リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR




3月だというのに風が冷たいですね
それでも気合いを入れてウォーキングに行っていますなっつです
ソチオリンピック女子フィギュアシングル・フリー決勝が行われた日も、
真央ちゃん(浅田真央選手)の演技に感動&号泣したあとに
ママ友2人とウォーキングして
腫れた目を指摘されてしまいました。

「最近、年のせいか涙もろくなったよね」
「私なんて毎日NHKの朝ドラ見て泣いてるよ」と盛り上がる一方で、
「私が泣いていると夫や子どもが冷やかすから思いっきり泣けないのよね」
「そうそう たまには一人で号泣してみたい」という不満も。
そして話題は涙活へ。
これは「離婚式」の発案者としても知られる寺井広樹さんが提唱しているもので、
意識的に涙を流すことによって心のデトックスを図る活動で、
頻度は1カ月に2~3分程度でいいそうです

とは言うものの、具体的にはどういう効果があるのでしょうか
調べてみました

DSC_0008namida.jpg

   人はストレスや疲れがたまると、眠れなくなったり、
疲れが取れなかったりします。
これは、昼間の緊張を緩めて心身を休ませる脳の副交感神経が
正常に働いていないから。
正常だと自然に心身はリラックス状態になります。
喜怒哀楽など感情の抑揚によって涙を流した場合も、
副交感神経が刺激され働きはじめるのでリラックス効果が高まり、
血液中のストレスホルモンを抑えてくれます
つまり、たくさん泣けば泣くほどストレスが解消され、
心がリラックスできるということです
また、ストレスがいっぱいたまっているときは呼吸が浅くなりがちですが、
泣くことで呼吸を整え、深く息を吸ったり吐いたりできるようになると、
筋肉の緊張がゆるむため血管も拡張し、
血流やリンパ液が全身を循環しやすくなるそうです


最近は、見知らぬ人同士が集まって、感動的な映像を見たり、
落語ならぬ泣語(なくご)の話を聞くイベントも開催されています。
女性だけでなく、男性の参加者も多いそうですよ。

ただ、いくら他人とはいえ人前で泣き顔をさらすのは恥ずかしい
だったら、めちゃくちゃ感動する映画を一人で観に行ったり、
DVDをレンタルして、家族が寝静まった夜中に家で観たりしたい
というのが私たちウォーキング主婦3人の意見となりました。
そこで、
① 今まで観た映画で一番感動した(泣いた)映画
② これから観て号泣したい映画

をそれぞれ挙げてもらうと……

Yさん
『火垂るの墓』(1988年)
自らの体験をもとに書いた野坂昭如の同名小説を、高畑勲監督がアニメ映画化。
戦争によって両親を失った幼い兄妹がたどる過酷な運命を描く。

戦争+子どもの組み合わせはズルイ 涙なしでは観られません。
『サクラサク』(2014年4月5日劇場公開予定)
認知症の父親と、家族を顧みず仕事に没頭してきた息子と
その家族の再生を描いた、さだまさしの短編小説を映画化。

さださんの小説の映画化は「精霊流し」「解夏」など、どれも泣ける作品ばかりなので今作も期待できるハズ

Mさん
『フィールド・オブ・ドリームス』(1989年)
W・P・キンセラの小説『シューレス・ジョー』を原作にフィル・アルデン・ロビンソンが監督と脚色を兼任。
野球を題材に、60年代をキーワードとして夢や希望、家族の絆といった、
アメリカで讃えられる美徳を描き上げたファンタジー映画。ケヴィン・コスナー主演。

父と息子の関係や、夢を忘れない男のかっこよさに感動した記憶が
『永遠の0』(2013年12月21日劇場公開)
百田尚樹の同名ベストセラー小説を、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズを手がけてきた山崎貴監督が岡田准一主演で映画化。
人生の目標を失いかけた青年とその姉が、実の祖父は太平洋戦争で特攻により戦死した
宮部久蔵という人物であることを知り、調べていくうちに戦後60年にわたり封印されてきた驚きの事実にたどり着く。

サザンオールスターズの主題歌を聴くだけで泣けてきます

ちなみに私は
『南極物語』(1983年)
南極観測隊が悪天候に阻まれ、やむなく南極の地に置き去りにしてきた
15匹のカラフト犬の生への闘いと、観測隊員たちの姿を描いた名作。高倉健主演。

犬が死ぬたびに泣いていて、タローとジローが生きていたラストシーンでは嗚咽が
『あなたを抱きしめる日まで』(2014年3月15日劇場公開予定)
イギリスでベストセラーとなったノンフィクションを原作に、50年前に生き別れた息子を探し続けた女性の物語を、『クィーン』のスティーブン・フリアーズ監督、名優・ジュディ・デンチ主演で映画化。アカデミー賞ノミネート作品。
母が子を思う気持ちが痛いほど伝わってきそう。しかも実話だなんて 号泣覚悟で観に行きたい映画です。

となりました。
他にも①では
『ニューシネマパラダイス』(1988年・イタリア
『タイタニック』(1997年・アメリカ
『海の上のピアニスト』(1998年・イタリア
『アイ・アム・サム』(2001年・アメリカ
『いま、会いにゆきます』(2004年・日本
などなど、挙げればキリがないほど。
中には、その映画音楽を聴いただけでジーンときちゃうものもあります。
こうなったら片っ端からレンタルして観るしかないっ
そんなとき、時間を気にせずに音と映像をより本格的に堪能できる
ホームシアターがあったらいいな、と思いませんか

シアタールーム


ただ、リビングや個室をホームシアターにリフォームするには、
遮光や防音、高性能スピーカー設置、湿度、照明などに注意する必要があり、
素人には難しいことばかり。
そこで頼りになるのがインストーラーさん
いわゆる音響や映像機器設置のプロの方々で、
ホームシアターをつくるにあたってのプランニングやアドバイスを行い、
設置してくれます(AV機器専門店や家電店などにいらっしゃる場合が多いです)。

ちなみに、フローレンスガーデンの地下室[グランドルーム®]なら、
あらかじめ窓などを小さくしておくだけで部屋全体を遮光することができ、
発泡パネルとコンクリートの壁に覆われているので防音性は抜群
そのうえ、コンクリートの内側と外側を発泡断熱材で断熱しているので
従来の地下室に比べ結露がしにくく、湿気にくい構造です。

しかも インストーラーさんの紹介もしているので、
いつでも相談できます。

家族で楽しめるのはもちろん、ときには一人で涙活もできる、
本格的なホームシアターが欲しいとお考えの方は、
フローレンスガーデンになんでもご相談ください。


フローレンスガーデンへのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-045-910

受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

<< forママ「アマンド・シュニッテンと、デザート2種」 | ホーム | forママ「ワインと楽しむ手打ちパスタ」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム