リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QR
2010093008080000.jpgみどりんです。
私の大好きな食欲の秋♪
先日散歩していたら、
栗が実り始めていました

食欲の秋で浮かれている一方、
最近続いている地震も心配。
そのうえ、夕方のテレビの中で、
「ピロロ…!地震が発生する
可能性有!備えてください!」
と地震予知のニュース速報

遊びに行った子供達を、どうやって迎えに行こうとオロオロ。
いろんな時をイメージして考えておくことは必要と、実感しました。

以前住んでいた地域で、震度6弱の大きな地震に合いました。
テレビを見る子
日曜日の朝。
子供達は早くから1階リビングで、
●●レンジャーなるテレビ番組を見てエンジョイ
大人は2階寝室にて朝寝坊といつもの休日の朝でした。

突然、どんっと縦に大きな揺れ!その後もゆっさゆっさと揺れが続きます
壁を両手でつたいながら、何とか階段を慌ててかけ下りました。
1階に着いた途端、リビングから廊下に避難し、クッションを頭にのせて身を寄せている子供達の姿。
思いっきり抱きしめた後、あわてず泣かず行動した姿をみて、安心しました。

「ここなら大丈夫、っていってたから」と、当時、小学校低学年と年少さんの息子たち。
「地震がきたら、どの部屋にも近くて何も置いてない場所、
我が家は廊下に避難しよう!」
と、家族でなんとなく話していたことを覚えていたそうです。

幸いテレビや茶ダンスが倒れる被害もありませんでした。
地震のときには…と話し合う家族会議は大事だなと痛感した出来事でした。

同じ家にいても違う部屋で過ごしていたり、通学や通勤中、買い物中の時かもしれません。
そこで今回は、家族会議!話しておきたい防災について確認します。

■我が家で安全な場所はどこ?
非常口
寝室としている部屋や、落下物がなく安全な部屋等、家の中の避難場所を確認
大きな地震が起きた時、まず家の中の安全な場所で、揺れが収まるまで待ちます。
我が家の場合は、何も物がなかったので廊下にしました。

■通学、通勤、買い物など外出先の時にはどうする?
ブロック
頭や体を守りつつ、倒れてくる危険性が高いブロック塀から離れ、
電信柱や看板など上から物が落ちてこないような場所へ避難
日頃から、ここで地震が起きたら…と想像しながら確認しておくことも大切です。
通勤されている方は、歩いて帰宅という状況もあるので、道を確認しておきましょう。

■家族がバラバラ。連絡はどうやってとる?
地震2
どのような連絡方法をとるか、最終的にはどこに避難するのかなど、
家族で話し合っておきましょう
例えば、まず家に避難。そこで会えない場合は避難場所へ向かうなど
具体的な場所も話し合っておくと安心です。
また、災害用伝言板が、ネットを通じて
各携帯会社でのTOP画面に用意されています。
どのような使い方ができるのか、また実際に体験できる期間もあるので
一度調べておくとよいかもしれません。

■我が家の場合、基本的な持ち出し品のほかに準備するものは?
赤ちゃんがいる家庭、大事なペットがいるというように家族の構成がそれぞれ。
基本的な持ち出し準備品の他に、家族にあったものを準備します
また、3日分などの備えになると重いのですぐに持ち出すことも難しいのが現状。
また、母親1人で重い荷物に子供を抱えて避難は難しいので、
「避難時にすぐ持ち出すもの」「落ち着いてから持ち出すもの」と2つに分けておきましょう。


地震に強いフローレンスガーデンの家。
2×6工法ともうひとつの秘密は、耐震性の高い地下室「グランドルーム®」。
2by6-image5_20101013092803.gif
通常の2階建てより基礎が深く、広い居住空間のフルベースメント(総地下室)
イラスト左不同沈下の原因になるような、地面に対して不均等な建物の荷重ではなく、
イラスト右のフルベースメントでは、均等に荷重がかかり、
地震が起きた際も地震力が均等に分散される為地震に強い構造!

災害に強い秘密!詳細はコチラ

家の土台がしっかりしていると、どんな揺れにも安心です。
大事な家族の安全も、土台となる家族会議を日頃から行って確認しておけば、
不安も減るはずです。



        

フローレンスガーデンへのお問い合わせは、
フリーダイヤル 0120-045-910
受付時間:9:00~18:00(定休なし)

地下室付き2×6輸入住宅フローレンスガーデン
詳しくはコチラ → ★★★

  

<< 工藤建設の家づくり | ホーム | いつか必ずくる”地震災害”に備える >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム