リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
築7年の我が家。
家自体はまだ築浅だし、設備にも特に問題はありませんが、
インテリアという点では、
そろそろリフレッシュしたい箇所もちらほら・・・。
フローリングの傷や、こっそり書かれた壁紙の落書き、
おもちゃをぶつけて傷になった建具も気になるけれど、
一番気になるのが、カーテン
我が家はお隣もお向かいもまだ空き地なので、日当たり抜群!
いえ、抜群すぎます
カーテンが焼けて、すっかり色あせしてしまいました
リビングの腰高窓のフラットシェードのカーテンは、
開けている時に折りたたまれている部分と、
日に焼けて色の抜けた部分とで、今じゃ、ストライプ柄のよう
麻の風合いが気に入って選んだカーテンですが、
リビングが道路に面した作りになっているので、
夕方カーテンを閉めて電気を点けると、外から丸見えです

ということで、今回はカーテンの選び方について、調べてみました

0115-1

カーテンを選ぶ要素としては、
1.機能
2.素材
3.色
4.テイスト

などがあります。

■機能
遮光、防炎、防カビ、防汚、消臭、遮音、UVカット、形状記憶など、
さまざまな機能を持ったカーテンがあります。

■素材
麻やコットンなどの天然素材は、おしゃれな雰囲気を演出し、
その風合いがとても素敵で、吸湿性にも富んだ素材ですが、
遮光性にかけ、しわになやすく日に焼けると色あせします。
ポリエステルなどの合成繊維は、しわになりにくく、
水洗いできるのでメンテナンスがしやすいのですが、
静電気が起きやすく、ホコリがつきやすいのが欠点です。

0115-2


■色
活動的で華やかなレッド
安らぎや優しさを与えるピンク
明るく元気を与えてくれるオレンジやイエロー
清潔な印象で心を落ち着かせてくれるブルー
爽やかで安らぎを与えてくれるグリーン
落ち着いた雰囲気のブラウンやベージュ
クールでスタイリッシュな印象を与えるグレー

カーテンの色は、お部屋の雰囲気を左右するもっとも大きな要素です。

■テイスト
ナチュラル
クラッシック
モダン
カジュアル
ベーシック
トラッド
エレガンス

壁紙やフローリング、家具などの色やテイストと調和のとれた
統一感のあるものを選びます。


カーテンを選ぶ際には、
どんなお部屋にしたいか、どの部屋に使うのかなど、こだわりやその目的を明確にします。
そして、これらの4つの要素をバランスよく取り入れると、
失敗しないカーテン選びができますね


次回は、カーテンのスタイルや、サイズなどについて、
お話したいと思います


  

<< カーテンの選び方Vol.2 | ホーム | 住まいの乾燥対策 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム