リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
「家を建てたい!」
と思った時、まず直面するのが『土地探し』
でも、何の知識もなく、全く事前準備もせずに探しても、
『いい土地』は見つかりません。
また、一般的に『いい土地』といわれるものが、
自分たち家族にとって必ずしも『いい土地』といえるかどうかはわからないですよね。
そもそも『いい土地』ってどんな土地なのでしょうか?

0526-1

そこで、5月23日(日)工藤建設本社で開催された「土地探しセミナー」
参加させていただきました。
講師は、フローレンスガーデン事業部の濱さん。
土地探しの事前準備から失敗しない土地探しまで、
わかりやすく教えてくださいました。
私がお勉強してきた内容を、当日の資料をもとにお伝えしたいと思います。


土地探しの前に

「家を建てよう!」と思うと、
まずは「家を建てるための土地を探さなくちゃ!」と思いませんか?
実際に、フローレンスガーデンを訪れたお客様も
「まだ土地も決まっていないので…」とおっしゃる方が多いとか。

「でも、まず大切なことは、『暮らしをイメージすること』です。
どんな環境で、どんな暮らしをしたいのか?
そのために必要なスペースや設備は?など、
家族全員それぞれの求める『住まいの条件』を整理します。
家のことを考えずにいきなり土地を買ってしまい、
いざ『理想の家』を建てようと思った時に、
予算が足りなくなってしまった!!…というケースも多いんですよ」


1023-2

『どんな暮らしをしたいか』がイメージできれば、
家の広さや立地条件、必要な土地の大きさなどの目安ができます。
さらに、建物にかかる費用の目安ができれば、
土地にかけられる予算も立てられます。
どんなに条件のいい土地を手に入れても、
建物にかけられる予算が不足して思い通りのプランができなかったら、
『理想の暮らし』はできません。

「土地と建物を合わせて考えて進めていくことが、バランスの良い計画となるのです」


How to 失敗しない土地探し

家族それぞれの希望や目的が明確になったら、
環境や立地条件について優先順位を考えます。

・将来性 
 新しい駅ができる、都市計画が進んでいるなど、将来的なプラス要素があるか
・面積 
 欲しいスペースが確保できるか
・環境 
 日当たりや通風などに加え、周辺施設からの騒音や道路の交通量はどうか
・利便性
 駅や学校、病院、商業施設など生活に必要な設備が近くにあるか
・地形
 整形地であるか。敷地内の段差や道路高低差などを活かす方法があるか
・情報
 近所の人に話を聞くのも情報を得る一つの方法です


さて、いよいよ土地探しです

土地の見方のポイントとは?

「角地じゃない」
「前の道路が狭い」
「日当たりが良くない」
「土地の形が悪い」

実際に土地を探し始めると、欠点ばかりが目についてしまします。

 「でも、土地そのものの条件だけでその良し悪しを決めてしまうのはどうでしょうか?
敷地の条件を活かした家づくりをすることで、『理想の家』を作ることが可能なのです」



南道路南側道路は・・・

日当たりがよく一番人気です。
でも、人の視線が気になることがある、
というデメリットもあります。
外構やガーデニングなどで工夫するとよいでしょう。


北道路北側道路は・・・

北側に駐車場や玄関アプローチを取り、
北に建物を寄せて配置するので、
南側にプライベートな落ち着いた家を作ることができます。
南側の隣家に日照の影響を受ける場合は、
採光の工夫が必要です。


高低差のある土地高低差のある土地は・・・

高低差を利用して、
ガレージや地下室をつくるのに向いています。
また、そのエリアの相場より安く土地が手に入ることがあります。


ガレージ2ガレージ

高低差を利用した地下ガレージ(フローレンスガーデンの施工例)


「高低差があると、擁壁を作らなければならず、かなりのコストがかかります。
フローレンスガーデンの地下室グランドルームは、擁壁を兼ねた地下室。
これも高低差を利用したひとつの例です。
また、フローレンスガーデンの地下室は半地下のため、明るく快適な地下室ができるのです」


0717-2フローレンスガーデン グランドルーム

詳細はコチラ
リンク:http://www.ground-room.com/



 小さい子どもがいるから、学校や公園が周りにあるといいな。

 ガーデニングが趣味のママと、家族でバーベキューをするのが夢だというパパだから、
広い土地が欲しいけど、予算的にちょっと厳しい。駅から遠いのは我慢しよう。

 車が大好きなパパはガレージが欲しいから、あえて高低差のある土地を選ぼう。


家族によって『理想の暮らし』も変わるし、もちろん予算もあるのだから、
求める土地の条件もそれぞれ。
事前準備をしっかりして、失敗しない土地探しをしたいですね



  

<< 地下室は家族みんなの遊びのスペース | ホーム | 夏を迎える準備 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム