リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
8月に入り、ますます暑い日が続きますね  なっつです。
夏休みも半分ほどが過ぎましたが、
みなさんは夏休みと言えば何を思い浮かべますか?

海水浴昆虫採集肝試し……いろいろありますが、
私が真っ先に思い浮かべるのはキャンドルです。


キャンドル=クリスマスのイメージも強いですが、
キャンドルナイト(夏至と冬至の日の夜8~10時まで電気を消してキャンドルの光で過ごす活動)も
ずいぶん定着していますし、
わが家では夏休みに入るとキャンドル(ろうそく)に火を点す機会が多くなるのです


キャンドル

   まず、娘ふたりの誕生日が8月にそろってあるので、
バースデーケーキにろうそくの火を付けます
こちらは年々本数が増えるので(当たり前ですが)、
10歳を超えてからは、彼女達のイニシャルそれぞれのアルファベットキャンドルを用意して、
毎年使い回しています

庭で花火をするのも子ども達の夏休みイベントのひとつ
点火用の大きなキャンドルの出番も増えます。
このときに便利なのが、アウトドア用のキャンドル
熱に強く割れにくいブリキなどの容器に入っているので、
溶けたロウが流れ出さず周りが汚れません

なかでもオススメなのが、虫(特に蚊)が嫌うというシトロネラ配合の虫除けキャンドルです。
シトロネラというのは熱帯地域に広く生育するイネ科のハーブで、
香りがレモンなどの柑橘系に似た爽やかな感じなので
気分が上がります(個人差があると思いますが)
ガーデニング特にこの時期容赦なく伸びる雑草を抜かなくちゃ!っていうときも、
この虫除けキャンドルを点せば、ストレス半減です。

最近は、キャンドル専門店だけでなく、
大きなホームセンターのアウトドア用品売り場や
ナチュラル系の雑貨屋さんなどでも見かけるようになりました

私はシトロネラの香りが好きなので、庭だけではなく
の中でもこの虫除けキャンドルを使ったりしますが、
リビングでゆったりとくつろぎたいとき、
最近は蜜ろう(ビーズワックス)キャンドルにはまっています。
一般的なキャンドル(ろうそく)の原料はパラフィンという石油由来のものですが、
蜜ろう(ミツバチの巣を構成する「ろう」で、働きバチの腹部の腺から分泌されたもの)で作るキャンドルは、
煙が少なくススが出ません。
さらに空気中のホコリ、匂い、カビ、バクテリア、ウィルス、有害な化学物質などを
包み込んで床に沈下させ、空気を浄化するとも言われています。

と、エラソーにウンチクをご紹介しちゃいましたが
そんなことは知らなくても、
夕日のようなオレンジ色の炎と、
ほんのりと漂う甘~い香りに包まれるだけで十分
身も心もリラックスできちゃいます


キャンドル02


リビングに次いで、わが家でキャンドルの出番が多いのがバスタイム
特に夏は、汗だくで帰ってきた子ども達を
なるべく夕食前にお風呂へ、と思っているのですが……
“母の心子知らず”で、なかなかすぐに入ってくれません

そんなときは「お風呂にろうそく浮かべていいよ~」と言えばOK
ぬるめの湯をはった浴槽に、水に浮くキャンドルを浮かばせるだけで、
子ども達は喜びますし、
火を消さないようにおとなしく入ってくれるんです(実はこれが一番助かります)

「小さな子がいるので、キャンドルは危なくて……」というママも、
まずはキャンドルバスタイムから始めてみませんか?

もちろん、いくら水の上といっても火ですから、油断は禁物
キャンドルで癒やされたあとは、きちんと消火確認することも忘れずに~




   フローレンスガーデンへのお問い合わせ
   フリーダイヤル 0120-045-910

      受付時間 9:00~19:00 (定休日:水曜日)



いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 雑貨・インテリアの紹介 - ジャンル : ライフ

<< 夏野菜で健やかにフレッシュトマトと卵のエビチリソース | ホーム | forママ「 KARUTA風海鮮サラダ&野菜の飾り切り」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム