リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR


明けましておめでとうございます
今年もフローレンスガーデンの魅力や、
住まいや暮らしの情報を
たくさんお伝えしてまいりますので、
よろしくお願いいたします


年末に子どもたちが相次いで
インフルエンザにかかってしまいましたなっつです
そして私も1週間以上、喉と体のふしぶしの痛みが治まりませんでしたが、
自力でどうにか復活
今になって思い返すとアレもインフルエンザの症状だったんでしょうね
皆様くれぐれもお気をつけください。

そんなわけでお正月の準備もままならず
しめ飾りと鏡餅をぎりぎり12月28日に飾るのが精一杯の状態で
新年を迎えてしまいました。

reDSC_0038.jpg


   ぎりぎり、と言いましたが、鏡餅を飾る時期については、
その昔、末広がりで縁起の良い「8」がつく28日
餅をつき、その日から飾り始める家が多かったため
28日でOK

しめ縄やしめ飾りを飾る時期については特に決まりはないようですが、
最近ではクリスマスが過ぎた25日以降で、
「二重苦」を連想させて縁起が悪い29日と、
一夜飾りと言われる31日を避け
25~28日に飾るのが良いようです

飾る時期はクリアできたものの、毎年悩むのが外す時期
「松の内を過ぎたら外す」と言われていますが、
そもそも地方によって
「松の内」(正月の松飾りを飾っておく期間)を指す期間が異なり、
関東では1月7日まで、関西では1月15日までのことが多いそうです。

このあたりでは7日に外すのが妥当かと思われるのですが、
わが家の悩みはこれ

reDSC_0040.jpg


左右に広がる稲穂がさみし~い感じになっているのがわかりますか?
毎年なぜか三が日の間にスズメ
玄関にあるしめ飾りの稲を食い散らかし、
フンをしていくのです

不思議なことに大晦日までは手を付けない、
礼儀をわきまえたスズメたちなので、
怒ったり追い払ったりする気にはなれません

ただ、そんな貧相な飾りを7日まで飾っておくのがちょっと…
と思っちゃうんです。
ちなみに、外したお飾りは
15日頃に行われる左義長(どんど焼き)で焼いて、
正月行事にひと区切りつけます。

わが家の近くにある大きな公園でも毎年、
自治会主催のどんど焼きが15日前後の日曜日に
行われるので助かっていますが、
ない場合は神社に納めてくださいね。
青葉区と町田市にまたがる「こどもの国」でも
1月12日にどんど焼き
イベントが行われるので
お飾りや書き初めを持って遊びに行くのもいいかも

ひと区切りつける前に
忘れてはいけないお正月行事がまだあります。

1月7日 七草粥
「人日の節句」という五節句のひとつ。
この日の朝に春の七草を入れた粥を食べると、
1年間病気にならないと
言われています。
お正月のご馳走で疲れた胃腸をいたわる効果も。
最近はスーパーなどで少量ずつの七草セットが売られているので
気軽に作って食べられるようになりました

reDSC_0048.jpg

春の七草は、せり、なずな、
ごぎょう(ハハコグサ)、はこべら、ほとけのざ(タビラコ)、
すずな(カブ)、すずしろ(ダイコン)

と辛うじて覚えていますが、残念ながら
せりとすずな(カブ)、すずしろ(ダイコン)以外
見分けがつきません

1月11日 鏡開き
1並びのゾロ目で縁起が良い日とされるこの日に
鏡餅を開き、年神様をお送りします。
年神様の拠り所だった鏡餅をいただくことで
その力を授けてもらい、無病息災を祈るのだそうです。


1月15日 小正月
昔はこの日をお正月としていた名残で、
元日を「大正月」、15日を「小正月」と呼ぶようになりました。
小豆粥を食べて無病息災を祈ったり、
柳の木に紅白のお餅をつけた餅花(まゆ玉)を飾って
豊作を祈願します。

「松の内」に忙しく働いた女性をねぎらう休息日として
「女正月」とも呼ばれています。
恥ずかしながら小豆粥は作ったことも食べたこともないので、
今年はチャレンジしてみようかな

さらに 長年モヤモヤしていた疑問
「年賀状はいつまで出せるのか?」
ここでスッキリさせましょう。

年賀状三が日以内に届けるのが一般的ですが、
しめ飾りを外す時期と同様
「松の内」(関東では1月7日まで、関西では1月15日まで)なら許容範囲
それ以降は普通のはがきで「寒中見舞い」を出すのが良いようです
「寒中見舞い」は年賀状の返礼のほか、
喪中の人への挨拶などにも使えますが、
出せる時期は2月4日の立春までとなりますので、お気をつけくださいね

※追記 街中で見かける郵便ポストの年賀はがき専用投入口も、
1月8日には通常のはがき・手紙用に戻っていました。


知っているようで知らなかった一連のお正月行事をおさらいし、
気持ちも一新 家族の健康を祈願しつつ、
今年も楽しみながら家事にいそしみたいと思います


フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 


いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

<< テーブルを飾るお正月アレンジ | ホーム | forママ「炊飯器で作るローストビーフ」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム