リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
8月も終わりに近づき、長い夏休みもそろそろおしまい。
娘はさぼっていた宿題を片づけるのに奮闘中です
夏休みは毎日子どもたちがいるので部屋は散らかるし、
お出かけする日も多かったのでお掃除もさぼりがちでした
子どもたちの学校が始まったら、
この夏の後片付けをしなくっちゃ

夏の終わりから秋にかけて注意しなくてはならないのが台風。

20100828-3.jpg


熱帯から亜熱帯地方で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼び、
このうち北大西洋で発達して低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s以上になったものを
「台風」と呼ぶそうです。
今年は台風の発生が少ないようですが、
例年8月~10月は台風の発生数が多く、
日本列島に接近しやすくなる季節だとか。
台風の大きさは強風域の大きさによって決まり、
大きいほど、遠くにあっても影響を受けやすくなります。
小さくても、接近に伴って急に強い風が吹き、
思わぬ被害が出ることも。
また、台風の速度が速いと突然大雨になったりするので、
注意が必要だそうです。

我が家はまわりが空き地だらけなので吹きさらしなうえ、
もともと風が強い地域だそうで、
強風の影響をかなり受けます。
台風情報を聞いて慌てないように、
台風シーズンの前に家の周りを点検しておきたいと思います

台風シーズン前のチェック

・雨戸やシャッター
鍵が壊れていないか、建具のゆるみがないかをチェックします。
・屋根瓦
強風で飛ばされたりする場合もあるので、
ずれたりゆるんだりしていないかをチェックします。
・排水口や雨樋
枯葉やゴミが詰まっていたら掃除して、水はけを良くしておきます。
・テレビアンテナ
ステー線や支柱がさびていたり腐食したりしていないか確認し、
補強しておきます。
・植木
支柱を立てて補強し、電線に近い枝は切り落とします。
・電線
たるみやゆるみは断線によるスパークや漏電の原因となります。
見つけたら電力会社に連絡しましょう。

0826-1
ドライエリアやベランダの排水溝をチェック!

台風発生・接近時にすること

家の周りを見回り、風で飛ばされそうなものは
家の中にしまっておきます。

0826-2

我が家では以前ウッドのガーデンチェアが吹き飛ばされたことがあったので、
風の強い日には、強風の影響を受けににくい場所に
折りたたんで置くようにしています。
ベランダに置いてある小物や、物干し竿は片づけておきましょう。
台風時にはシャッターを閉め、
窓の鍵もしっかりとかけておきます。


この地域はそれほど台風の被害が大きい地域ではありませんが、
だからこそ思わぬ事故や被害があるかもしれません。
油断せずに、日ごろから備えておきたいと思います

20100828-4.jpg




          

フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★


  

<< ピカピカお風呂で夏バテ解消! | ホーム | 花のある暮らし >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム