リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
FlorenceGarden with ビタミンママ
ほぼ1000円カルチャーforママ


毎月さまざまな講座を開催している『ほぼ1000円カルチャー』。

今回レポートするのは
オルポノキッチン主宰 赤嶺久美子先生による

『炊飯器で作るローストビーフ』

foodpic6667863.jpg

教えてくださったのは、"普段使いの食材でワンランク上のおもてなし料理"をコンセプトに、
自宅で料理教室を主宰する赤嶺先生。
foodpic6667841.jpg

ホームパーティーにもぴったりな華のあるお料理として、今回は
驚くほど柔らかく仕上がるローストビーフ作りのコツを教えていただきました!

●とろけるローストビーフ

今回の作り方は炊飯器を使った「真空低温調理法」
100℃以下でじっくりと調理されるため、肉の内部のたんぱく質収縮が抑えられたり、
ビタミンの損失も防ぐ効果があるのだとか。
これにより、風味や香りを損なわず、旨みがギュッと凝縮した出来あがりになるのだそうです

foodpic6667843.jpg

牛のかたまり(今回は和牛のイチボという部位を使用します)を常温に戻し、
塩コショウをすり込んだら、表面を焼き色が付くまでしっかり焼きます。

foodpic6667846.jpg

焼いた牛肉を、
つけだれ(醤油、みりん、酒、はちみつ)を入れたジップロックに入れます。
その後は真空状態にするため、ストローでしっかり空気を抜き、
牛肉に味が均等につくようにします。

foodpic6667849.jpg

foodpic6667860.jpg

沸かしたお湯を炊飯器に入れたあと、先ほどの牛肉を袋のまま入れて
60〜80分ほど、保温のままにします。
foodpic6667861.jpg

時間が経ったら炊飯器から牛肉を取り出し、ラップでくるんで少し寝かせ、
粗熱がとれたら、牛肉をラップから出して薄切りに。

foodpic6667865.jpg

ジップロックの中のタレは、鍋に移して煮詰め、ローストビーフを盛り付けた後に回しかけます。
今回はベビーリーフのほか、マッシュポテトを添えていただきます

ほか、今回は彩り豊かなサイドメニューも2品教えていただきました♪


●タコとトマトのライムマリネ

ぶつ切りにしたゆでダコ、みじん切りにして水にさらした玉ねぎ、
ヘタを取り1~2cm角に切ったトマトをボウルに入れて合わせます。

foodpic6667854.jpg

よく混ぜた調味料(ライム果汁、白ワインビネガー、塩、はちみつ、オリーブオイル)を
まわしかけ、ライムの皮のすりおろしを加えたら、冷蔵庫で2~3時間冷やす。
これだけでライムが香るさっぱりマリネの完成です

foodpic6667855.jpg

●クスクスのサラダ

DSCN1004.jpg

クスクスは同量の熱湯にブイヨンを溶かし入れ、
耐熱容器に、クスクス、溶かしたブイヨン、オリーブオイルを入れ、
蓋をして蒸します。

foodpic6667852.jpg

スライスした野菜を
塩コショウ、レモン汁、オリーブオイルでマリナードし、
クスクスと混ぜ合わせればできあがり

foodpic6667859.jpg

すべての料理ができあがったあとは、みんなで試食!
foodpic6667864.jpg

「本当に柔らかい~!!」「これが自宅で作れるなんて最高ですね♪」などなど
受講者の皆さんからの驚きの声がたくさん聞かれました

大満足の試食を終えた後は、フローレンスガーデンスタッフも加わり
ショールームで和やかなティータイム
foodpic6667866.jpg

本日のお菓子はアシスタントをしてくださった
日下部先生手作りの『マロンカップケーキ』と『チョコレートサブレ』
foodpic6667870.jpg

口の中でサクッとほどけるおいしさで
コーヒー、紅茶との相性ピッタリでした


材料費と受講料で通常5000円の講座を
わずか1000円で受講できる、
リーズナブルでハイクオリティなほぼ1000円カルチャー

1月も参加者を募集中です


詳しいスケジュールはこちらからどうぞ→→ビタミンママHP
  

<< お施主様が安心できる「現場監督」に | ホーム | 寒さと乾燥に負けずに賢く楽しい加湿を >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム