リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
寒さが本格化し、そろそろ風邪やインフルエンザの流行が
気になり始めました。
外出時はマスク、帰宅後はすぐに手洗い、うがいを家族で徹底していますが、
それだけじゃ不安
アロマテラピーでも風邪・インフルエンザ予防ができると聞き
さっそく調べてみました

アロマテラピーとは、植物の香りや性質などの力を利用して、
心身のトラブルを緩やかに回復させる自然療法のこと。

植物から抽出した100%天然の精油(エッセンシャルオイル)を使います。
詳細はhttp://www.aromakankyo.or.jp/を参照してください。

ティートゥリーの効能
アロマテラピーに使われる精油といえば
ラベンダーやペパーミント、ローズマリーなどを思い浮かべますが、
今回注目するのはティートゥリー
非常に強力な殺菌作用を持つ「テルピネン4オール」という成分が含まれているため、
近年、新型ウイルスの治療薬への応用も期待されているそうです

rereDSC_0181.jpg
ハーブとアロマテラピーの専門店「生活の木」で購入。3mlで648円(税込)

ティートゥリーオイルに認められている作用は以下の通り。
•抗炎症作用
•鎮痛作用
•精神安定作用
•抗菌・殺菌効果
•消臭効果


毒性は低く副作用の心配がないので、
主な分布地であるオーストラリアやニュージーランドの家庭では
ちょっとした手当てに民間薬として使われている身近なオイルなのだそうです

香りはユーカリやペパーミントに近く、スーッと鼻を通る清涼感が特徴ですが、
我が家の子供たちには「ちょっと薬臭い」と言われてしまいました。

ティートゥリーの使い方
ティートゥリーオイルの香りを吸入することで免疫力が高まり、
より感染症にかかりにくくなるそうです。
また、空気中にティートゥリーオイルの成分を拡散すれば、
浮遊するウイルスを殺菌してくれるとのこと
インフルエンザが蔓延する最大の要因は、冬場に多い乾燥なので、
蒸気の出るタイプのディフューザー(精油の香りを拡散するアロマテラピー専用の道具)を使えばさらに効果的
ですが…特別なアロマグッズがなくても気軽に始められる
風邪・インフルエンザ予防法をご紹介します。

芳香浴
オイルをティッシュペーパーやコットン、紙ナプキンに
1~2滴垂らしてテーブルなどに置くだけ。

ハンカチに挟めば、香りを持ち歩くこともできます

reDSC_0185.jpg
このティッシュペーパーを掃除機に吸わせれば、排気から香りが部屋中に

沐浴
入浴時、浴槽に溜めたお湯にオイルを3~5滴垂らし、
よくかき混ぜてから肩まで浸かる。

浴室中に香りが充満し、ミストサウナのような気分が味わえます。
殺菌効果があるので、黒カビの繁殖も防げて一石二鳥

アロマスプレー
スプレー容器に無水エタノール5mlを入れ、オイルを10滴ほど溶かす。
そこへ水45mlを加え、よく振って混ぜる。

マスクの外側(肌に接しない面)に軽くスプレーしたり、
市販の消臭スプレーのように衣服や寝具などに噴射したりできるので、
作っておくと便利です
注意点は、毎回よく振ってから使用することと、
オイルの鮮度が落ちるので、スプレーは2~3週間以内で使い切ること

reDSC_0182.jpg
無水エタノールと精製水は薬局で購入できます

さらに、このティートゥリーのアロマスプレーに
レモングラスやユーカリなどを加えれば
虫除けスプレーとしても効果を発揮するそうです。
また、ティートゥリーはラベンダーとの相性も良いそうなので、
「薬臭い」と言っていた子供たち用に
2回目はラベンダーをブレンドして作ってみたところ好評でした
香りを楽しみながらの風邪・インフルエンザ予防なら、
長く続けられそうです。
皆さんも試してみてくださいね

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 
  

<< forママ「インテリアを楽しく彩るノエルのハウス型ボックス」 | ホーム | forママ「クリスマスにも♡ 華やかなおもてなしメニュー」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム