘息を誘発したりする恐れがあるので、
きちんと対策をして防ぎたいですね

発生しやすい場所とその対策をご紹介します

・浴室(タイル目地、椅子や洗面器の裏、ドアのふち、排水口、シャンプーなどを置く棚)
浴室は、家の中で最もカビの出やすい場所です。
入浴後、カビの栄養となる石鹸カスや皮脂などの汚れをスポンジでこすり、
シャワーでさっと流します。
タオル等で水分を拭き取ったら、換気をすることが大切です。

・洗面所(収納棚の奥、洗面台周辺の壁、蛇口の周り、排水口)
洗面台でも石鹸カスや水滴は大敵。
使ったあとはタオル等で拭きとりましょう。

P6017165_convert_20130601220840.jpg

・キッチン(生ごみ入れ、排水口、冷蔵庫内)
水蒸気が発生しやすいので、調理中だけでなく、食器洗いのときも換気扇を回します。

・玄関
雨で濡れた靴や傘は、必ず乾かしてからしまいます。
一日中履いた靴は、ひと晩玄関に置いて熱を逃がしてから収納します。

P6017157_convert_20130601220718.jpg

・リビング・寝室(窓のサッシ、家具と壁の間、カーペット、押入れ、クローゼット)
ソファなどの家具が壁に密着しないよう、数センチ離しておきます。
観葉植物は風通しのよい場所に置きましょう。

・エアコン(エアコンの内側)
定期的なフィルターの掃除が大切です。

カビ取り専用のウェットティッシュや、
微生物を使った防カビ剤なども、
湿気対策と併用するとより効果的です


いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 片付け・収納・お掃除 - ジャンル : ライフ

<< forママ「 春のおもてなし料理 鶏肉入りたけのこご飯と鰆の菜種焼き」 | ホーム | 締め切り迫る!6/11「ほぼ1000円カルチャー」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム