リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
毎日じめじめ暑い日が続いています。
梅雨時期は肌寒いというイメージでしたが、
今年はとにかく蒸し暑い
暑いせいか、我が家ではすでに生ごみの臭いが気になり始めいています。
また、横浜市では昨年まで夏場は週3回だった家庭ごみの回収が、
今年から週2回となるということで、
これまでわりに無頓着だった私も、しっかり生ごみ対策を始めました。


生ごみ、悪臭の原因は?

生ごみの臭いの原因は、空気中に含まれるバクテリアなどの微生物が、
野菜くずや残飯などを分解して発生した炭酸ガスやアンモニア。
微生物は生ごみを栄養とし、水分と適度な温度があれば、
どんどん増殖するので、気温が高い夏場は生ごみ臭が発生しやすくなります。

まずは、ゴミの水分を減らすこと。
野菜は洗う前に、不要な部分をカットし皮をむけば、
野菜くずの余分な水分をカットできます。
その時、三角コーナーなどに捨ててしまっては、結局また濡れてしまうので、
直接ビニール袋などに捨ててしまいます。
この時、新聞紙やチラシにくるんで捨てれば、さらに水分をカット。
お魚の内臓や骨なども、新聞紙にくるんでからビニール袋で密閉すれば、
悪臭もかなり軽減します。

0629-2

我が家では、生ゴミ用のごみ箱が小さいため、
すべてを新聞紙でくるんでしまうと入りきらなくなるので、
お魚やお肉など、特に悪臭につながるものだけ新聞紙にくるみます。
野菜くずなどは、トレイの上にキッチンペーパーを敷き、
その上である程度乾燥させてから、ビニール袋へ。
若干しめったキッチンペーパーは、調理後のガスレンジ周りの油ハネを拭き取り、
最後にフライパンの汚れを拭き取る時に使用しています。

0629-1

それから、三角コーナーのかわりに、紙製の水切り袋を使用しています。
食後の残飯のみをこの水切り袋に捨て、
最後に上からぎゅーっとつぶして水分を抜き、
ビニール袋に入れて、ゴミ箱にぽん


いくら密閉したとはいえ、ゴミ収集日には、
ゴミ箱からぷーんと悪臭が、なんてことありますよね
私は、市販の生ゴミ用消臭スプレーを使用していますが、
エコ意識の高いお友達によると、茶がらやコーヒーの出がらしを
生ごみにまぶしておくと、除菌、消臭効果があるそうです。
重曹やお酢を振りかけて置くのも、良いそうです


生ゴミを減らす!

悪臭対策はいろいろとありますが、
生ごみを減らすということも必要ですよね。
私は、週に1度近所のスーパーの特売日にまとめ買いするのですが、
安いからとつい買いすぎてしまうこともしばしば
ある程度献立を考えて、必要な分だけ購入することを心がけたいと思います。

それから、購入した食材はしっかり食べきる
ホウレンソウや小松菜などは、根っこだけを切り落とし、
茎の部分もいただきます。
義母宅で茎の部分を食べて、その甘さにびっくり
ブロッコリーの茎も甘くておいしいし、
しいたけやマッシュルームの茎も食感が気に入っています。

生ごみを減らし、ちょっとした工夫でいやな臭いからも解放!
暑い夏も、気持ち良く過ごせたらいいですね


     

フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★

  

<< 夏の暑さを乗り切ろう! | ホーム | ウッドデッキのお手入れ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム