リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
今回は、横浜市青葉区にあるO様のお宅を拝見しました

明るい茶色の煉瓦と白い壁のツートンカラーがおしゃれなお住まいは、
土地の高低差をうまく利用して建てられたので、
一見普通の3階建住宅に見えますが、実は煉瓦張りの玄関部分は地下なんですって

reA_43.jpg
道路とフラットな地下に玄関があるため、駐車場の利用も楽々

もともと道路から2mほど高い土地に建っていたO様のお宅
一般的な2階建住宅の場合は、
よう壁(土の圧力に抵抗、崩壊を防止する壁)を作り、
階段を上った1階部分が玄関になります。
駐車場を作るには、さらによう壁内の工事も必要になります。

ところが、フローレンスガーデンの地下室付き住宅にすると、
よう壁を作らずに土地を接道面と同じ高さに堀って
そこに家を建てることができるのです
その結果、O様のお宅の玄関や駐車場部分は
法律上では地下室ですが、
実際には道路とフラットなので1階感覚で利用できる
使い勝手のいい家
になりました
さらに、地下室は鉄筋コンクリートで作られているので、
地下室そのものが基礎とよう壁の役割を兼ね、
耐震面でも大きな安心が得られます
フローレンスガーデンならではの
究極の「裏ワザ」
だったのです


2階建て+地下室で容積率の1.5倍の家が建てられたので、
1階に3人それぞれの子供部屋を設け、
2階の全面を使って広くて明るいLDKをつくりました。

re_main_52.jpg
白を基調とし広々としたLDK。カラフルなインテリアがアクセントとなり、いるだけで元気になれそう

玄関を入ってすぐのところには地下スタジオが。
地下室の外壁は鉄筋で厚さが30㎝以上あるので、
防音工事を施さなくても、音はほとんど外に漏れません。

reB_15.jpg
スタジオにはグランドピアノと電子ピアノが置かれています。大音量で演奏しても大丈夫

reC_30.jpg
地下室の奥には寝室が。どちらの部屋も窓から光が差し込み、地下室とは思えない明るさです

「気密性や断熱性に優れた2×6工法のおかげで
夏は涼しく冬は暖か
わが家はどこにいても常に快適です」
と奥様。
フローレンスガーデンの地下室付き注文住宅の住み心地に
たいへん満足していただいています

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 

  

<< forママ「本格エスニックで春のおもてなし」 | ホーム | forママ「簡単なのに本格的!タイ風グリーンカレー」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム