リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
朝夕の空気はまだ少し冷たいものの、
日中は柔らかな日差しの春らしい陽気になり、
毎朝のウォーキングが気持ちよくなってきました~なっつです

私がいつも歩く緑道コース沿いに、
この時期になると毎年お庭にりっぱな鯉のぼりが泳いでいるお宅があり、
「あっ わが家もそろそろ五月人形を飾らなきゃ」と気づかされます


reDSC_0144.jpg

そう思いつつも雨続きだったため
手ぬぐいだけ鯉のぼりバージョンに模様替えして
五月人形を出すタイミングを逸していたのですが、
ようやく重い腰を上げて飾りました。

雛人形についての決まり事は、
以前、このブログでも紹介しましたが、
さて、五月人形は
というわけで、調べてみました

   五月人形の飾りには大きく分けて、
外飾り(鯉のぼり)…立身出世を願うもの
内飾り(甲冑飾り、武者人形)…子どもの無事な成長を願うもの

の2種類があります。
本来は両方飾るものらしいですが、
住宅事情などで鯉のぼりを飾る家庭は年々少なくなっているようです。

さらに内飾りは大きく甲冑飾りと武者人形の2種類に分けられますが、
いずれも飾る時期はだいたい春分の日から4月中旬まで
遅くとも節句の2~3週間前には飾るのがいいようです。
方角などは特に決まっていませんが、
なるべく直射日光の当たらない場所を選んでください。

わが家も長男の初節句の際、
住宅事情ではじめから鯉のぼりはあきらめていましたが、
内飾りは必要ということでデパートや人形店などを見に行きましたが、
兜、鎧兜、武者人形、とさまざまな種類があって迷ってしまいました。

すると、ささ~っと近づいてきた店員さんが
「ご長男には鎧飾りが基本ですよ」とにっこり
「そうなんですか」と店員さんの言葉を鵜呑みにして
鎧飾りを購入しましたが、
今さらながらちゃんと調べてみると…

特に関東の、徳川家のお膝元である茨城県あたりでは、
昔から長男として生まれた子供には鎧を贈るのが習わしのようです。
鎧は具足ともいわれ、
(具足とはすべてを具えている、という意味のあることから)
長男にふさわしい祝い飾りとされたとのこと(諸説あります)。

reDSC_0143_201504211514085a4.jpg


間違いではありませんでしたね
ちなみに五月人形は男の子が無事に大きくなるために、
その子の代わりに厄を受け取る、いわばお守りなので、
一人一飾りが基本

雛人形のように親から子へ受け継いだりするものではないそうです
長男が鎧飾りなら次男は兜飾り、
三男は武者人形というパターンも多いようですよ

五月人形といえば、私は武者人形のほうが先に頭に浮かぶのですが、
鯉のぼり同様、最近はあまり一般のお家で
飾られているのを見かけなくなりました。
おそば屋さんや旅館などに飾られているイメージ
もともと、武者人形は脇飾りとよばれ、
仲人、親戚、兄弟、友人などから贈られるもの
だったそうです。
さまざまなキャラクターがあってバリエーションも豊富ですよね。

一番のおなじみといえばやはり
裸に腹掛けで、まさかりを担ぐ姿がトレードマークの金太郎
坂田金時という実在の人物の幼名で、
全身が赤くて太っており、怪力を持っていたそうです。

ほかにも
桃太郎
……心根の優しい男の子とされるおとぎ話の代表的なヒーロー。
牛若丸
……源義経の幼名。7歳で鞍馬寺に預けられ、そこで学問や武芸を磨いた人物。
弁慶
……その知恵と怪力で義経を支え、生涯仕えた武将。豪傑の代名詞。
鍾馗(しょうき)
……邪悪なものや疫病から守る、中国道教系の神。

などなど枚挙にいとまがないほど。
徳川家康上杉謙信のように、
強くてたくましい戦国武将をモデルにした人形もあります。

わが子に、こんなふうに育ってほしいなぁ~という願いを込めて
武者人形を選ぶのも楽しいかもしれませんね

最後に五月人形の片付け方ですが、
時期に決まりはないので、
雛人形のように、終わったら急いで片付ける必要はありません
(地方によっては早く片付けないと出世が遅れる、といわれるところもあるようですが)
ただ、あまりのんびり構えていると梅雨になってしまい、
湿気を含んでカビの原因になってしまうので、
5月中のお天気のいい、空気の乾燥した日に片付けるのがいいでしょう

手や指で人形の顔に直接触れると
脂がついてほこりがつきやすくなるので絶対NG
羽バタキなどでほこりやよごれを除去し、
金具は乾いた布でよく拭いて
ほこりや脂がメッキの上に残らないようにしてください。

このあたりは雛人形と同じなのですが、
違う点がひとつ
五月人形の鎧・兜には防虫剤は絶対入れないこと
例えば、ナフタリンなどの化学剤を入れるとガスが発生し、
金具のメッキが浮いてしまいます。
プラスチック製の頭や道具類は溶ける場合もあるそうです。
最近の人形はノリに防腐剤を使用していて
虫のつく心配はほとんどないそうなので、ご安心を


五月人形は雛人形に比べると華やかさがないせいか、
なんとなく飾るテンションが下がりがち(失礼
けれど、子どもの成長を祝う気持ちと
守ってもらっているという感謝の気持ちを込めて

毎年きちんと飾り続けようと改めて思いました。
みなさんもぜひ 心を込めて飾ってみてくださいね

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 

いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

<< forママ「母の日に贈るフラワーボックスアレンジメント」 | ホーム | forママ「簡単にできるスティックパン」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム