リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR

こんにちは~なっつです
わが家では最近、
長女による朝の洗面所占拠時間が5分から10分に延長されました
おしゃれに目覚めたわけではありません
クセ毛の彼女は梅雨のこの時期、
通学前にポニーテールなど髪を結んでいかないと
髪が爆発状態に
クセ毛の人は髪が湿気を吸うことでさらにうねりが強くなり、
広がってしまう
んだそうです。

そんな娘が修学旅行で京都に行った際、興味を持ったのがつげ櫛
「清水寺の近くにつげ櫛のお店があって、
欲しかったけど高くて買えなかった」
とボヤいていたのを覚えていた主人が
京都出張のお土産に買ってきました~長女と次女に、と2本

reDSC_0187.jpg

……アレ!? 私の分は
以下、主人の言い訳によると
つげ櫛にも長さや目の細かさなどいろんな種類があるので
実際に髪を梳かしてみて使い心地の良いものを選んだほうがいい
とお店の方に言われ、
ムスメたちにはとりあえずスタンダードなものを選んだけれど、
口うるさい私には「自分で好みのモノを見つけたほうがいいと思ったから」とのこと。
「もう1本くらい私にもとりあえず買ってきてくれて良かったのに」と食い下がる私に、
「とりあえずって…1本1万円近くするんだよ」と主人も反撃
1本1万円
なぜ15cm程度の櫛がそんなに高価なのでしょう
(櫛の長さは関係ないと思いますが
   つげ櫛とは、主に西日本の暖かい地域に分布する常緑低木の
ツゲ(漢字表記は「黄楊」「柘植」「樿」)を
細工して作られた櫛のこと
を意味します。

reDSC_0188.jpg

成長に時間がかかるツゲの材木は、木目が細かく緻密で、
加工後の狂いが生じにくく硬い
のが特徴
また黄色みを帯びていて美しいため、
日本では昔から、細工物の材料として親しまれ、
印鑑、将棋の駒、版木、そろばんの珠、三味線のバチ、彫刻、
ブローチなどの装身具、家具指物などに用いられてきました。
ツゲ材の将棋の駒は高級品とされ、
現代では工芸品・美術品としての価値があります。
堅くて誤差の少なさが要求されるような物に適しているため、
かつては義歯にも使用されたそうです。
そんな中、ツゲ製の櫛は藤原京や平城京跡からたびたび出土しているほど、
古くから日本の女性に愛用されてきました。

その理由は…
◎ツゲは硬くて丈夫なので、櫛の目が折れる心配が少ない
◎静電気が発生しにくいので、髪が絡まりにくい
◎髪に艶が出る
◎抜け毛や切れ毛がなくなる
◎天然パーマやくせ毛のうねりが落ち着く

などなど、美しい髪に仕上げてくれる多くの効果が期待されるのです。

reDSC_0190.jpg

ただ、いくらツゲ自体が硬くて丈夫とはいえ、
乾燥すると割れやすくなるので、
月1~2回、椿油を少量染み込ませて磨くなどの
お手入れも必要
だそうです
この椿油効果で髪も艶やかになるんですね
また、使い込むごとに櫛の色がアメ色に変化していくそうなので、
ますます愛着がわきそう

椿油はドラッグストアを3件はしごして結局
こちらの「生ツバキ油オイル」を購入。
プッシュ式なので出し過ぎることもなく便利です。
もちろんこれ自体ヘアケアやスキンケアに使うこともできるスグレモノ

reDSC_0189.jpg

ムスメたちも「今まで使っていたプラスチック製のブラシに比べて
すごく梳かしやすい」と喜んでいます
おかげで長女の洗面所占拠時間も若干短く、
髪もまとめやすくなったような気がします

ちなみに、主人が購入したお店は
京都でつげ櫛をつくり続けて百年余りという
つげ櫛の老舗店「十三や」さん。
く(九)し(四)→9+4=13
と洒落のきいた店名にも歴史を感じますね

余談ですが、焼き芋屋さんで「十三里」という看板を掲げているのは
「栗よりうまい」→九里四里うまい→十三里
という意味だそうですよ

焼き芋も栗もおいしいですが、それよりも今はまず
絶対に往復の新幹線往復分と櫛代もらって京都まで
マイつげ櫛を買いに行ってやる~
と生八つ橋をほおばりながら心に誓っています
マイホームはもちろん日常品も正しくお手入れして
長~くお付き合いしていきたいものですね


フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 




いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
↓ポチッと押してくださるとうれしいです!
人気ブログランキングへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

<< forママ「アンコンディションのフレンチメニュー」 | ホーム | アジサイフェア 横浜イングリッシュガーデン >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム