リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
まだ7月に入ったばかりだというのに、毎日暑いですね
しかも、今年は特にジメジメと蒸し暑い気がします。
我が家は、いわゆる「高断熱・高気密」住宅
外気の温度変化をしっかり断熱し、気密性も高いので、
真夏でもエアコンを使って一度室内を涼しくすれば、
比較的長い時間その快適な室温が保たれています。
でも、湿度が80%、90%ともなれば、この時期はさすがに蒸し暑い
健康やエコを考えると、
エアコンを使う時間をなるべく短くしたいと思いつつも、
こう蒸し暑いと、ついエアコンのリモコンに手が伸びてしまします。


高気密・高断熱住宅 フローレンスガーデン
詳しくはコチラ


エアコンの上手な使い方

特に外出先から汗だくになって帰ってきた時などは、
すぐさまエアコンのスイッチをピッ!
でも、20度に設定し強風にしてエアコンをフル稼働しても、
すぐには涼しくなりません
長い時間家をあけた時などは、
まず窓を開けて換気し、室内の空気を入れ替えてからエアコンを入れるといいんですって。
窓は2カ所開けて、風の通り道を作ります。
温かい空気は上の方にたまるので、天窓や吹き抜けの窓など、
高い位置の窓を開けるのも効果的だとか。
エアコンの設定温度は、外気温マイナス5℃程度が目安。
5℃以上の温度差は体に負担がかかり、体調不良になる恐れがあるからです。

0709-2

そして、扇風機などを使って冷たい空気を循環させます。
我が家ではサーキュレーター(空気循環器)を使用しています。
実は、就寝時に使用するために、扇風機と間違って購入したもの
「音がうるさくて眠れないな~」と納戸にしまっていましたが、
エアコンと併用することで冷房効率アップとの情報をテレビで見て、
再び出してきて、使用し始めました。
扇風機より音がうるさいのですが、
強い風が出るので、効率良く空気を循環してくれます。


湿度をコントロール

また、不快に感じるのは、温度が高いためだけではありません。
温度が高くても湿度が低ければ、それほど辛くはないですよね。
快適に過ごすには、湿度をコントロールすることが重要
エアコンの冷房運転は、空気を冷やすことにより
飽和水蒸気量(空気中に含むことができる水蒸気の量)が小さくなり
水蒸気を水に変えて外に排出するため、
室温を下げるとともに、湿度も下げます。
ドライ運転は、冷房と同じように空気を冷やして水蒸気を水に変え、
冷やした空気をヒーターで暖め、室温を下げずに湿度を下げます。
その時の室温・湿度や、エアコンの機種によって、
消費電力が変わるので、機能を使い分けると良いそうです。
夏場は室温25℃~27℃、湿度40%~60%なら
快適に過ごせると言われています


寝苦しい夜を快適に

0709-3

我が家ではベッドを2台つなげ家族4人で寝ているのですが、
子どもたちは、少しでも冷たいところへ、冷たいところへと移動していて、
気がつくと足元で寝ていたりします
夏場は寝苦しい夜が続きますよね。
エアコンや扇風機を使用する時は、
風向きを上向きにして、直接体に風が当たらないようにします。
暑いとなかなか寝付けないので、
我が家では、就寝する少し前に高めの温度でエアコンをつけて涼しくしておき、
2時間程度タイマーをして寝ています。

0709-1
快眠のためには、シーツやパジャマも、
麻やコットンなど夏素材のものにするといいですよね。
それから、ドラッグストアなどで見かける快眠グッズ。
今年の夏は、アイス枕を使用してみようと思っています




フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★

  

<< 家族みんなで楽しく家事分担! | ホーム | 生ごみの悪臭対策! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム