リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
毎日、蒸し暑い日が続いていますね
人間は暑いと汗をかき、汗が蒸発するときの気化熱によって体温を調節していますが、
湿度が高いと汗が蒸発しにくいため、蒸し暑いと感じます。
気温と湿度から計算される不快指数というのがありますが、
75を超えると約半数の人が、80を超えるとほぼ全員が不快だと感じるんですって。
天気予報のウェブサイトを見ると、
ここ数日間、北海道と東北をのぞいて、日本各地の不快指数は75~85
日本の夏は、ホント蒸し暑い


梅雨時期から夏の間に大活躍するのが、エアコン
東日本大震災以降、特に夏の節電対策は必須ですので、
夏本番を迎える前に、エアコンの上手な利用方法を調べてみました。
   20130618-1.jpg


部屋を快適にするためにエアコンを使用する場合、
蒸し暑いから「除湿」、気温が高いから「冷房」などと、
使い分けをしていますか?
「空気を冷やして除湿をする」のは、
「冷房」も「除湿」も、どちらも同じだそうです。

空気が蓄えられる水分量は、空気の温度によって決まっていて、
温度が高くなるほど多くなり、
空気の温度が低くなると、空気中にいられなくなった水分が水滴となります。
飽和水蒸気量・・・なんて、理科で勉強しましたね。
エアコンも、この性質を利用して空気中の水分を取り除きます。

空気の温度と湿度を大きく下げるのが「冷房」で、
空気の温度をできるだけ下げずに、湿度を下げるのが「除湿」の機能です。

「除湿」には、「弱冷房除湿」「再熱除湿」の2つのタイプがあります。

「弱冷房除湿」タイプは、空気を冷やして除湿して、
冷えた空気をそのまま部屋に戻します。
弱い冷房をかけているのと同じ状態です。

「再熱除湿」タイプは、空気を強く冷やして除湿し、
冷たくなった空気を再度暖めてから部屋に戻します。
エアコンによって、「弱冷房除湿」「再熱除湿」のどちらかのモードを採用していますが、
機種によっては切り替えできるものもあるそうです。



ということで・・・


除湿量が高いのは、
1位「冷房」、2位「再熱除湿」、3位「弱冷房除湿」

吹き出し温度が設定温度に一番近いのは、
1位「再熱除湿」、2位「弱冷房除湿」、3位「冷房」

コストが安いのは、
1位「弱冷房除湿」、2位「冷房」、3位「再熱除湿」

だそうです!


20130618-3.jpg


カーテンやブラインドで窓から入る直射日光を遮る、
エアコンをつける前に、窓を開けて部屋の熱を外に逃がす、
扇風機を併用する、
室外機に直接日が当たらないように日陰を作る、など
ちょっとした工夫で、節電につながるそうですよ。
エアコンの機能と仕組みを知って、
上手に利用し、快適に夏を過ごしたいと思います


                     

  
フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)



                    


いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

<< ワインビストロDaiの野菜と鮮魚のカルパッチョ | ホーム | パティシエに教わるケーキ 季節のフルーツタルト >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム