リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
前回(2010年3月26日アップ)でもお伝えした
工藤建設本社で行われた長期優良住宅・住宅版エコポイントセミナー!

0326-1


今回はその第2弾!
住宅版エコポイントについてお伝えします


住宅版エコポイントとは

昨年、話題になった家電エコポイント。
このエコポイント制度の住宅版が昨年12月に誕生し、
今月8日から、ポイントの申請、発行が始まりました。

住宅版エコポイントは、
地球温暖化対策の推進及び経済の活性化を図ることを目的とするもの。

エコ住宅を新築した場合、一律30万ポイント(1戸につき)
エコリフォームをした場合、最大30万ポイント(1戸につき)
発行されます!(1ポイント=1円相当)

このポイントは、エコ商品や地域産品、プリペイドカードや商品券など
さまざまな商品と交換できるだけでなく、
即時交換ができるのが魅力です!

即時交換とは、エコ住宅の新築やエコリフォームした住宅に
追加で実施する工事に、
ポイントを工事費用として充当することが可能なのです。
(新築またはリフォームした同じ工事業者が行うものが対象)

たとえば、エコ住宅を新築して取得したポイントを、
門扉や塀、車庫などの外溝工事や造園工事、
エアコン設置などにも充てることができるのです!

住宅版エコポイント 詳しくはコチラ


ポイント対象となるエコ住宅の新築

ポイント対象となるエコ住宅(新築)の基準は、

①省エネ基準(次世代省エネルギー基準)を満たす木造住宅
②省エネ法に基づく「トップランナー基準※」相当の住宅
(※省エネ法に基づく住宅事業建築主基準)


「省エネ基準(次世代省エネルギー基準)」、「トップランナー基準」は、
地球温暖化対策として、家庭で使用される冷暖房や給湯などのエネルギー消費を
削減することを目的に定められたもの。

住宅版エコポイントの対象となるのは、
省エネ基準を満たす断熱性能を持つ木造住宅や、
エコキュートや太陽光発電等の設備でエネルギー消費量を削減する
木造住宅や非木造住宅です。

エコ住宅基準

2×6工法フローレンスガーデン
断熱材の厚みは2×4工法では、標準で90㎜程度なのに対し、
2×6工法では140㎜の厚みを持つことができるので
より気密性・断熱性が高くなります。
フローレンスガーデンは、省エネ基準を満たしています!

断熱仕様

住宅版エコポイント対象の基準 詳しくはコチラ


ポイント対象となるエコリフォーム

エコリフォームの場合・・・

①内窓の設置やガラス交換などの窓の断熱改修
②外壁、屋根、天井、床の断熱改修
③手すりの設置や段差改修などのバリアフリー改修


それぞれの項目ごとにポイント数が決まっていて、
各項目を合算して、一戸あたり上限30万ポイントとなります。

ポイント対象となるエコリフォーム 詳しくはコチラ


エコ住宅=省エネ住宅は、エネルギーの消費量を減らし、
高熱費などのランニングコストを抑えるメリットがあるだけでなく、
1年中温度差の少ない快適な住まいとなります。

また、1軒あたりはわずかな消費量かもしれませんが、
それぞれがエコな生活をすることで、
私たちの子どもたちに、少しでも良い環境を残していけたらと思います


  

<< 地震への備え | ホーム | 長期優良住宅・住宅版エコポイントセミナーin工藤建設 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム