リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
あっという間に12月に突入しましたね~なっつです
この夏床をリフォームした友人Yさんのお宅へ
ようやく遊びに行くことができました

玄関を開けるとさっそく新しい木の香りがふわ~っと
こちらは築15年のマンションで、
和室とキッチン、浴室、トイレ以外はカーペット敷きでした。
数年前からカーペットの毛羽立ちや摩耗が気になっていたというYさん
そこで、玄関からリビングへ通じる廊下とリビング、ダイニングを
すべて無垢材のフローリングにリフォーム。

もともとインテリアもナチュラル系で統一された
カフェ風のお宅でしたが、
色がやや薄めのパイン材のフローリングで家の中が一段と明るくなり、
おしゃれ度もアップ

床正面

手作りワッフルとカフェラテをいただきながら、
Yさんに無垢材の魅力など
いろいろ聞いちゃいました
   Yさん宅はご主人小学生の娘さん幼稚園児の息子さんの4人暮らし。
子どもがヨチヨチ歩きの頃は、
家の中で転んでもカーペットだったから安心でしたが、
逆に、飲み物などをこぼされたときはサッと一拭き、という訳にはいかず
これがけっこうストレスで
同じマンション内でリフォームされるお宅が増えてきたのを機に一念発起

そして、せっかくリフォームするなら
今後も長く暮らせるよう、安心・安全な空間にしたいという願いから
無垢材へのこだわりがむくむくと
膨らんでいったのだそうです。

工事期間は、男性二人が朝から夕方まで作業して10日間ぐらい。
その間、廊下とリビング、ダイニングの床はすべてはがされていたので、
ダイニングセットやソファ、テレビなどをすべて和室に移動させ、
そこで過ごすハメに
それも今では貴重な思い出


ところで無垢材って
何の加工もしていない切り出したままの木材のことで、
天然無垢材も同じ意味で使われているようです。

それに対して、一般的に目にするフローリング(わが家も)に使われているのは
小さな木材を接着剤で何枚か貼り合わせた板の表面に
薄い木の皮を貼った集成材
無垢材より強度があったり、反り返りなどが生じにくいと言われています
使用される強力な接着剤にはホルムアルデヒドが含まれているケースがあり、
シックハウスの原因になると問題になっていましたが、
03年に「シックハウス防止」を目的に建築基準法が改正され、
現在は室内に使用しても安全な基準などが設けられているそうです


というわけで、無垢材はなんの加工もしていない木材全般のことを指します。
その中でフローリングに適した木の種類はたくさんあり、
大きく「広葉樹」と「針葉樹」の2タイプに分けられます。
「広葉樹」には、オーク(ナラ)、ブナ(ビーチ)、メイプル、チーク、タモ、ウォールナットなどがあり
重く硬いのが特徴です。
強度があり、傷が付きにくい材質で、縮みや反りが比較的少ないのが長所。


「針葉樹」には、スギ、ヒノキ、アカマツ、カラマツ、パインなどがあり
軽くて柔らかいため、歩行感や肌触りの良さが特徴です。

Yさんはサンプルで見たパイン材の素朴な風合いと、
年月とともに飴色に変化していくというお楽しみ感が気に入り、
パインに決定

ただ、カーペットをフローリングにすることによって
床の高さが5cmほど上がるので、
カーペットのままの部屋と廊下(フローリング)の段差を埋める木材と
玄関先端の傷がつきやすい部分には、堅くて強いタモ材を使用することに

床段差

写真ではちょっとわかりづらいかもしれませんが、
カーペットとパイン材の間に角度をつけたタモ材が1列入っています。
木目に節があるのもパイン材の特徴で、タモ材には節がありません

触ってみると、確かに感触が違いました
パイン材は柔らかくてより温かい感じ
 温かい

「無垢材は断熱効果が高く、体から熱が奪われないので、触ると温かく感じるのよ。
冬でも裸足で平気らしいので、暖房費がどれだけ節約できるか、楽しみだわ」

と笑顔のYさん
さらに、無垢の木には天然の調湿効果があり、
木材になった後も湿気を吸ったり吐いたりして呼吸しているので

夏場も足の裏がペタペタせず、サラッと快適だったそう

床向き

また、木材の向きを変えるだけで木目に変化が出るのもおもしろいですよね
廊下(写真手前)はブラウン系、リビング(写真奥)はオレンジ系に見えます。


こうしておしゃべりしている間も、
ず~っと穏やかな木の香りに包まれていました
家にいながらにして、まるで森林浴をしているような気分になれるのは、
木の香りに含まれる「フィトンチッド」という成分に、
抗菌・殺菌・鎮痛などの作用が含まれ、
心身をリフレッシュ&リラックスさせる効能があるから
、なんだそうです

どうりで~
Yさん宅が居心地よすぎて、すっかり長居しちゃいました


ちなみに、フローレンスガーデンでは床材として
含水率5%まで乾燥させた最適な無垢材のみ使用
しているので、
反り返る心配もなく安心です。
日々の暮らしをより安心・安全に過ごすためのリフォームをお考えの方は、
無垢材をはじめ漆喰や珪藻土など、自然素材にとことんこだわっている
フローレンスガーデン
になんでもご相談ください

フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910

受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

<< forママ「ソムリエに学ぶ普段の食卓に合わせるワイン」 | ホーム | エコ&ヘルシーなクリスマスパーティーメニュー >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム