リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
クリスマスが終わると、気分は年末モード全開
せっかく飾り付けたクリスマスツリーも、
我が家では25日が過ぎるとすぐに片づけてしまいます。
12月初めから1月6日まで飾っておくのが欧米の習慣だと言いますが、
和風のお正月飾りを飾ろうと思うと、さっさと片付けたくなってしまうのです

1225-1

お正月飾りは、12月13日以降、31日を避けて飾ります。
12月13日は、「正月事始め」といって、お正月の準備を始めるのに縁起の良い日なのだとか。
31日を避けるのは、「一夜飾り」は縁起が悪いと言われているからです。

さて、「早く来い来い、お正月~」と歌いながら、
のんびり年末を過ごしたいのはやまやまですが、
我が家では、「大掃除」が全然終わっていません!
というより、まだ手をつけていないのです
12月って、なんだか忙しくありませんか?
年内に済ませておきたい用事が山のようにあって、大掃除なんてしている暇はありません。
冬休みに入ると、3度の食事を用意したり、
退屈する子ども達を公園に連れて行ったりしていると、日常のお掃除をするだけで精一杯。
さらに、今年は年末年始のお休みが短く、うちのダンナ様は30日までしっかりお仕事。
お手伝いは、期待できません

言い訳はさておき、今から家中ピカピカはとうてい無理なので、
これだけは最低限やっておきたい!というものをピックアップしてみました。

以前、「夏の大掃除」として、
キッチンやフローリングのワックスがけ、カーテンや網戸のお掃除は、
夏に済ませて置くことをおすすめしました。
なので、今年私が年末に済ませておきたいのは、

1.リビング
2.玄関


のお掃除です。

1225-2まずは、リビング
最初に、天井、壁、照明器具のホコリを、
高いところから低いところへと、
順番に取り除きます。
静電気でホコリをキャッチするハタキを使うと
便利ですよ。

照明器具は取り外せるなら、洗い流してしまうとスッキリします。
気になりながらも、普段はなかなか手が回らなかった巾木は、
ハケや小さいホウキでホコリを払い落してから、固く絞った雑巾で水拭き。
ずっと低い姿勢でいなくちゃいけないから、巾木のお掃除って意外と大変だけど、
今年は子ども達にお願いする予定です。
そして、フローリングに掃除機をかけ、
食べこぼしの上にホコリが付着してしまったところなど、
特にひどい汚れを、雑巾で取り除きます。
あとは、「ようい、ドン」なんて掛け声をかけて、
子ども達に、ざっと雑巾がけしてもらえば、オッケーかな

次は、玄関
まずは、玄関のタタキのホコリやゴミなどを掃除機で吸い取るか、
ホウキで掃いて取り除きます。
水に濡らした新聞紙を細かくちぎってタタキにまき、
ホウキでかき集めると、ホコリが舞い上がりません。
タイルなどは、固く絞った雑巾で水拭きします。
天然石など水拭きできない場合は、固く絞った雑巾で、
目地の汚れを取り除くだけでも、ぐっときれいになります。
あがりかまちの汚れも、きれいに拭き取っておきましょう。
玄関ドアも、しっかりと水拭きして土埃やホコリを落とします。
木製のドアなら、カラ拭きを。
時間に余裕があれば、下駄箱もきれいにしたいところです。
靴は陰干しし、下駄箱の棚を水拭きします。
いらない靴があれば、この機会に処分して下駄箱をスッキリしましょう


1225-3そして、お掃除以外に
毎年私が年末にしていることは、
古くなった下着やタオルを、
新調しておくことです。
新しいリネンで、新年を迎えるだけで、
なんだかとっても心地良い気分になりませんか?


大みそかの日が晴れていれば、お布団を干し、シーツや布団カバーを洗って、
よりいっそう気持ちの良い元旦を迎えられますね



  

<< 本年も一年ありがとうございました。 | ホーム | クリスマスの準備 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム