リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
朝起きるのがつらい季節ですね。


この季節、悩むのは気温が下がった朝に、カーテンを開けると窓が結露でビッショリ・・・。
嫌ですね~レースのカーテンが窓にくっついてそのままにしておくとカビ臭くなります。

そんなときは、とにかく窓ガラスを乾いたタオルでふいて、カーテンを乾かす。その繰り返しです。

結露とはなぜ発生するのでしょうか?
結露防止対策をする前に、敵を知る必要があります。結露がなぜ発生するのかを簡単に調べました。

   空気の中にも水分は含まれています。湿度○○%というのは、空気中に含まれる水分の割合を表しています。
湿度が高いと、ジメジメして空気が重い感じがして、洗濯物も乾きにくい・・・。
それは、空気中の水分が多いからです。
温度によって、空気中に含めることのできる水分(水蒸気)の量が違ってきます。
温度20度の場合、最大含めることのできる水蒸気の量(湿度100%)は17.5mmHgですが、温度10度の場合は10mmHgとなります。
温度が低いと、含めることのできる水蒸気の量が少なくなります。
この差が、結露の原因となります。

結露は簡単にいうと、冬の日に暖房によって室温20度に保たれた室内の空気が、外の気温5度で冷やされた窓ガラスに接していると、空気の温度が下がります。そうすると、空気に含めることのできる水蒸気の限界量が減ってしまいます。
温度の低下により空気に含めることができなくなった水蒸気は、空気から溢れ出て水となってしまいます。その水がガラスに付着・・・。結露の発生です。
湿度が高ければ空気中の水蒸気の量が多いので、温度が下がった時に溢れ出る水の量も多くなってしまいます。
極端にいうと、湿度0%の場合はどんなに空気の温度が下がっても、溢れ出る水蒸気はないので結露は発生しません。

つまり結露は、「温度」「温度差」「湿度」などが原因で発生してしまいます。
これら、「温度」「温度差」「湿度」をコントロールすることで結露防止できるのです!

1) 結露防止対策 「お手軽編」
換気
除湿
暖房器具の見直し
家具の配置
湿度を上げる原因を排除

2)結露防止対策 「商品編」
除湿機
結露防止シート
結露防止ヒーター
結露取りワイパー
結露吸水テープ
結露防止スプレー


(3)結露防止対策 「リフォーム編」
ペアガラス
二重サッシ
調湿建材
断熱工事

リフォームなど住まいの困ったことの御相談には

工藤建設㈱フローレンスガーデン事業部

住所: 〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川4丁目33−10
電話:045-912-7151
営業時間: 本日営業 · 9時00分~18時00分

http://www.florence-garden.com/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_content=BW_01_TOP

いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

<< ほぼ1000円カルチャー講師懇談会 その1 | ホーム | ラテアートに感動!  小川珈琲 横浜サウスウッド店 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム