リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR


突然ですが、ご家庭に救急箱はありますか
最近はドラッグストアやコンビニでいつでも買えるから、と
常備されないご家庭もあるようです。

new_DSC_0214.jpg

とはいえ、家族のケガや病気は突然起こるもの
すぐに応急措置できるよう、必要な薬や衛生用品を
常備しておくと助かります。
けれど、何がどれぐらい必要なのかは家族構成などによってそれぞれ。
今回は、特に子供がいるご家庭に「備えておけば安心」な救急箱の中身を調べてみました。

※個人的に使用頻度が高いと思う順に★→☆→◎の印をつけています

new_DSC_0215.jpg

体温計(計測時間ができるだけ短いもの)
ピンセット・毛抜き(手や足に刺さったトゲを抜くため)
絆創膏(大中小のサイズがあると便利)
創傷被覆材(キズパワーパッドなど。大は小を兼ねるので比較的大きめのものを)
消毒液(マキロンやイソジンなど、傷口の消毒用)
滅菌ガーゼ(大きな傷口を覆ったり、血や汚れを拭き取るため)
包帯(ストッキングで代用可)
テープ(ガーゼや包帯を止めるため)
防水フィルム(ガーゼなどの上から貼ればお風呂やプールにも入れられる)
冷えピタ(子供サイズがあれば十分。湿布代わりとして患部を冷やすこともできる)
湿布(打ち身や捻挫用。妊娠中は使用不可の成分もあるので注意)
総合感冒薬(できれば子供から大人まで対応しているものを)
胃腸薬・酔い止め(こちらも子供から大人まで対応しているものを)

new2_DSC_0218.jpg

下痢止め・整腸剤(下痢の原因が菌やウイルスの場合は使用せず病院へ)
塗り薬(虫刺され用、あせも・湿疹など用、傷の化膿止め用など3種類ほど)
点眼薬(異物が目に入ったときの洗浄用にソフトサンティアなど涙の成分に近く防腐剤が含まれていない使い切りタイプのものが便利)

ただし
これらをすべて揃えたら安心というわけではありません。
薬には使用期限があるのです。
そのため、半年~1年に1回は中身をチェックしたいのですが、
ついつい忘れがち。
そこで、普段の備えについて考えるきっかけとなる
3月11日(東日本大震災)や9月1日(防災の日)を
我が家の救急箱点検デーにしてはいかがでしょうか

ちなみに、期限切れの薬を捨てる際は、容器と中身をきちんと分別し、
錠剤、カプセル、散剤などの薬そのものは燃えるごみに、
シロップなどの液体はトイレに流すのをお忘れなく。

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 
  

<< forママ「初めてでも簡単!天然酵母のベーグル2種」 | ホーム | 3月のイベント情報 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム