リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR


憧れの住まいといえば庭付き一戸建てですが、
住んでいる方の多くが頭を悩ませているのが庭の雑草問題
特に青葉区や都筑区など、公園や緑道など自然が豊かなエリアでは、
「いつのまにか庭にたんぽぽが咲いていた」なんてことがよくあります。
風に乗って飛んでくるさまざまな種子を阻止することはできませんから

いつも庭をきれいに手入れされている近所の奥様に
雑草が生えないコツを伺うと「気づいたらすぐに抜く!」の一言。
おっしゃるとおり
が、しかし それができない人は、暑すぎず寒すぎないこの時期に
がんばって草むしりしちゃいましょう
そこで 効率的に草むしりするためのポイントを調べてみました

ポイント1
雨上がりや雨が降った翌日がおすすめ


雑草は再び生えてこないように根っこから抜くことが肝心です。
土が柔らかいと手でも簡単に引き抜きやすいので、
雨上がりや雨が降った翌日、
つまり雨水でできた水たまりの水が全て土に浸み込んだ頃がベスト
雨上がりのタイミングを逃したときは、
草むしりの前に水をまくといいようです。

reDSC_0315.jpg

ただし、頑固に根を張り大きく育ちすぎた雑草や、
逆に若葉の雑草は茎部分でちぎれやすいため、
根が残ってしまうことがあります。
何日かに分けて根気強く取り組みましょう。

ポイント2
動きやすい服装と虫や日焼け対策を万全に


いくら季候がよくても長時間屋外で作業すると
日焼けや蚊などの虫に刺される危険性もあります。
長袖、長ズボン、首にタオル、手袋、帽子を準備しましょう。
かがんだ状態で作業するので、
ピッタリしたズボンだと足がしびれてしまいます
厚めのゴム手袋やガーデニング用のゴム付き手袋だと、
頑丈な雑草も抜きやすいです
また、途中で水分補給ができるよう、
飲み物も用意しておくといいですね。

ポイント3
目立つ場所から抜きはじめる


庭が広ければ広いほど、どこから手をつけていいやら、
途方に暮れてしまうことも。
まずは一番目立つところから始めるのが継続するコツです。
置きっぱなしのプランターなどの不用品を片づけたり、
枯れ葉や枯れ枝、枯れた植物などを除草したりすることから始めましょう。
目立つ場所がきれいになると、やる気も出ます

reDSC_0313.jpg


ポイント4
背丈の大きい草は必ず取り除く


背の高い目立つ草は必ず抜きましょう。
きれいになったように見せるコツは、
すうっと伸びる葉を残さないことなんだそうです。
地面を這うように生えている小さな雑草は、
少しぐらい残っていてもよいと気楽に考えると作業が楽になります

ポイント5
家族と一緒にゲーム感覚で


1人1人にビニル袋を渡し、
一番早く袋を雑草でいっぱいにした人にご褒美を用意するとか、
終わったらアイスが食べられるとか、
家族みんなでわいわい楽しみながら作業できるといいですね

雨上がりの休日は家族みんなで草むしりのチャンス
今年の夏はきれいな庭でバーベキューパーティーもできちゃうかも
皆さんも草むしり、されてみてはいかがですか?

フローレンスガーデンへのお申し込み・お問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間 9:00~18:00(定休日:水曜日)

WEB http://www.florence-garden.com/ 

  

<< アーティフィシャルラベンダー&ハーブの寄せ植えレッスン | ホーム | forママ「ワンランク上のおもてなし ジビエ料理」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム