リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
0929-1.jpg9月になってもなかなか涼しくならないな~、
と思っていたら、
今度は急に11月並みの寒さになったり、
雨が降り続いたりと、
なんだかすっきりしないお天気

こう毎日雨が続くと、お洗濯物は部屋干しだし、
窓も閉め切りなので、さすがに湿気も気になります。


湿気の気になる季節には、
「地下室って、やっぱりジメジメして大変じゃない?」と
お友達に聞かれるのですが、
我が家の地下室は、みんながイメージする地下室とは、
ちょっと違うものだと思います。
まず、半地下なので窓があります。
また、ドライエリア(空堀り)があるので、
掃き出しの窓も作れちゃうんですよ。
窓からは自然光が差し込むし、換気だってできます。

フローレンスガーデンの地下室 グランドルーム
詳しくはコチラ

フローレンスガーデンの地下室は高断熱地下工法で、
従来の地下室に比べて結露しにくいのが特徴で、
24時間セントラル集中換気システムが装備されています。

それでも、1階、2階に比べれば、
多少湿気を感じることも事実。
というのも、新築して3年間くらいは、
コンクリートに含まれる水分が完全には抜けないからだとか。
これはマンションも同じだそうで、コンクリートの建物の特性でもあります。

そういえば、鉄骨住宅の実家でも入居時に
「3年間はできるだけ窓を開けて換気してください」
なんて言われていました

そう、フローレンスガーデンは、1,2階は2×6工法。
地下部分は鉄筋コンクリート造りなんです!
だから、地下室そのものが基礎の役割もして、地震にも強い家になるのですが、
上記のような理由からある程度の湿気対策は必要です。

そこで、フローレンスガーデンのスタッフの方に相談して、
ダイキンのルームドライヤーという除湿器を設置してもらいました。
0929-2.jpg

除湿器って水を捨てたりするのが面倒~
というイメージがあったのですが、
このルームドライヤーは水捨て不要。
自動運転にしておけば、ON、OFFを自動で切り替え、
常に快適な湿度に保ってくれます。
1日の電気代も40円と、経済的にもやさしい省エネ運転。
梅雨時期のジメジメ感も、冬の結露もないので、
快適に過ごせます


現在、我が家の地下室はパパの趣味の部屋と、
スキーやキャンプなどのアウトドア用品をしまうスペースとなっています。
十分なスペースがあると、ついあれもこれもと地下室に運んでしまって、
このままじゃ、物置きになっちゃう
せっかく明るく快適なスペースなんだから、
もっと有効活用しなくっちゃね

0929-3.jpg

もうすぐ運動会!
気持ちのいい秋晴れになるといいな~。


        

フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)


地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★


  

<< いつか必ずくる”地震災害”に備える | ホーム | フローレンスガーデン バス見学会 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム