リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
雨の日が続き、
さらに日本列島には、台風17号と18号が接近中だそうです

わが家では1年前の台風で、
庭のフェンスにくくりつけていたラティスが崩壊
そのこともショックでしたが、それよりも
ラティスの破片が風に飛ばされて、
ご近所の車などを傷つけていないか、心配で心配で
風雨が治まってから慌てて近隣を見回りました

そんなことがないように、
今年はしっかりと台風対策を

reDSC_0081.jpg
わが家に飾っている手ぬぐい
(歌川広重の名所江戸百景「大はしあたけの夕立」)


台風は、いつ起こるかわからない地震や火災などと違い、
テレビやラジオの天気予報で数日前から
日本列島に近づく様子を伝えられるので、準備がしやすいです

台風接近2日前までにやっておくこと
雨どい、側溝、排水口などを掃除して、水はけを良くしておく。
庭木に支柱を立てたり、テレビアンテナや塀を補強したりする。
非常用品をまとめて、持ち出し袋などに入れておく。
   懐中電灯・ローソク・マッチ・携帯ラジオ・予備の乾電池・救急薬品・
   衣料・貴重品・非常用食料・カセットコンロ・ヘルメット・飲料水・下着など
断水に備えて、飲料水を多めに確保する。
長期停電などで冷蔵庫が使えなくなる場合に備えて、
  缶詰やレトルト食品などの非常食を多めにストックする。
学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を
  家族で確認する。
避難用に、丈夫で底の厚い靴や安全帽、リュックなどを出しておく。
家が低地や川沿いの場合は、玄関に浸水を防ぐため土のうを用意。
  土のうがない場合は、
  ・ゴミ袋に水を入れて、コンクリートブロックなどの重しで固定する。
  ・水の入ったペットボトルをダンボールにつめて防ぐ。

台風接近直前までにやっておくこと
ゴミ箱や植木鉢、自転車など、風で飛ばされそうなものは
  屋内など安全な場所へ移すか、ロープでフェンスなどに固定する。
雨戸を閉め、雨戸のない窓は板を打ち付けるなどの補強をする。
飛来物などに備えて、割れたガラスの飛散を防ぐ窓用シートやテープを貼る。
  カーテンやブラインドもおろしておいたほうが良い。
浴槽に水を張り、トイレなどの生活用水を確保する。

reDSC_0207_20150908102005671.jpg
シャッタータイプの雨戸はすぐに閉められて便利です

台風接近・上陸中
絶対に外へ出ない。建物内で台風が通り過ぎるのを待つ。
エレベーターの使用は極力避ける。
  暴風によって送電線が切れ、停電になることもあるため。
気象庁や自治体から発表される最新情報を常にチェックしておく。

reDSC_0080.jpg
空模様もこまめにチェック

台風通過後
数時間は屋内で待機。
  今まで吹いていた強い風が急に弱まっても、
  およそ1~2時間後には再び吹き返しの強風がやってくることがある。
  やむを得ず外に出る場合は飛来物に備えてヘルメットや安全帽などを着用。

前述のように、壊れたラティスの破片を探しに出たことを反省しました

急な増水のおそれがあるため、雨がやんだ後でも、
  河川や用水路の周囲だけでなく、
  流れのある水のそばには決して近づかないこと!

マンホールや用水路のフタが開いているのに気づかず
子供が落ちたというニュースを聞いたことがあります

台風に限らず災害に備えて、まずは家族できちんと話し合い、
いざというときに何をすべきかを頭に入れておいてもらいたいですね
まさに備えあれば憂いなし

フローレンスガーデンでは、
万一の災害に備えた地盤調査などをきっちりと行い、
お客様が末永く安心して住める住宅をご提供しています    なっつ

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~19:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 
  

<< for親子「ロコモコ丼とマンゴータルト」 | ホーム | forママ「シェフに教わる本格スペイン料理」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム