リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
こんにちは、あかりです

夏日が増えて暑くなってきましたね

こんな時は、お部屋のインテリアカラーを変えて、
涼しげな雰囲気を演出してみるのはいかがでしょうか

住空間のカラーは、
ベースカラーメインカラーアクセントカラーの3つで構成されています。

その配分のルールを知っておくと、
色を決めるときに迷わずにすみますし、
すっきりとした印象のお部屋にできます


   ベースカラー
 ベースカラーとは、全体の70%程度を占める色です。
 天井や壁、床などの色を指し、配色の中心となります
 気軽に変更できない部分なので、淡い色や自然な色など、
 多くの人が心地よく感じ、部屋が狭く見えない色を使うことが多いようです
 天井や壁が淡い色の場合、床を濃い目の同系色にすると落ち着いた雰囲気、
 床も淡い色で統一すると、明るく開放的な雰囲気になります

メインカラー
 メインカラーとは、全体の20~30%程度を占める色です。
 カーテンなどのウインドウトリートメントやソファなどの大きな家具の色で、
 インテリアの雰囲気を決める主役です

P6187174_convert_20130618142805.jpg

 メインカラーは、家具が緑でカーテンが茶色など、色数が増えやすいですが、
 3色までに抑えるか、色調を統一するとすっきりまとまります

 P6187178_convert_20130618144451.jpg

アクセントカラー
 アクセントカラーとは、残りの5%程度を占める色です。
 クッションや絵画、植物など、小物類の色を指します

IMG_2081_convert_20130618143344.jpg

 お部屋に個性を加えるとともに、
 全体を引き締める効果があり、
 比較的はっきりした色を使うことが多いです
 インテリア全体にメリハリを与える重要な役割があるので、
 メインカラーとのバランスを見て選ぶのがおススメです
 アクセントカラーは気軽に変えやすい部分なので、
 季節や気分に合わせていろいろな色に挑戦してみたいですね
  

いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 雑貨・インテリアの紹介 - ジャンル : ライフ

<< 豆乳ロールと抹茶大納言ロール | ホーム | ワインビストロDaiの野菜と鮮魚のカルパッチョ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム